プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女部部長   ~吉野 万理子~

otome.jpg

32歳、独身、恋人なし
運命の出会いを信じている小夏さん。
赤毛のアンが大好きで、指輪は絶対にしない。
そんな乙女な小夏さんが乙女部を立ち上げる。

乙女部・・・。
響きはすごくいいんだけど、
っていうか、32歳になって運命の出会いをいまだ信じているのって
女性では普通のことなんでしょうか?
いや、普通じゃないみたいですけど、
そんな夢を見ても許されるのか・・・。

小夏のキャラは読んでいてちょっと痛いんだけど、
その純粋さはなかなか惹かれるものがありました。
まぁ、運命の出会いってそんなにあるわけじゃないけど、
応援したくなりましたね。
最後はいい感じで終わりましたけど、
ぜひこの恋、成就してもらいたいな、と。

働く小夏さんと主婦の遥香さんの微妙なすれ違いは
多分誰でも経験することなんだろうな、と。
女性だけじゃなくて男性でも言えることだけど、
なかなか難しいですね。

スポンサーサイト

春期限定いちごタルト事件   ~米澤 穂信~

ichigo.jpg

小市民を目指す小鳩くんと小山内さん。
何故この二人が目立たないように生きることを心に決め
小市民を目指すのか?
その設定が面白いね。
徐々にその理由は明らかになるんだけど、
なるほど、ね。
過去の自分との決別か・・・。

物語自体は日常の謎系のお話。
しかし、ただの日常の謎的な話しに終わらず
連作短編の形をとりつつ、実際には一つのお話としても成り立っていて
各話に挿入された伏線が最後見事に花開く。

軽いテンポで読めるけれど、
それだけでは終わらせない『モノ』がありました。

土井徹先生の診察事件簿   ~五十嵐 貴久~

doi.jpg


殉職警官を父に持つ令子は、24歳にして南武蔵野署の副署長。
その令子がある事件で知り合ったのは獣医の土井先生。
この先生、動物と話が出来るという噂。
この先生の推理で令子は事件を未然に防ぐことが出来た。
それ以来、令子は土井先生に所轄内で起こった事件を相談する。
そして土井先生は見事その事件を解決する。
その事件にはすべて動物が絡んでいるのだけど
だからこそ獣医の土井先生の力が必要なのだ。

が、
いいのか!?
警察が一般人にそんなに事件のことを話しても?
口が軽いぞ令子さん。

しかし、事件がすべて動物がらみって言うのもどうかと。
まぁ、だからこそ土井先生が活躍できるわけだけど、
ちょっとこじつけ?強引な展開もあったり。
面白くないわけではないけれど、
切れ味鋭いというわけには行かない作品。

最後の事件は何だか未解決っぽくて
この後まだ続くんではないか、という予感です。

TBさせていただいたブログ
いつか どこかで
待ち合わせは本屋さんで
しんちゃんの買い物帳
小春日和の本棚
粋な提案

おいしい水   ~原田 マハ~

goodwater.jpg

原田さんの新作は
絵と文章のコラボレーション。
本文はマハさん、絵は伊庭靖子さん。
本文はたったの85ページしかないものですが、
絵と文章が妙にはまっていてなかなかででした。

80年代の神戸を舞台にした男女の物語。

非常にもどかしい感じのする物語でした。
まぁ、今のように携帯もなく、連絡するのにも苦労した時代。
そんな時代の物語は何だか懐かしさも溢れています。

主人公の女の子が恋した青年はカメラマンの卵。
いかがわしい写真を多く撮っている雰囲気のある彼に恋した彼女。
しかし、彼女の恋は実らなかった。
彼女の手元に残ったのは
彼が撮った彼女の写真。
19歳の女の子の写真にしては後姿だったり泣き顔だったりと
あまりぱっとしないものであるんだけど、
彼女の中では
それから20年近く経った今でも鮮やかな思い出として残っている。

そんな恋愛があった時代の話。

動機   ~横山 秀夫~

douki.jpg

4つの短編からなる短編集。

刑事物の印象が強い横山さんですが、
この作品は警察官、元服役囚、新聞記者、裁判官が主役。
それぞれが抱える闇の部分と明の部分がうまく描かれている。
特に元服役囚を主役にした『逆転の夏』は面白かった。

