プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひかりの魔女   ~山本 甲士~



山本さんの作品にしては
毒のない、凄く読みやすい作品です。
どこかで意地悪な人や
いけ好かない人が出てくるのではないかと
用心していましたが、
この作品では
みんながいい人。
らしくない…(笑)

でも、本当に読んでて楽しかった。
あぁ、自分もひかりさんによくしてもらったら
いい人になっていたかもなぁ。

あと
立禅って本当に体にいいのでしょうか。
思い切って自分もやってみようか、
そんな気になりました。
スポンサーサイト

ダイナマイト・キッドなんか大嫌い   ~山本 甲士~



うわぁ~、今回もかなり濃いキャラクター出してきましたね。
トレーニング好きの情報屋というより情報屋もやるトレーナーの相賀と
ちょっぴり太目な女性警察官の愛香。
毎回事件が起こるたびに
トレーニング理論を事件の解決の鍵にして
その事件を解決していく。

しかし、
これはミステリ、とか謎解きものとか、言うよりも
完璧トレーニング本と言っても過言ではないのでは。
自分も謎解きそっちのけで
相賀の繰り出すトレーニング方法とか理論を
夢中で読んでましたわ。
いや、そこまでムキムキにならなくても
身体は鍛えたい。
そんなホームトレーニーにとっては良い一冊となるのではないでしょうか。

山本さんもかなり体を鍛えていらっしゃるようなので
この本、
きっと楽しく書かれたんじゃないだろうか、と
想像しながら読ませてもらいました。

海獣ダンス   ~山本 甲士~

kaijyuudance.jpg

「再会キャッチボール」に登場した白銀が再登場。
今回は一流企業から公務員に転職した男のを取材してます。
その男・英一の住む町で海獣騒動が。
海獣はスナメリだとわかり、
スナメリを利用して町おこしを行おうと画策する町。
しかし、そのスナメリは…という話。

白銀の相変わらずの胃腸の弱さに安心しつつ
メインの英一の活躍ぶりにも目を見張る。
しかし、少しずつ英一だって
できる男というより
ちょっとダメな男っぷりが出てきて
展開的には楽しく読めた。
スナメリが実は○○○○だったということが分かり、
町おこしはとん挫。
英一も役場を辞めなくてはならなくなるが
結局英一にとっては新しい環境の方が
良かったような気も。

しかし最後は「こうなるんじゃないかなぁ」という予想が的中。
まぁ、その方が何となくいいなぁ、とは思ってましたが、
2頭とは…。
そっちは予想してなかったので、いい意味で期待を裏切られましたね。

山本さんの最近の作品は
初めの頃に読んでいたどぎつい感じの作風が
徐々に温かみのある作風に代わってきてるなぁ、と感じます。
でも、最初の頃の
人間の裏にある黒さを
また思いっきり描いてほしいなぁ、とも思うのです。


そうだ小説を書こう   ~山本 甲士~

shousetsuwokakou.jpg

これは、面白い。
小説を書こうと思った主人公が
いろいろ悩みながら、
壁にぶつかりながら、
プロを目指していくお話。
タダの小説ではなく、
しっかり「小説を書くには?」を教えてくれる
素晴らしい本である。
小説の中の小説も読んでいて楽しい。
最初の頃の作品が
少しずつ読めるものになっていく。
小説の中に山本さんも登場するけれど、
実は主人公自体も山本さんなんじゃないかな、と
思ったんだけど、どうでしょう?

確かに才能はあった方がいいだろうし、
才能だけではやっていけないだろる。
才能があってもそれを埋もれさせてる可能性だってある。
やらなきゃ何もわかんないなぁ、と。
小説を書く、ということだけではなく、
自分の好きなことをやってみると
そこに才能のかけらを見つけるかもしれないなぁ。

巡る女   ~山本 甲士~

meguruonna.jpg

ある人生の岐路に立った時、
ある一つの選択をする。
しかし、別の選択をしたらどうっていたんだろう、と
考えることは良くある。
これは、そんなお話です。

公務員試験受験途中に雨に降られためぐる。
そのまま駅まで引き返すか、
流しのタクシーを捕まえるためその場所で待つか、
それともタクシー会社のあるとこまで走っていくか・・・
その3つの選択肢、
それぞれ選択したら、どう彼女の人生が変わっていったのか、
とても興味深く読めました。

3つの話、それぞれ登場する人物は変わらず、
でも、少しずつめぐるとの関わりが変化していて
面白い。
ある選択肢では上司になる人が、
近所に住むおじさんだったり、
飲み屋の常連になっていたりする。
でも、彼女にとって、どの選択肢をとっても
就く仕事は変わっても
最終的に彼女が一番自分らしく輝けるのは同じものだった。

