プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷いアルパカ拾いました   ~似鳥 鶏~


スポンサーサイト

いわゆる天使の文化祭   ~似鳥 鶏~



今回の舞台は文化祭。
同じ学校での話かと思ったら・・・。
最後の種明かしで
えーーーっと驚き。

じゃあ、葉山君は3年生になってるのかな。
それとも1年と2年の話なのか。
うーん、微妙。

まぁ、結局伊神さん頼みなのは否めないけど、
しょうがないのか。

天使の正体とその理由が思ったより単純、というか
その理由でそこまでやるか!というものだったのが
イマイチ感の理由かも。

柳瀬さん、かわいいから許そう。

間もなく電車が出現します   ~似鳥 鶏~

nitatoridennsha.jpg

今作も面白かった。
いよいよ彼女ができた葉山君。
しかし、その理由は…
もうね、葉山君、柳瀬さんに決めちゃいなよ、と
突っ込みたくなるんですけど。

高校生らしい
ひと夏の出来事もあり、
青春ミステリー物として
確固たる地位を築いてきたかな、この作品も。

あとは、本当に柳瀬さんとの関係かなぁ(笑)

さよならの次にくる(新学期編)   ~似鳥 鶏~



伊神君卒業したのに、
新学期になっても登場。
そしてさらっと謎解きして帰っていきます。
今作で伊神君の出生の秘密も明らかに。
なによりも
伊神君の強さと
伊神君の両親の強さに感服。

そして
柳瀬さんをはじめとする演劇部の皆さん、
素晴らしすぎますわ。
いや、柳瀬さんは
本当は葉山のことを…
それはこれからの謎解きですね。

さよならの次にくる(卒業式編)   ~似鳥 鶏~



伊神君卒業です。
これで葉山君との絡みも…と思ったけど、
よく考えたらこのシリーズ2作目だった。
そこまで深く入り込んでなかったわ。

小学生の時の話から
中学時代の話から
卒業まで
いろんな話を織り交ぜながら
伊神君の凄さを垣間見せてくれる短編集でした。

柳瀬さんとの絡みが少なかったなぁ。
柳瀬さんは本当に
葉山君に興味があるのだろうか。
それも新学期編で明らかになるのかな。

理由あって冬に出る   ~似鳥 鶏~


お召し上がりは容疑者から   ~似鳥 鶏~



最近はまってる似鳥さん。

刑事を辞め、兄の経営する喫茶店でパティシエとして働く智。
兄、季とともになぜか事件の解決に奔走する。
まぁ、実際に奔走するのは兄の方で弟はそこから真実を導き出す、という感じですが。

この兄弟に事件を持ち込んでくる直ちゃんが
正直最初はうざくて好きになれないキャラクター。
警察の意向を振りかざす一番嫌なタイプの警察の役人って感じで
まぁそこが狙いなのかもしれないけれど、
後半はだんだんマイルドになっていったなぁ、
それだけ慣れてしまったからかもしれませんけど。

事件の内容は結構きついものがあるんだけど、
それを和らげるのが
章末のお菓子の紹介だろうか。
その短編の中で登場する
お菓子を紹介しているわけだけど、
まぁ、おいしそうだな。
後、事件後の関係者たちのその後も興味深く書かれてあるので
その点はいいかも。

最後の章は切なかったけどね。
これからどうなるんだろうか。
続き?
これで終わったら
消化不良かもなぁ。

ダチョウは軽車両に該当します   ~似鳥 鶏~



動物園を題材にした2作目。
今作はダチョウがメイン。
ホンワカした感じなのに
扱う題材はかなり深刻。
そのギャップが面白い。

登場人物がまたいい。
今回も主要な4人が
それぞれ活躍しますが、
一体桃くんは
七森さんと鴇先生のどちらを選ぶのか。
七森さんも鴇先生もどちらも桃くんを憎からず思っているような気もするんだけどなぁ。
そして服部君も桃くんを狙っているのか?
しかしこの服部君の実はお金持ちなところも見逃せない。
彼が一番のキャラかもしれないなぁ。

軽い感じで読めるんだけど、
内容が結構重めなので
登場する動物で癒されましょう。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。