罪を犯し服役後にかかってきた電話に
また人生を狂わされそうになる元服役囚。
その心の揺れが読んでいて苦しいほどでした。

横山さんの作品は何作か読んでいるけれど、
この作品のラストは思わずうなってしまいました。

ジョーカー・ゲーム   ~柳 広司~

joker.jpg

第2次世界大戦前の日本を舞台にし、
陸軍本部とは違うところで
スパイを要請するD機関が設立された。
そこでは本名から出身地から何もかもが隠され、
同じ養成機関にいながら相手の氏素性さえ分からない。
同じ釜の飯を食う軍部の人間とは違い、
養成機関の面々は『自分』だけを信じて生きている。

作品自体は短編集で
それぞれの話の中でD機関のスパイ候補生たちが
すピア活動を通じ、諸々の事件を解決していく。

物語自体ハードな感じで
簡単に読みこなすのは難しいなぁ、というのが感想。
時代設定が第2次世界大戦前の日本ということで
暗い雰囲気を持っている。
明るさなんか期待も出来ないが、
スパイとして生きていくそれぞれの人物の覚悟や生き様は
読んでいて清々しくもあった。

キャラも立っていて(特に養成機関のトップである結城など)
なかなか面白い作品でした。

とんび   ~重松 清~

tonbi.jpg

重松さんの得意の家族の物語。
今作では父一人息子一人。
舞台は昭和30年代から昭和も終わる頃から平成の時代へ向かう頃。
何事にも不器用な父親、ヤスさんと
とんびが鷹を生んだと称されるほどの息子、アキラ。
その二人の生活を温かく見守る人々。
昭和の良き時代を見せ付ける作品だった。

帯から母親がすぐになくなってしまって
父と息子が苦労しながらやって行く話しなんだろう、と
安易に想像できるし、
実際そうだった。
相変わらずの重松節。
良くも悪くも重松さんのパターン。
分かっているのにそれでも涙がほほを伝ってしまうのは何故だろう?

小説なんです。
フィクションのはずなのに
リアリティがありすぎるんです。
だからこそ、こんな家族が近くにいそうで
誰かを想像しながら
あるいは自分のことを振り返りながら
自分と重ねてしまうから。

痛いところを突いてくる重松節に
今回も泣かされました。

親子二人の生活もそうですが、
その二人を温かく見守る周囲の人々の優しさ、厳しさ。
ただの同情ではなくて、本当に人を思いやる心の温かさ。
そんなものを読んでいくうちに感じることが出来た。

またしても、やられましたよ、重松さん。

TBさせていただいたブログ
はちみつ書房
かみさまの贈りもの~読書日記~

RDG レッド・データ・ガール   ~荻原 規子~

RDG.jpg

初読み作家さんです。

思いっきりファンタジー系でしたね。
表紙から時代物?と思ってしまいましたが・・・。

主人公である泉水子が抱えている秘密。
その秘密こそがこの物語の鍵だと思うんですけど、
この作品ではそれがきちんと明らかにされないまま
終わってしまったような感じ。

おそらくこれで終わりではなくて、
この後も続くんだろうな、という予感がします。
この後どうなるのか、
その続きを読みたくはなる作品でした。

ファンタジーとひとくくりにしてしまえば、
泉水子を取り巻く環境も彼女の持つ力のことも
すんなりと理解できる。
不可思議な力を持つものたち、それと平行して現実的な話も進んでいくので
その絡み具合が非常に巧妙だった。
時代がかっていると思えば、東京都庁は平気で出てくるし、
このミックス具合が何となくはまる。

先が楽しみになる1作でした。

しかし、紫子(ゆかりこ)とか泉水子(いずみこ)とか
わりと変わった名前でしたけど、
これもなんらかの関係があるんでしょうかねぇ~。

TBさせていただいたブログ
まったり読書日記

元職員   ~吉田 修一~

motoshokuin.jpg

職場の金を横領している男の話し。

最初はタイに旅行できた男の話しかと思いきや、
途中で公金を横領し、
タイに遊びに来ているということが分かる。

横領が発覚することを恐れながらも
発覚するはずがない、と最後に開き直るその態度。
タイに来たことで
自分の気持ちに整理がついたのか、
帰りの飛行機の中で大笑いする。
そのラストに微妙に引いてしまいました。

