プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕とおじいちゃんと魔法の塔(6)   ~香月 日輪~



6作目ですか。
早いですね。

いよいよ高校2年生になり、
修学旅行のシーズン、
ということで】今回は修学旅行での出来事メインのお話でした。

なので、
料理のシーンも少なめですが、
それでもいろいろ出てきて
美味しそうな話ではあります。

内容的には
いつもの香月節が健在で、
こうあるべきという人のあり方が説教されているように
読めました。
まぁ、これがこの人の言いたいことなんだろうなぁ、と思うと
大人になる前に読むべき本だな、と思いますね。

スポンサーサイト

妖怪アパートの幽雅な日常(7)   ~香月 日輪~

youkai7.jpg

ん~
今回は学園祭の話メインで
あんまり妖怪臭くなかったな。
なんか、
千晶がスーパースター過ぎてひく(笑)

相変わらず食べ物は美味しそう。

マリコさんの過去は壮絶だけど、
いや、いくら勉強してなくても
3回も同じことを繰り返すのは
どうなんだ?
3回も同じ過ち繰り返すのは
人としてダメだと思うんだけど、
勉強は必要だということを悟らせる内容としては
重すぎないか?と思うんだよね。

もうエンタメ小説。YA向けを
通り越してある種教育書になりつつあるなぁ。

そして
相変わらずのBL臭。 
千晶が登場してからは
千晶と夕士の関係がそれっぽくなっていくのはどうなの?

妖怪アパートの幽雅な日常(6)   ~香月 日輪~

youkai6.jpg

久しぶりに手にした妖怪アパート。

今回は修学旅行メインのお話。
その旅行先で悪意に満ちた霊と遭遇した夕士。
その悪意は
担任の千晶や同級生に向かっていく。

なんだか、
この辺から
BL臭が漂っていたのか?
夕士と千晶の関係が
なんとなく、それを匂わせるような展開に
それでいいのか?という思いも。

相変わらず料理の数々は美味そうに描かれている。
しかし、それが売りの作品にはなってほしくないけどね。



全裸男と柴犬男   ~香月 日輪~

zenra.jpg

表紙を見て
あぁ~、とうとう香月さんBLに入ってしまったか…と思いました。
まぁ、そこまではないけれど、
少しBLっぽいところもありますよね。
男同士のカップルだとか
男の部屋に幽体離脱してくる男とか。
なんだかそういうにおいがプンプンしてきます。
まぁ、彼の作品自体が
少年とそれを見守る大人の男的な話が多いんで
違和感はないんだけど、
ちょっと怪しすぎるな。

登場する事件は
えぐいものばかり。
彼のこれまでの作品の中でも
かなりのえぐさ。
そしてそこに彼の人生観とか幸福観とかいつもの
説教臭さが入り込み
何とも言えない作品です。

まぁ続編が出るんだろうけど、
なんとなくBL臭は強くなっていきそうな予感。


桜大の不思議の森   ~香月 日輪~

outa.jpg

いや、間違いなく
香月作品でした。

時代はいつだろう?
昭和っぽい雰囲気を醸し出してます。
それがとても心地よかったんですよ。
なんだか懐かしい感じがして。

相変わらず
おいしそうな食べ物は出てくるし、
この世のものではない者たちも
姿は現さなくても、
そこにいる雰囲気を十分に感じることもできるし、
香月ワールドを堪能させていただきました。

ただ、香月作品の主人公は
なんだかみな同じタイプの子が多いような気がするので
まったく違うタイプの主人公の話も読んでみたいですね。

黒沼   ~香月 日輪~

kuronuma.jpg

香月さんの怖い話。
という触れ込みだけど、
そこまでこわくはない。
確かに最初の方は
ホラー風の怖い話。
小学生が読むと
自分の身に置き換えて
怖さを感じるかもしれませんが、
十分大人になってしまった自分には
そう怖さは感じませんでした。

中盤から後半にかけたは
怖い話というか
ほっこりするような不思議系のお話や
心温まるような話が多くなってきて怖さも半減。

ところどころに香月さんらしい表現もあり、
読みやすい作品集でした。


僕とおじいちゃんと魔法の塔(5)   ~香月 日輪~

magictower5.jpg

今回はこれまでとちょっと違った話かな。
龍神の成長よりも
いじめの問題、同性愛の問題とか
おじいちゃんと若いころの話、など。
ただそこにはいつもより説教くさい展開が…。

彼の考えが反映されているんだろうか。
龍神の考え方が
これまでのしっかりしたものから
なんか今回はブレがあったというか、
まぁ、まだ高校1年生の少年だから
そういうもんなのか、とも思うんだけど、
これまでの龍神がいい子過ぎたからかなぁ、
その反動が…。

あと秀じいの学生の頃の話が
どこまで史実に合っているのか
ちと眉唾物です。
いくら旧制高校でも
そこまでだったのか!?という謎。
まぁ、少しはあったと思うけどね、
ん~~~。

今回は龍神たちの活躍も少なく、
なんかシリーズの中では
個人的には一番、面白くなく感じてしまったのも事実。

下町不思議町物語   ~香月 日輪~

shitamachi.jpg

香月さんらしい1冊。
主人公もやはり心に傷を持つ少年。
この少年が屈託なく振舞うのがけなげ。
「おじいちゃんの塔」の主人公と同じかな。

そしてここにも物の怪たちがうようよしています。
そして相変わらずの料理のおいしそうなこと。

他の作品に登場する人物も出てきて、
香月ファンにとってはたまらない作品かも。

祖母があっという間に改心してしまうのは、
お約束ではあるけれど、
ちょっと早いかな、って気もしましたが。
もう少し確執を描いても良かったような気もする。
そうするともっと幅が出てきたんでは。
後は改心してもそれを表に出さないとか。
基本的に香月作品は良い人が多いので、しょうがないかな。

でも、この作風はやっぱり好きです。


 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。