プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップケーキよ、永遠なれ   ~J.B.スタンリー~



コージーミステリー。
好きなシリーズの一つでしたが、
今回で終了。
愛すべきデブ・ファイブのメンバーともお別れです。

結局5人とも痩せはしなかったけれど、
みんな幸せな人生を掴み取ったみたいで
その点は良かったかな、と。

毎回毎回殺人事件に巻き込まれるのは
まぁ、お約束ですが、
今回はあまりデブ・ファイブとしての
活躍が少なかったような気もします。
それよりもそれぞれのプライベートにページ数が割かれていたような。
まぁ、最後だから良しとします。

最終巻を前に
出版元がつぶれてしまい、
この最新作が読めるかどうか心配でしたが、
なんとか読めてよかった。

しばらくは海外コージーミステリーとも
お別れです。
スポンサーサイト

たいせつなこと   ~マーガレット・ワイズブラウン~


ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア   ~ジェフリー・ブラウン~

vaderandlayer.jpg

今作ではレイアとの父娘物語。
レイアがルーク版とは違い
年頃になっているので
ちょっと恋愛なんかも入ってきて
それに振り回されるヴェイダー父さんが
またまた愛おしいのです。

ダース・ヴェイダーーとルーク(4才)   ジェフリー・ブラウン

vaderadnluke.jpg

ダース・ヴェイダーの子育て日記。

ルークは4才の設定です。
映画を見ていると
ヴェイダーのセリフ一つ一つが元ネタと同じようですが、
実はSTAR WARSシリーズ1作品も観ていないので
ピンと来ず。

でも、ルークに振り回されるヴェイダーが可笑しい。

みずうみ他四篇   ~シュトルム~

lake.jpg

NHK杯高校放送コンテスト朗読部門課題作品。

毎年翻訳物が課題として出されるけど、
これはまた古い作品ですなぁ。
第1刷が60年ほど前。
表現は非常に抒情的で
素晴らしいのだけれど、
いかんせん、今の子どもたちには難しいのだろうなぁ。
自分もかなり苦戦した作品です。

自然の描写なんかは素晴らしく感じるけど、
ただそれが自分の理解力のなさからか
心に入ってこなかったんだよね。
まぁ、翻訳物は好きではないというのもあるかもしれないけれど。

コンテストでもこれを読む子は
上位に入るのは難しいだろうなぁ。
読み手を選ぶ作品でした。

若かった日々   ~レベッカ・ブラウン~

myyouthdays.jpg

九州高校放送コンテストの課題本。

いや、無理でした…。

読書メーターではかなり絶賛ぽかったんですけど、
自分には合わない作品でした。
っていうか、高校生に読ませる内容なのかなぁ、という
印象も強かったです。
これを読める高校生はかなりの
強者です。
間違いなく。

著者の自伝的なエッセイというか小説というか、
これはエッセイかな。
なんだか、明るい雰囲気ではなく
暗く重い若かった日々を
過ごしたのかなぁ、と
思ってしまうような内容でしたね。

難しい…。

深煎りローストはやけどのもと   ~クレオ・コイル~

roast.jpg

これが9巻目。
毎回文句言いながら読んでいるような気がしますが・・・。

さて、今回はコーヒーショップの放火事件を
解決しちゃう、の巻。
相変わらずのスーパーウーマンです、クレア。

相変わらず表紙にのみ登場するジャヴァ。
男に言い寄られるクレア。
お約束は満載ですが、
なんとなくいつもよりは楽しめたかな、という印象。
というよりいよいよ慣れてしまったのか!?
もう何も気にならなくなりましたw

まぁ、この作品は
コーヒー>事件なので
まぁ、それがコージーミステリーなんでしょうけどね。
ただコーヒー好きではない自分には
あまりピンとこなかったりもします。
ミステリーの部分も詳しく描いてほしいですね、と
これまた毎回思ってしまいます。

とんでもないパティシエ   ~J・B・スタンリー~

tondemonai.jpg

ダイエットクラブシリーズ第5弾。
あんまりダイエットしてないような気がしますが・・・。

今回も殺人事件が。
しかも殺されたのは、ジェイムズの父の再婚相手ミラの妹。
お菓子の女王として知られる妹は
性格の悪い女性で周りに敵も多そう。
そんな彼女を殺したのは誰?

さて、その犯人はやっぱり、えっ!?そんなところから?と
思わせてくれる登場。
海外コージーミステリーって
そのあたりがなんかゆるい感じがする。
とにかく、おいしいものとちょっとしたミステリーがあれば
それでいい、みたいなところがあって
それでいてページ数だけは多いという・・・。
削ろうと思えばいくらでも削れるエピソードもあるんだよねぇ。

ところで、今回は前回あとがきにあったようにサプライズが二つ。
まぁ、どちらもいいことではあるんだけど、
ジェイムズとルーシーの間は決定的に壊れてしまいそうですね。

このシリーズはわりと面白いので
これからも出る限りは読もうかな、と。


 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。