横領の話よりも
タイでの出来事、タイで出会った人たちとの交流がメインのような。
その中で
彼の中に何かが芽生え、公金横領に対する後ろめたさまでも
失わせる。
それがタイの魅力によるものなのかどうかは分からないが、
果たして対を舞台にする必要性は?
横領したから高飛び=アジアの国?という連想?
もう少し犯罪小説として書かれてもよかったんじゃないだろうか。
まぁ、彼の場合『悪人』『さよなら渓谷』等で評価を得ているようなので
そこまで書く必要がなかったのか・・・。

どちらにせよ、この前に読んだ『あの空の下で』が良かっただけに
何だか、もったいないような気がした。

TBさせていただいたブログ
待ち合わせは本屋さんで

小森生活向上クラブ   ~室積 光~

komori.jpg

『都立水商』『ドスコイ警備保障』という面白傑作を生み出した室積さんの作品。

この作品はこの2作と比べると
笑うに笑えない、
ブラックなお話し。

主人公小森は日々のストレスにつぶされそうになっている。
通勤電車の中で近くにいる男性を置換呼ばわりする女にキレ、
彼女をホームの下に突き落とし、殺してしまう。
その日から小森は正義のため、と称し、殺人を繰り返し、
同じように正義のために人を殺めることを良しとする仲間たちと
KSCというサークルを結成してしまう。
彼らが殺すのは周りの人間を不幸にしていく人々。
彼らには彼らの正義があり、
更生不能と判断したニンゲンモドキの人々を次々と殺していく。

『水商』や『ドスコイ』と違って笑いはない。
最後まで実はオチがあって笑わせてくれるんじゃないかと思ってましたが、
結局は最後まで人を殺していくお話でした。

正義のために人を殺していくことはよいことなのか?
KSCの中でも
会長である小森が一番まともに見えましたが、
最終的には結局みんな一緒。

後味は決してよくない作品です。
でも、悪くはない。
覚悟して読んだ方がいいでしょう。

リリイの籠   ~豊島 ミホ~

Lily.jpg

とある女子高を舞台にした連作短編集。

女子特有の甘さやきつさが満載でした。
男には理解できない、
そんな世界が展開されてました。
って大げさですけど。

悪くはないんだけど、
女子高が舞台で
登場人物もほとんど女子。
なかなか感情移入も出来ません。

女子のかわいい、だけではなく
彼女たちの持つ『毒』がそこらへんに撒き散らされている感がして
きついところもありました。

恋愛話ではなく
女子の日常。
いやこんなんばかりだとは思わないけど、
怖いなぁ~。

ある日、アヒルバス   ~山本 幸久~

ahiru.jpg

高松秀子(デコ)はアヒルバスのバスガイド。
この仕事に就いて5年目。
色んな客をあしらいながら毎日どこかのコースでガイドをしている。
そんなデコが新人研修の担当になってしまい、
そこからがまた苦難の日々・・・。

山本さんのお仕事系小説。
ここにまた面白い作品が届きました。
観光バスなんかに乗らない限り
バスガイドさんとはなかなか出会えなかったりするわけですが、
この作品で
バスガイドの過酷さなんかも知ることが出来ます。
本当に色んな客がいて
それをガイドさんが一人で(時には運転手も)仕切らなければならない。
大変だ仕事だろうなぁ~。
でも、山本さんはその仕事をただ大変な仕事、と片付けるのではなく、
その日常をユーモアたっぷりに描き、
ガイドさんの楽しさなんかもしっかり描いています。

その仕事の辛さ楽しさはその仕事に就いている人にしか分からないことも
あると思いますが、
こういうお仕事系小説って言うのは
その辺をうまく伝えてくれている気がします。
特に山本さんの小説は秀逸です。

ただの小説ではなくて、
しっかり東京案内もあったりして
地方の人間としては
なかなかありがたかったりもしますね。

登場人物もよく描かれています。
ガイドさんのメインは3人でそれに新人5人。
この8人がそれぞれ強烈なキャラクターの持ち主なので
これだけでも楽しめます。
そしてバスツアーにやってくるお客さんたち。
老チャットモンチーと名付けられたおばあさん3人組がキュートでした。

