プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江戸、にゃんころり   ~高橋 由太~



このシリーズも三作目。
ぽんぽこと白額虎の半人前妖怪が
死神のお手伝い。

でも、
正直、
このぽんぽこシリーズは
前作までの相馬とのシリーズの方が面白かったっていうか、
ぽんぽこの存在感が
前シリーズまでのそれに比べると弱いわなぁ、と。

悪くはないんだけど、
ぽんぽこでなくてもいい内容だと思う。
話は死に近い人間(時には猫)が死ぬ前に会いたい人に
会わせる死神というスタンスなので。

自分が死のうとしているとき
自分はいったい誰に会いたいと願うのだろうか。
スポンサーサイト

お江戸、れんれん   ~高橋 由太~

oedorenren.jpg

ぽんぽこシリーズ。
このシリーズから
まったくぽんぽこの強さが見られなくなっちゃったなぁ。
前のシリーズまでは
狸娘でありながら
窮地にはなんとか相馬を助けてきたのに、
今シリーズでは白額虎も同様
ダメ妖怪になりつつある。
なんか悲しい。

今作は短編集。
恋愛に絡んだものも多く、だかられんれん(=恋々)なのかな。
まぁ母子ものもあったけど、
恋に関する問題は
今も昔も変わらない、と。

前シリーズの鬼麿も登場するけど、
ある意味雑な扱いだったしなぁ。
なんか切ない。

天の梯   ~高田 郁~



みをつくし料理帖シリーズ、ラストです。

1巻目から読んでますが、
ここまで登場人物に降りかかる災難に何でこんなにと憤ってみたり、
涙流したり。
ここまではまった時代小説も初めてでした。

最後はみな収まるべきところに収まって良かったと
ほっと胸を撫で下ろしているところです。
まぁ何をおいても源斉先生の思いが通じたことが一番嬉しかったなぁ。
種市ではなくても読んでいる人はみんな源斉先生の
澪に対する想いは気付いていたからね。

これでお仕舞いというのはもったいないけど、
スピンオフ企画を楽しみにしておこう。

そして今回も泣けました。

契り桜   ~高橋 由太~



少年忍者を主役に据えた第2弾。
でも第1弾よりもかなり重い雰囲気になっております。
それは「つばめや仙次」シリーズのあの仙次が…。

確かにつばめや仙次の2作目で、不意に姿を消してしまったんですが、
こんなところでこんな風に出会うなんてね。
なんか、切すぎますよ。
一体千代松にどんな未来を見せられてしまったのか。
それが気になります。

さて、風太郎ですが、前作とは雰囲気変わった作品になったなぁ、という印象。
もちろん仙次がからんでいるからかもしれません。
仙次シリーズだけはちょっと高橋さんの他作品と雰囲気が違うからなぁ。

水蓮の恋はあまりにも哀しすぎるわ。火丸…。
最初から風太郎に話をしてたらこんなことにはならなかったかもね。
全体的に切ない話が多かったです。
仙次の謎が残っているので
さて、つばめやシリーズとして書いていくのか、
この少年忍者シリーズとかぶせていくのか。
これで終わりだとは思わないけれど、
続きが気になりますね。

お江戸、ほろり   ~高橋 由太~



ぽんぽこシリーズ。
最初のシリーズの外伝的なお話ですかね。
ぽんぽこと白額虎のコンビが大活躍…というわけではありませんが、
コミカルな感じのお話に終始している印象。

懐かしの面々に会えたという喜びもありますが、
このシリーズ全シリーズで終わっていた方が良かったのでは?と
思ってしまいます。
もしくはまた別の時代に生きたぽんぽこでもよかったのでは。

オサキと骸骨幽霊   ~高橋 由太~



久々のオサキシリーズ。

今作も周吉はメインではなく、
どちらかと言えば
骸骨たちの哀しいお話メイン。
蜘蛛之介の哀しい過去も明らかに。

ただ、オサキがどうも好きになれないんだなぁ。
鬼火がかわいかったからか?

お琴との恋は結局実らないってことなのか。
オサキがいれば何もいらないって…
そんな風に言いきっちゃ、
これからの展開がなぁ、と思わないでもないんだけど。

鵙屋の面々が今回は印象薄かったな。
登場人物が多いのが
高橋さんの作品だけど、
あんまり多すぎると
こうして光が当たらなくなってしまうのが
残念です。

美雪晴れ   ~高田 郁~



もう途中から泣かせる展開で、
今回は哀しいことが起こって泣くというより、
嬉しいことが続いて泣ける展開だったのでまだよかったけど。
芳さんは、良縁に恵まれるし
息子佐兵衛とも雪解けムード。
これだけで泣ける。
人前では絶対に読めない。

物語も佳境に入り、
澪の目指す料理人の姿も
ぼんやりとしたものから
はっきりと形作られるようになってきた。

あとは野江との本当の意味での再会と
源斉先生ともうまくいってほしい、と思うのです。

次巻が最終巻。誰もが望む形で終幕してもらえたらなぁ、と思います。

番外編は未来の姿なのでしょうか。
未来の姿だと
結局澪は・・・。

巌流島くるりん   ~高橋 由太~



最終巻。 ラスボスは…。
でも、ちょっときれいに終わりすぎたかな。
こうきれいに終わるんだったら
家康や雪村の死は何だったんだろう?って思いますね。
ここで登場する天草四郎はこの後…
史実をちょっと脚色しすぎな感もありますが、
まぁ、良しとしますか。

このシリーズも終わりましたが、
また他のシリーズは続々続くのでしょう。
それとも新シリーズ始動なのか?

びりびりシリーズが読みたい。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。