プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンネルはそのまま!(6)   ~佐々木 倫子~

channel6.jpg

あぁ~、まさかこの巻で終わってしまうとは。
あっさり、終わってしまう方が
飽きられずに済むのかな、ぁという気もしないけれど、
佐々木さんの作品
わりと早めに終わるよね。
「おたんこナース」「Heaven」もそうだったし。
「動物のお医者さん」くらいか、長いのは。

バカ枠採用は
本気で頼りにされると
そのバカ力が失われてしまう
という驚きの展開が繰り広げられたが
まぁ、それも1週間ほどで元に戻るというオチも。
雪丸が一瞬そのバカ力を失ってしまい、
それが原因で終わるのか、とも思ったけど、
まぁ、やはりバカ枠採用はバカ枠のままだったのね。

地方テレビ局の奮闘ぶりを
漫画で楽しむ。
昨今のテレビ業界は
なんだかキナ臭くて
面白くない番組が多いような気もするけれど、
この作品を読むと
きっと頑張っているテレビ局関係者もいるんだろう、と思いたい。

う~ん、なんか惜しい気もするけれど、
この潔さも素晴らしい。
次回作も楽しみしたい。
スポンサーサイト

チャンネルはそのまま!(5)   ~佐々木 倫子~

channel5.jpg

5巻目。
しかし、気付いた…。
まだ、入社して1年経ってない設定なんだ…。
なんだか、もう何年も経っているような錯覚を覚えていました。

で、相変わらずの
おバカぶりを発揮する雪丸と
部署が変わったのにいまだにおバカ係の山根。
かわいそうだよ、山根。

そして☆テレビは万年視聴率最下位。
しかしお笑い部門では系列局でもトップ。
いや、もう、そんなテレビ局だから
雪丸も楽しくやってられんだよね…。

マンボウと並ぶ雪丸。
遭難しかける雪丸。
本当に山根の気苦労は続くんだろうな。
頑張れ、山根。

チャンネルはそのまま!(4)   ~佐々木 倫子~

channel4.jpg

バカ枠採用の雪丸さん、
今回も色々やってくれます。
なんか、読んでると楽しいんだけど、
やっぱり実際に職場にいたら
いらいらするだろうなぁ~。
仕事速く覚えてくれよ~って毎日
胃が痛くなりそうです。

今回は山根君が情報部に移ったりして
新たな展開も。
これで山根君は一皮向けるんだろうな。
雪丸、お前も向けるんだ!って漫画読みながら
叫びたくなりますね~。

同期の話が出てきましたたが
やはり同期っていいあぁ、と思う。
職場は違うけど、同じ年に採用されたってだけで
なんか違うんだよなぁ。
久しぶりに同期のメンバーに会いたくなりました。

Heaven? (6)   ~佐々木 倫子~

heaven6.jpg

最終巻。
終わっちゃいました。
結構面白かったですね。
最後は
そんな終わり方なのかぁ~、と。
確かにこの世のはてという名前の
レストランのことはあったなぁ、という感じ。

こんなレストラン、
何度も言うけど
肩肘張らずに行けそうです。


Heaven?(5)   ~佐々木 倫子~

heaven5.jpg

いよいよ5巻目。
オーナーの経営観。
「私がおいしく食べられればいい」には笑った。
客のためではなく自分のためのレストラン。
思い切った考えだけど、
それはそれでいいのかも、と
彼女の強引さに納得させられてしまった・・・。

伊賀君のソムリエ試験失敗にはなぜ?
やはりオーナーの・・・

やはり面白い。

Heaven?(4)   ~佐々木 倫子~

heaven4.jpg

だんだんこのオーナーの我侭っぷりにも慣れてきた。
一緒に働く人は大変だろうけど、
見てる分には楽しい。
次は何をしでかすのか・・・

一番まともな伊賀君がかわいそうだけど、
そこがまたこの漫画のツボなんだろうな。

でもこんなレストランも楽しいのかも。
堅苦しくなさそうで。

Heaven? (3)   ~佐々木 倫子~   

heaven3.jpg

Heaven?も3巻目。
結構ツボに入ってきました。
オーナーの傍若無人ぶりも
伊賀君の大変さも
なんだかほのぼのとしちゃいますね。

Heaven?(2)   ~佐々木 倫子~

heaven2.jpg

今巻での見所は
伊賀君のお母さんとオーナーのバトル。
そしてオーナーの本当の仕事。

母親とオーナーの性格がまた本当に似ていて
挟まれた伊賀君がかわいそうになるけど、
そんな母親を適度に操る
存在感がイマイチない父親が良かった。

この作品、
やっぱり面白い。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。