これはもっともっと続きが読みたい作品でした。

TBさせていただいたブログ
いつか どこかで
まったり読書日記
待ち合わせは本屋さんで
ぼちぼち
hibidoku~日々、読書~
ナナメモ

ふしぎの国の安兵衛   ~荒木 源~

yasube.jpg

江戸時代文政9年から180年後の世界にタイムスリップしてしまったお侍が、
情けを受けて母子家庭の家に居候するうちに家事に目覚め、
「いま働く女性たちにとって理想の男は、お侍だった」という新しいモテ男像を提示する
エンターテインメント。

泉のようなただの穴のような
そんなところからタイムスリップしてきた
木島安兵衛。
たまたま出会った遊佐ひろ子親子の家に居候するも
家事、特にお菓子作りに目覚めてしまい、
テレビのお菓子作りコンテスト(TVチャンピオンっぽい)で優勝し、
あれよあれよと一気に有名人に。
侍口調と風変わりな風貌と、まっとうな、しかし耳に痛い言葉を吐き続ける
安兵衛はテレビ界の寵児に。
そのときひろ子親子は・・・。

さらっと読める作品。
タイムスリップしてきた侍が
家事に目覚めていく様子が
非常に面白い。
初めは『男は家事などするものではない』と昔の男らしい態度であったけど、
江戸時代にはなかった電化製品やら食材やら
そんなものを目にしていくうちに
少しずつ料理特に菓子作りに目覚めていく。
そしてテレビに出ることで、自分の店を持ったり
テレビに出たり、そこらへんの有名人以上の活躍をしていくことになる。

ただ、そこに命の恩人とも言うべきひろ子親子との溝が出来ていき、
その結果、息子の友也が行方不明に・・・。

展開もわりと早く
飽きさせない話だった。
出つくした観のある物語でも
侍がお菓子作りに目覚めて、そして最終的には・・・(これ以上は書けませんが)

安兵衛とひろ子を始めキャラもすごく良かったです。

ただ、最後がなぁ~。
このまま・・・でも良かったかな、と思いつつ
最後のにやっとする展開に脱帽でした。

ちょいな人々   ~荻原 浩~

choi.jpg

カジュアルフライデーに苦戦する会社員
隣の庭木を憎む主婦、
脱サラした占い師、
いじめられっ子と一緒に復讐する相談員
犬猫語翻訳機に右往左往する人々、
音声認識携帯電話に右往左往する人々、
阪神大好き男とその恋人

おっちょこちょいだけど、憎めない、愛すべき人たちのちょいな日々。

ユーモア溢れる作品でした。
こんな人たち、確かに周りにいるかも。
一生懸命やってるんだけど、報われない・・・。
やっぱり「ちょい」なんだよな~。

何をしても抜け目なくやる人もいれば
間の抜けている人もいる。
そんな間の抜けてしまった人たちの悪戦苦闘の日常。
どの登場人物も本当に後もうちょい、な感じなんだよね。
これを乗り切ればきっと輝かしい日々が・・・
まぁ、待ってるわけでもないと思うけど。
でもその頑張りぶりが妙に笑えて、ちょっとしんみりしたり。

そういう自分も「ちょい」なところが多くて
あんまり笑ってばかりもいられなかったりして。

TBさせていただいたブログ
ナナメモ
ぼちぼち
まったり読書日記
かみさまの贈りもの~読書日記~
猛読醉書

SWITCH   ~さとう さくら~

switch.jpg

第1回ラブストーリー大賞審査員絶賛賞・・・
って審査員が絶賛するんなら大賞じゃない?
と突っ込みたくもなりますが・・・。

主人公苫子は非常に内向きなというか超ネガティブ思考な26歳フリーター。
人付き合いが苦手で、愛想がなくて、バイトもすぐにクビになる。
恋愛経験もほとんどなし。
そんな苫子に共感できるのか?

