プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我輩ハ作者デアル    ~原田 宗典~

waga.jpg


原田宗典 最新作。

これまでいろんなメディアで出してきたエッセイを
1冊にまとめました!的内容。
何らかのテーマに沿って1冊丸ごとエッセイではなく、
それでも章立ててそのテーマに沿った
エッセイでまとめてある。
原稿用紙に書くのと同じような書き方をしているので
とても読みやすかったが、
内容はいつもの、というか、期待していた原田節は
影を潜めていたように思われる。
少々期待はずれの感も否めないが、
寄せ集め的な作品集では仕方がないのかな?とも思った次第です。

次回作に期待・・・ですな。
スポンサーサイト

かもめ食堂        ~群 ようこ~

kamome.jpg


映画「かもめ食堂」原作。
ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが゙店主をつとめる食堂の看板メニューは「おにぎり」。だけどお客は日本おたくの青年だけ。そんな「かもめ食堂」に二人の訳あり気な日本人女性がやって来て・・・・・・。

映画とリンクして書かれた作品です。
登場人物とそれを演じる女優さんが見事にイメージがあってしまいます。
きっと女優さんをイメージしながら書いたんだろうなぁ~・・・。

ちなみに食堂オーナー、サチエに小林聡美。
指差しでフィンランドに来てしまい、その後カモメ食堂を
手伝うミドリに片桐はいり。
両親を亡くし、弟夫婦にも邪険にされ、フィンランドに来てしまった
女性マサコにもたいまさこ。

キャストだけでも面白そうです。
お話しも大きな事件とか起きるわけではなく、
フィンランド・ヘルシンキで食堂を開いたサチコとそこにただで
コーヒーを飲みにくる日本かぶれのフィンランド人青年。
そして心に重いものを持ってフィンランドにやってきた女性二人。
一人でも手持ち無沙汰だった食堂が
だんだんと客が増え、それに合わせて、ミドリがマサコが店員として
働くようになっていく。
そこに夫に逃げられたおばさんや、元泥棒のおじいさんが絡んで
話は進んでいきます。

読んでいて何故だか心がほっかりする物語でした。

映画もぜひ観てみたい。
芸達者な3人なのできっと面白い映画になるだろう。
できればミドリ役は室井滋でお願いしたかった・・・。

TBさせていただいたブログ
本を読む女。改訂版
かみさまの贈りもの~読書日記~
今日何読んだ?どうだった??
ナナメモ

17歳だった!   ~原田 宗典~

17.jpg


これまた大好きな作家 原田宗典 の爆笑エッセイ。
エッセイっていうか、私小説みたいな感じです。

原田さんとは年もそう変わらず
まぁ、5~6は違うけど、
彼の過ごした青春は僕の過ごした青春と少しだけ
重なっていて、
「あ~、17歳ってば、こんな感じだったよなぁ~」と
妙に親近感を持ちました。

不良に憧れて、不良の真似事をして見たり、
女の子と付き合いにも『純』と『不純』が入り混じったり、
勉強や恋に悩み、そんな17歳だったなぁ~、と。
読んでみて、
あの頃は色々あったけど、
今振り返ってみると
やっぱり青春そのものだったんだなぁ~・・・って感慨深げです。

この作品に出会って、
それ以後、彼の作品をむさぼるように読みました。

新刊が出れば即買い。
エッセイだろうが、小説だろうが、
とにかく面白い。

これから少しずつ彼の作品を紹介していきたいと思います。

ガール   ~奥田 英朗~

girlokuda.jpg



奥田英朗最新刊。

30代。OL。文句ある?の帯に
『すいません、文句ありません』といいたくなるような
女性たちのお話し。

30代ではあるけど、女性ではない。
働いてはいるけど、OLではない(アタリマエ)。会社員でもない。
なので、会社の中の話はイマイチピンと来なかったりするんだけど、
女性ってやっぱり大変なんだなぁ~、と思わされますね。
しかもそれを女性ではなくて、
男性である奥田氏が書いているというところがすごい。
女性の心理なんて男の僕には分からないが、
奥田氏の描く女性の姿は女性から見たらどんな風に映っているのか、
興味深いですね。

描かれている女性は5人。
どの女性も自分の生活と仕事のことで悩んだり、苦しんだり。
でも、しっかり今の自分を大切にして、生きているって感じがして
好感が持てます。
女30代、色々あるけど、頑張りまし~ってな雰囲気。

僕も男30代、人生これからさ~の意気で
毎日仕事にもプライベートにも頑張らなくては、と思ったのでした。

作品中の『マンション』という作品が、
ちょうど自分もマンションとか家とか欲しいなぁ~と思ってる時期なので(独身ってとこも同じだなぁ~)
妙にうなずきながら読んでしまいました。

奥田英朗 侮りがたし。

以前読んだマドンナと対極を成す物語といえるかな?