そこがとても良かった。

この展開は
モリミーの「四畳半神話体系」に繋がるものもあるけど、
結局どの選択肢をとっても
最終的に結末は変わらない。
目的地は変わらないけど、どこまでたどり着く方法が変わるだけ
そんな気がする。

自分もこれまでに色々選択することがあった。
でも、どの選択肢をとっても
自分らしく生きることが出来れば、
それが一番いいことだな、と思った。

山本さん、
やっぱり、
いいですわ。

わらの人   ~山本 甲士~

waranohito.jpg

再読
何故再読かというと
この作品、
九州高校放送コンテストの朗読部門の課題本なんです。
で、朗読指導もしなくてはならないので
内容をもう一度確認するために読みました。

面白いものは
何度読んでも面白いです。
しかも今回はただ読むだけではなく、
別の人が読むものを
指導していかなければならないので
より深く読み込む必要がありました。

結局自分の指導した子は
全体で9位で、惜しくも九州大会の
出場権は逃してしまいましたが
過去最高の順位を記録したのは
この作品のおかげです。

ひなた弁当   ~山本 甲士~

hinatabentou.jpg

文庫化されるということで
積読してあったこの作品を読まなきゃ、ということで一気読み。

リストラされた主人公が紆余曲折しながら弁当屋を開いていくまでの
ストーリー。

何事においてもダメな人生を歩んできた主人公。
リストラの憂き目に会い、
毎日仕事を探しに行くも見つからない。
そんなある日、公園で子供たちがどんぐりを拾う姿を見た彼は
どんぐりを食べることを思いつく。
その後、山菜を探し歩き、採り、食す。
次には魚を釣り、その魚を食す。
いよいよ仕事を探さないとという時に
以前の職場で働いているときに利用していた弁当屋で
働くことに。
ひなた弁当と呼ばれるようになったその弁当は
人気を博し、それから・・・・。

あまりにもサクセスストーリー過ぎるのが、と思うんだけど、
人間、何事もあきらめちゃダメだ。
前向いていかなきゃ、って
思わせてくれる作品でした。
そう、何が自分の生き方を変えてくれるか分からない。
あきらめずに行かなきゃね、って。
最初は鬱々とした展開で
読むのも辛いんだけど、
中盤から後半にかけては
本当に楽しく面白く読めた。

途中主人公につりに教える男性は
もしかして山本さん本人がモデルかな?
つりの話に関しては「ばす」とか「魚信」に通ずるものがありました。

再会キャッチボール   ~山本 甲士~

catchball.jpg

山本さんの文庫書下ろしの新作です。

フリーライターの白銀力也は元俳優で飲食チェーンを経営している
合馬邦人のインタビュー記事を書くことになる。
その後、合馬の願いで彼の会いたい人間4人に一緒に会うことになる。
実は合馬は力也の実の父親。
これまで会ったこともなかった二人だが
一緒に合馬の元マネージャー、力也の異母弟などに
会いに出かけていく。

合馬は4人それぞれに清算したい過去があり、
それをまぁ、お金でケリをつけようとしている。
しかし、ここで出会う4人が4人ともその金を断り、
自分たちは今十分やっていけているから
余計なことをしないでくれ、と言う。
それを聞いた合馬は何とも言えない表情を見せるのだが・・・。

ここに出てくる4人の考え方がとても素晴らしい。
傍から見ると少し生活に苦しいんではないか、
援助が必要なのではないか、という状況にありながら
(合馬はそれを知り、金を渡すことで過去を清算すると共に
 少し優越感に浸りたかったのかな、とも思う。)
合馬の金を1円も受け取らず、また恨み言も言わずに合馬を帰す。

自分だったら?
飛びつくかも(笑)。
でもこの4人の考え方も納得いくものだし、
こういう考え方の人間がいるのも間違いないだろう。
なんて素敵な人たちなんだろう。
なんか自分ももう少し自分の生活に誇り持たないと。
そんな風に感じました。
何が起こっても絶対に揺るがない自信と誇り。
生きていくうえで大切なものを改めて目の前に出されたようで
すっきりした読後感でした。

もう少し、合馬と力也との関係を深めてもらえたら
良かったかな、とも思うけど、
最後のほうの親子の初にして最後のキャッチボールのシーンは
感動的でした。

山本さんの毒のある文章も好きですが、
こういうほっかり来る話もいいですね。

でも、また「どろ」「かび」「とげ」のような
お話も読みたいですね。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。