出来ちゃったんですね~。
男と女の違いはあっても
何となく苫子と似ている自分がいる。
何だか自分を見ているような、そんな錯覚。
まぁ、あそこまでひどくはないにしても・・・。

でも、誰にでもそんなところはあるんじゃないか、と。
夢を見失ってしまって、日々の生活にかつかつしながら
自分だけが普通じゃないんじゃないかと、不安に思いながら
でもその日々を変える事もできなくて。
ただ悶々と毎日を過ごしていく。

そんな苫子の日常をさらりと描いたこの作品は
確かに絶賛されるだけのものはあるかもしれない。
が、ラブストーリー大賞にしては
恋愛よりも苫子の『人』を描いた作品。

これはこれで楽しめました。

モダンタイムス   ~伊坂 幸太郎~

moderntimes.jpg

『魔王』の続編とでも言うべき作品、という話しだけど、
特に『魔王』『呼吸』に続く作品だとは思わない。
同じ登場人物が出てくることは出てくるけれど、
別個の作品と言ってもいいんじゃないかな、と。

『ゴールデンスランバー』と時期を同じくして連載されていたためか、
監視社会という点でこの2つの作品は類似している。
こちらはインターネットでの監視体制が整っている近未来の話しだけど、
近い将来こんな社会になってしまうのではないか、という危惧も感じられる。
一体いつからこんな風になってしまったのか・・・。
そんなことを思いつつ、
物語自体はすーっと読めていく面白さがあった。

でも、結局『ゴールデンスランバー』のときにも感じたことだが、
最終的に悪者は誰なの?
国家というシステムが悪いのか?
それともそれを動かす者たちが悪いのか?
そこらへんが釈然としないまま
まぁ、読者にその判断を委ねるという部分もあるだろうけど、
何だか中途半端なもやもや感は残った。
ただ、さすがに伊坂氏。
会話の面白さや筋の面白さ、その辺は相変わらずのうまさで
ぐいぐいっと物語の中に引き込んでいってくれます。

登場するキャラクターも個性があって
もちろん一癖も二癖もあるような人物ばかりですが、
わりと愛すべきキャラと憎むべきキャラとしっかり分かれているので
勧善懲悪ものを見るように読むと
それはそれで楽しいかも。

エンターテイメント性で言うと
以前の作品の方が高いと思うんだけど、
これはこれで十分に楽しめるのではないか、と。
辛口の批評が多い中、自分も手放しで面白いとは言えないまでも
及第点は十分に取れる作品だと。

ただ、結局佳代子さんが一番強いんじゃないかと・・。
実は彼女が一人活躍すればすべて解決(?)しちゃうんじゃないか、と
ふと思ってしまいました。
って言うか、この佳代子さんが一番の謎だったりするわけで・・・。
でも一番好きなキャラだったりするんだな、これが。

TBさせていただいたブログ
まったり読書日記
いつか どこかで
はちみつ書房
苗坊の徒然日記

10月読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4658ページ

あの空の下であの空の下で
読了日:10月31日 著者:吉田修一
夜の光夜の光
読了日:10月28日 著者:坂木 司
アイスクリン強しアイスクリン強し
読了日:10月26日 著者:畠中 恵
オレンジの季節オレンジの季節
読了日:10月25日 著者:鯨 統一郎
埋もれる「日本ラブストーリー大賞」シリーズ埋もれる「日本ラブストーリー大賞」シリーズ
読了日:10月24日 著者:奈良美那
天使の階段天使の階段
読了日:10月21日 著者:重松 清
平等ゲーム平等ゲーム
読了日:10月19日 著者:桂 望実
空へ向かう花空へ向かう花
読了日:10月18日 著者:小路 幸也
ティッシュペーパー・ボーイティッシュペーパー・ボーイ
読了日:10月14日 著者:有吉 玉青
ばすばす
読了日:10月11日 著者:山本 甲士
理系の人々理系の人々
読了日:10月09日 著者:よしたに
真夜中のための組曲―奇妙な味のミステリー真夜中のための組曲―奇妙な味のミステリー
読了日:10月08日 著者:赤川 次郎
天下り酒場 (祥伝社文庫 は 8-2)天下り酒場 (祥伝社文庫 は 8-2)
読了日:10月07日 著者:原 宏一
サンネンイチゴサンネンイチゴ
読了日:10月06日 著者:笹生 陽子
さいはての彼女さいはての彼女
読了日:10月05日 著者:原田 マハ
きみが見つける物語    十代のための新名作 恋愛編 (角川文庫 あ 100-105)きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編 (角川文庫 あ 100-105)
読了日:10月04日 著者:
地図男地図男
読了日:10月03日 著者:真藤順丈
すべての若き野郎どもすべての若き野郎ども
読了日:10月02日 著者:久保寺 健彦

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。