プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青天の霹靂   ~劇団ひとり~

seitennohekireki.jpg

劇団ひとりの小説第2弾。
前作はエッセイだったので
小説としては2作目。
前作が思いのほか良かったので
次作は読むほうのハードルも高くなってしまうのは
しょうがないことか。

やはり『陰日向に咲く』には及ばなかったというのが印象です。
悪くはないんだけど、
何となく先が読めてしまう展開だったのが残念。
最初がちょっとだら~っとしていたからか
後半の方が良かった。
ただ最後の方はちょっと端折った感があったのが残念。
一気に駆け抜けたという感じでした。
そこをもう少し丁寧に書ければ
もっといいお話になっただろうに。

浅草を舞台にし、
あのタケシさんもほんのちょこっと登場。
でも、それだけ。
もっと絡むのかと思ったんだけど、
やはりご本人登場は無理だったか。

総じて良い作品でした。

が、表紙に本人登場ってどうよ・・・。
スポンサーサイト

そのノブは心の扉   ~劇団ひとり~

knob.jpg


劇団ひとりのエッセイ集。
『陰日向に咲く』とはまた違った雰囲気です。

「です・ます」調なので
何だか調子狂いましたけど、
内容は割と面白かったです。
面白いというか、
劇団ひとりの人となりが非常に分かるエッセイ集でした。

自意識過剰で
新し物好きで
熱しやすくて冷めやすい。

まるで自分のことかと思ってしまうくらい
性格が似ていて
苦笑する部分も多々ありました。

『陰日向に咲く』の次は同じ小説かと思いましたが、
こうやってクッションを置いておくと
また次の作品が楽しみになってきますね。

TBさせていただいたブログ
ナナメモ


陰日向に咲く    ~劇団ひとり~

hitori.jpg


おもろい!

ただのタレント本かと思ってました。
でも、帯には「恩田陸」の絶賛の一言が。
ただのタレント本ではないと感じ、
購入そして読破。

なんていうか、
おもしろい。

たしかに、初の小説ということで
正直文体はまだ稚拙かな、って感じです。
洗練された文章ではないし、
たどたどしくもある文章だけど、
ただそれが読みやすさを醸し出してます。
それを計算していたかもしれないけど。

短編集でありながら
登場人物が少しずつ絡み合っている。
そこがまた良かった。

恩田陸が言うように
ビギナーズラックで終わらせないように
次の作品を待ってます。

個人的には
「鳴き砂を歩く犬」が良かったです。


TBさせていただいたブログ
どこまで行ったらお茶の時間
My Recommend Books
本を読む女。改訂版
まったり読書日記
かみさまの贈りもの~読書日記~
苗坊の読書日記

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。