TBさせていただいたブログ
+++ こんな一冊 +++
マロンカフェ ~のんびり読書~
活字中毒日記
本を読む女。改訂版
本のある生活
活字中毒
苗坊の徒然日記

しょっぱいドライブ    ~大道 珠貴~

drive.jpg



芥川賞受賞作品です。
3篇からなる短編集。

しょっぱいドライブ
60を優に超えた老人九十九さんと
30代半ばのミホの奇妙な関係を描いた作品。
ひょんなことからデートを始め
結婚の話まで口走ってしまうミホ。
でも心の中には別の男性もいて・・・。
そうでありながら九十九さんとの関係にもある種の安らぎを
覚えている・・・。
打算的でありながら心のどこかで純粋に愛を求めている
ミホの姿が上手く描けていて、
さすが、女性の心理の機微を描くのが上手いなぁ~。と感じ入りました。
結局同棲のような形を取った二人が今後どうなるのか、
そちらの方にも興味があります。

富士額
中学生と相撲取りの恋愛話。
といっても女子中学生には恋愛感情もなく、
間違いなく淫行条例にひっかってしまいそうな内容だけど、
女子中学生の心のやるせなさが短い文章でありながら
切実と伝わってくる作品でした。

タンポポと流星
一番面白かった作品です。
ある女性とその友人の話。
友人鞠子に逆らうことができない未散。
微妙な上下関係でありながら
どこか安らぎを覚えてしまう未散。
レズっぽい感じもしながら
両者とも男性の恋人(もしくはらしき)の存在もある。
この辺って男には理解できない感情かも。

博多弁が妙も心落ち着かせる作品たちでした。

ビフォア・ラン    ~重松 清~

before.jpg


重松清のデビュー作。

デビュー作なのにすでに完成された作家のような文章。
やはり、なるべくしてなったという感じです。

同じ学年に自殺者が出ると、その学年の卒業式には雪が降る・・・・。
そんな伝説が残る学校に在学する生徒たちの
約1年間を描いている。

優、誠一、洋介の3人はまゆみという同級生を勝手に
自殺したことにして、トラウマを抱えようとする。
しかし、その本人が現れ、
挙句に優と恋人であることを宣言してしまう。
そこから優とまゆみ、そして優の幼馴染紀子との
奇妙な三角関係が始まる。

精神を病んでしまったまゆみと
自分を嫌いな紀子、
そしてその二人を心配しつつ
自分の大学受験にも頭を悩ませている優。
その結末は・・・
高校生が背負うにはあまりにも過酷な最後・・・。

最後が切ないです。
どうして重松清はここまで
切ない物語が書けるのか・・・ほんとに不思議です。
切ないけれど、
だからといって不幸な人たちを突き放さない、
きっと物語の続きはHappy Endを迎えてくれるんじゃないだろうか、という
期待も持たせてくれる、
ほんと、そんな不思議な作家です。

サウスバウンド   ~奥田 英朗~

south.jpg



2部構成で1部は東京、2部は西表島を舞台に破天荒な父親とその家族を息子の視点から描いた作品。
1部よりも西表島を舞台にした2部の方がめちゃくちゃ面白い。
1部では毛嫌いしていた父親を徐々に認めていく
2部での息子の成長ぶりがなかなかよいです。

長編だけど、一気に読み進められた。
作者の読ませる力量だと思うけど、飽きることなく最後まで読み終えました。
とにかく面白い!

過激派やら右翼だ左翼だと出てくるけど、
堅い話は抜きで娯楽性の高い作品です。
直木賞受賞以来の作品ですが、また彼のすごさを思い知らされました。

ロケ隊はヒィ~  すっぴん魂6   ~室井 滋~

16367710.jpg


週刊文春に掲載されているすっぴん魂の第6弾

室井滋って「やっぱり猫がすき」の頃から

好きでした。
女優としても好きなんだけど、
こういったエッセイを書かせても彼女のユニークさが
文章ににじみ出ていて、
読んでてものすごく面白いのです。

この作品では、
主にテレビの世界ではなくてはならない
ロケ隊に焦点を当て、
そこに起こる出来事や、彼女の日常を
面白く、また真摯に書いています。
しかし、女優さんも大変なんだなぁ~。
一見華やかだけど、裏を見るとかなりきつかったりするんだなぁ~。
でも悲壮感がないのは
彼女の明るさのせいでしょうか。


FC2 Blog Ranking

ハードボイルド・エッグ    ~荻原 浩~

022307870000.jpg


直木賞候補にも挙がっている荻原浩の旧作。

フィリップ・マーロウに憧れて探偵家業を始めた『私』
蓋を開けてみると
動物探しと浮気調査の日々。
そんな中、秘書を雇おうと張り紙をすると、
ダイナマイトボディの若い女性から電話が。
しかし、事務所にやってきたのは・・・80を超える老女だった・・・。

その二人が遭遇した殺人事件。
犯人は?動機は?

