プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵が腕貫を外すとき   ~西澤 保彦~



それでもやはり、腕貫さんの存在感が
最初に比べると薄くっているような気がするのは気のせいか。
まぁ、まったく登場しないような作品もあったこれまでに比べると
だいぶ活躍はしているけれど。
ユリエの活躍の方が目立ってしまって…。

展開に若干無理があるなぁ、というのはお約束ですけど、
そう簡単に人殺したり、
事件起こすなよって突っ込みたくなりますわな。

「どこまでも停められて」が一番好きでした。
スポンサーサイト

赤い糸の呻き   ~西澤 保彦~



短編集なので
わりとさらりと読めるけど、
さらりと終わらせてくれないのが
西澤さんですね。
やはり、癖があるというか。

腕貫探偵とはまた違った
魅力のあるお話ばかりでした。。

ゾクっとするてんかいもあり
なかなか面白い。

必然という名の偶然   ~西澤 保彦~



腕貫探偵のスピンオフ的作品。
腕貫さんは登場しないけれど、
現場は櫃洗市。
なのでどこかに腕貫さんが出張ってくるかもしれません。
しかし、今回は
大富豪探偵が大活躍、するのかと思ったら
最初と最後の短編にだけ登場。
しかも、最後の章は結局解決したのかどうかも分からないっていう。

ちょっと物足りなさを感じた作品でした。
トリックも謎解きもちょっと強引な力技的な展開だったしね。
次は腕貫さん登場のようなので
そちらを楽しみに。
腕貫さんと大富豪探偵一緒に大活躍、ってのを期待したいところですね。

モラトリアムシアター   ~西澤 保彦~

udenuki3.jpg

腕貫探偵シリーズ第3弾。
これまでは短編集でしたが
第3弾にして初の長編!
舞台は女子校。
そこで起こる数々の殺人事件を
腕貫探偵が…・いや、目立たないんだ、今回は。

しかし、
produced by 腕貫とあるように
実は重要なところで
一枚かんでるんだけど、
最後になるまでそこ辺はわからなくなってる。
ほんといつ出てくるんだろうと思ってたんだけどね、
たったあれだけなのか、と。
がっかり感もありますが、
それでも面白いからしょうがない。

今回はメインが前回登場したユリエさんの兄、ミツヲ。
だから意外とすんなり入って行けたかも。

で、肝心の内容ですが、
ミツヲの記憶障害がストーリーの鍵になりますが、
それと事件の関連性が
ありそうで、でもなんかあまり引っかからない印象。
少し引っ張りすぎたか、
そしてそんなミツヲの記憶障害を治すための壮大な
仕掛けが本当にすごすぎて唖然・・。
いくらなんでもそれは、という感じでしたね。

長編でもいいけど、
キレのある短編集でまた会いたいものです。

腕貫探偵、残業中   ~西澤 保彦~

udenuki2.jpg

前作が面白かったので。
今回は前回安楽探偵風だった腕貫さんが
事件に巻き込まれたり、
その事件で出会った女性を通して
いろんな事件を解決していくお話になってます。

腕貫さん、
前回はつっけんどんな感じだったんですが、
今回は結構動き回ります。
アクティブです。
そして何より食べることが好きみたいです。
いろんなことが分かる一冊でした。

今回から登場した男前なユリエさんとのコンビも
いい感じです。
どちらもその気はなさそうな…
食べ物だけで繋がっているよな気もしないわけではありませんが…。

短編集なので
肩ひじ張らずに読めます。
次は長編。
楽しみに読みたいなぁ、と思ってます。

腕貫探偵   ~西澤 保彦~

udenuki1.jpg

面白かった。
市役所の役人が安楽椅子探偵のごとく
的確なアドバイスを行うことで
事件が解決する。
実際に動くのはその腕貫をはめた
市役所の役人ではないんだけど。

ちょっとした謎から
殺人事件まで
ただただ話を聞くだけで
推理してしまう腕貫探偵。
恐るべし、です。
そして続編も出ているようなので
これはぜひ読まなくては、と
続きが非常に気になる
作品です。

短編集だけれど、
繋がりのある話もあり、
飽きさせない作りだったかな、と思います。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。