プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本をめぐる物語   ~アンソロジー~



「本」にまつわる物語。
どの作品も良かったけれど、
原田さん、小路さん、宮木さんが特に良かった。

原田さんの作品は原田さん自身がキュレーターだったこともあり、
こういう物語だと本当に芸術的な輝きが出てくるなぁ。

沢木さんはBL物しか読んでなかったけど、
この官能小説家の話もなんか新鮮で面白かった。

宮木さんの作品はシリーズ化されて単行本化されるようだし、
これ以後も読んでみたい。

アンソロジーではいろんな作家の話が読めるので
楽しいんだけど、
今回はどれも外れがなくて
最後まで面白く読めた。
スポンサーサイト

エール(3)   ~アンソロジー~


ひと駅ストーリー 夏の記憶 東口編   ~アンソロジー~

higashiguchihen.jpg

ひと駅区間で読めるショートショートなんだけど、
駅とは関係ないので。
夏をテーマに
青春物からホラーものまで
何でも読めるのは西口編と同じだけど、
個人的には
西口編の方が面白かったかな、と言う気がします。

西口編でも書いたように
前シリーズと同じく
駅に関する物語と
勘違いしちゃうので
タイトルは変えてほしかったね。
東口、西口関係ないし。

この作品は
これ!という作品がなかったのが
残念でした。

ひと駅ストーリー 夏の記憶 西口編   ~アンソロジー~

nishiguchihen.jpg

まったく駅とは関係ありません。
前のシリーズは駅や電車を題材にしてましたが
今作はただただひと駅で読めますよ、的な短編集。
なら東口編とか西口編とかつけなくていいのに、と思いましたね。

やはりこれだけの作家陣を集めると
好き嫌いがはっきりしてくるかな。

内容も青春物からホラーまで
幅の広いこと広いこと。
いろんな作品が読めるとはいいけど、
統一感がないので
ちょっと疲れますね。

次は東口編。
何なら南口編とか北口編とかも
作ればよかったのに。

ひと駅ストーリー(降車編)   ~アンソロジー~

hitoekishita.jpg

乗車編に続いての降車編。
個人的にはこちらの方が好みの作品が多かったけど、
やはり「ん?」と思うような作品もあったりで
質の差が激しいのがもったいないような気がする。
まぁ、いろんな作家を一気に読めるのは
楽しいのでいいんだけど。
残念ながら
これから読んでみようと思う作家さんがいなかったのが残念。
いやすでに読んでる作家さんも多いんでしょうがないのかな、と。

こちらも
ホラーからミステリー、コメディ、ホンワカする話
切ない話、と盛りだくさんです。

ショートショートなので
1話1話が簡潔に読めちゃうし
これはこれでお勧めですね。

ひと駅ストーリー(乗車編)   ~アンソロジー~

hitoekiue.jpg

宝島社が主催する3つの文学賞関連の作家が書く
電車や駅に関するショートショ-ト。
こちらは乗車編。
宝島社の文学賞「このミス大賞」「日本ラブストーリー大賞」「このラノベ大賞」から
大賞受賞者やその他の『賞を受賞した作家たちが
これでもかとぐいぐい押してくる作品集です。

まぁ、それでも当たり外れはあるわけで…。

ホラーからミステリー、恋愛から日常の一コマなどなど
いろんなシチュエーションの話が
駅とか電車でまとめられると
なんだか不思議な感じもします。
全体的にはこれまで未読の作家さんが多かったので
これでお気に入りの作家さんが見つかるといいなぁ、という思いもありますが、
ショートショートではそこまでつかめないかなぁ。

しかし、この大賞シリーズから言うと
後半の「降車編」にも
原田マハさんと上甲宣之さんが見当たらない…。
おそらくいまやラブストーリー大賞出身者としては
一番の売れっ子さんだと思うマハさんが登場しないのは
どうかと思うんだけどなぁ。
上甲さんも最近はめっきり新作出してないし…。

あと、上原小夜さんのショートショートが読めたのはよかった。
実は彼女の作品をこのブログでも褒めてなくて
そのあと申し訳ないなぁ、と思っていたので。
また新しい作品を出してほしいですね。うん。

降車編、途中です。
また読み終わったら感想アップします。

STORY BOX 37   ~アンソロジー~

storybox37.jpg

「史上最強の内閣2」も終わってしまった。
これも強引な終わり方のような気が・・。
結局どうなるの?
教育改革は?
シンちゃんの様子は?
最後は駆け足でこちらも終わってしまいました。
新門大臣の言わんとしていることは
現役教師としては
胸にグッときますね。
道徳教育を怠ったがために
今の日本人が出来上がってしまったような気がします。
愛国心が悪いんではなくて、
それを利用した人が悪いわけであって、
いつまでも自虐しながらの教育は
これからの日本にとっても悪いんじゃないかと思うんですよね。

なんか、中途半端な感じの終わり方だったけど、
まぁ、単行本化されたときに
大幅加筆とかになるんだろうな。
結局、単行本を買わせるための
宣伝本になりつつあるSTORY BOXですね。

面白く読んでいる作品がどんどん消えていってしまっているので
そろそろ買うのをやめようかな、と思う今日この頃です。

STORY BOX 36   ~アンソロジー~

storybox36.jpg

楽しみにしていた「オールディーズロマンス」が
終わってしまった。
何故?
これからの展開が面白そうだとおもっていたのに、
最後駆け足で終わらせたなぁ、という印象。
もっと丁寧に芙蓉のこれからを描いてほしかったのに…。
なんでしょう?
大人の事情でしょうか?
これが終わったらあとは楽しみが少なくなっちゃうよなぁ。
まぁ、次号ももちろん買うんだろうけど。

う~ん。残念。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。