最初、猫を探したり、イグアナを探したり、
本編とは関係ない話が続くので、ちょっと冗長な感じがした。

核となる殺人に事件が起こってからはテンポ良く話は進んでいきます。
犯人は意外なところにいた人物。
こちらも裏をかかれてしまいました。

ただ老女の素性はなんとなく読めたけど、
最後はちょっと卑怯かな?
もう少し我慢して欲しかった。

犯人も切ないし、最後も切ない。

中盤から後半にかけて一気に読ませるのは
『さすが』といえる。

TBさせていただいたブログ
かみさまの贈りもの~読書日記~
ナナメモ
いつか どこかで
苗坊の読書日記

砂漠    ~伊坂 幸太郎~

sabaku.jpg



伊坂幸太郎の新作

ある大学生とその友人たちの大学4年間を
春夏秋冬の章立てで綴る物語。

得意のミステリーではなく、完全な青春群像物語といえるかな。

社会という砂漠に出る前の大学生活というオアシス。
5人が織り成す物語は時に甘く、時に切なく、
甘美というには残酷な物語もあり、
それでいて、清々しくもあり。
前作の『魔王』よりも親しみやすい、物語だった。

物語の核となるものは通り魔強盗と空き巣事件。
2つの事件が登場人物5人と微妙に絡まりながら、
大学生活は進んでいく。
自分たちで自分の置かれている状況を何とか克服していこうとする
姿に好感が持てる。
ただ若さからくる無鉄砲さには目を覆いたくもなるけど(笑)

登場人物に感情移入しやすく、
あっという間に読み終わりました。

TBさせていただいたブログ
本を読む女。改訂版
マロンカフェ ~のんびり読書~

三丁目の夕日 夕焼けの詩 51   ~西岸 良平~

09187631.jpg


最近映画化もされて自分の中でが着きました。

原作本の51巻です。
年に1~2巻くらいしか出てないようです。
まぁ、連載も隔週(?)のビッグコミックスピリッツで
1つの作品も短めなので単行本にするにはそれくらい時間がかかるんでしょうか?

以前アニメ化されて多分TBS系で放送されてました。
そのときからずっと好きだったんですが、
単行本は今回初めて買いました。

昭和33年代が舞台なので
まだ自分は生まれてもいない頃の話だけど、
田舎出身の自分にとっては
何故だか懐かしい風景が目に浮かんできます。
ここまで貧しくはなかったけど、
なんとなく、これに近いこともあったなぁ~って・・・。
ちょっとノスタルジックになりかけてなす。

今回の51巻では
「ヨイトマケ」が一番気に入った。
「ヨイトマケの唄」って最近ではマッキーも歌ってますが、
こういう意味だったんだ、って改めて知りました。
建設現場で地固めをする日雇い女性。そのときの掛け声が「ヨイトマケ」と呼ばれ、
あの有名な「とおちゃんのためならエンヤコーラ」
「母ちゃんのためならエンヤコーラ」という掛け声が生まれたらしい。

この曲を聴くと切なくて涙が出そうになるけど、
この話しもまた心に沁みる話しでした。

懐かしさと忘れていたものを思い出させてくれる漫画です。 

パーフェクト・プラン     ~柳原 慧~

perfect.jpg


第2回 このミステリーがすごい大賞 大賞受賞作品

身代金はゼロ!せしめる金は5億円。
この文句に惹かれて手にして見ました。
第1回の大賞「四日間の奇蹟」がファンタジー過ぎる作品だったとすれば
この作品はほんの少しだけ現実味を帯びたお話しといえますか。

代理母の女性が自分のお腹を痛めたわが子が虐待されていることを知り、
とっさに連れ去ってしまう。
そして、彼女の周りの人間が結束し、
壮大な誘拐計画を思いつく。
強い絆で結ばれているようだった仲間たちだが
疑心暗鬼に陥り、ばらばらに・・・。

しかし、最後は・・・。

ネットトレーディング、代理母、胎児細胞、瞬間像記憶、
引きこもり、などなど
現代的アイテムもてんこ盛りで話は進んでいく。
真犯人もおそらく現代の大きな問題のひとつといえるだろう。

話しとしては、面白かったけど、
ちょっと詰め込みすぎたかな?って感じでした。
ネットトレーディングとかは
知識のないものには???だと思うし、
胎児細胞についても読み手を選ぶかな?って感じだし。

ただ、最後まで飽きることなく読むことができました。
これがデビュー作。
次回作も面白そうなので
また読んでみようと思った作家さんでした。



 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。