プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STORY BOX 11   ~アンソロジー~

storybox11.jpg

STORY BOXも11作目。
今作は森見さんの夜行にスポットライト。

相変わらずこの夜行シリーズはなんともないくらい
不安な要素がたくさんあって
読んでいて不気味さを感じる。
オチがあるようで
オチもなく。
え!?これからどうなるの?と読んでいる者を
不安に陥れる作品です。
振り返ると誰かいる、
そんな感じにさせるシリーズですね。

他の作品もそれぞれに面白くなってきている。
最近では
野ばらさんの『金脈』がいい感じです。
この世界観がいいなぁ。
スポンサーサイト

七人の敵がいる   ~加納 朋子~ 

shichininnoteki.jpg

男は外に出れば7人の敵がいるという。
しかし、女にだって7人の、それ以上の敵がいる。

PTAを舞台に兼業主婦である陽子が奮闘する短編集。

PTAってやはり主婦にとって(専業だろうが兼業だろうが)
面倒くさいもののようだ。
主人公陽子はそのPTA活動、ならびに自治会だとか
児童館での保護者会だとか
様々なところで敵を作りつつ、
それでもうまく立ち回りながら
自分の動きやすいようにしていく。

彼女の凄さは役員になることは
できるだけ避けたいが
やるからには徹底してやるという姿勢がしっかりしているところだ。
それが周りとの不協和音を生んでしまうことになるのだけど、
それでも自分らしさ失わずに
前向きにやっていく姿は好印象。
ただやはりこの手の女性は
同性からは煙たがられるんだろうなぁ~。
わからんけど。

世の母親たちに読んでもらいたい作品です。
PTA活動大変だけど、
得ることも多いと思うけどなぁ。

エスパー魔美(4)   ~藤子・F・不二雄~

esper4.jpg

新キャラ黒沢さんが不気味。
というか
エスパーであることが
ばれそうになる巻。
うまく防御を張りながら
黒澤と対峙していく様がなかなかです。

そして相変わらずの
高畑さんと魔美の関係。
暴走気味の魔美とストッパー役の高畑さん。
ナイスなコンビです。

クレヨンしんちゃん(50)   ~臼井 儀人~

shin50.jpg

作者臼井さんが亡くなって以降初の単行本。
先ほど作者が亡くなった後も
連載が続くことが表明されたけど、
これまでのパワーが衰えないか不安ではある。

今巻も笑わせてくれる
しんちゃんとその仲間たち。
これからも楽しませてもらいたいと思う反面
このまま終わってしまっても良いのかも。

絵は変わらなくても
作者の持つ雰囲気が反映されなくなったら
その作品は別物になってしまうからね。

ペンギン・ハイウェイ   ~森見 登美彦~

penguinhighway.jpg

舞台は京都ではなく、
主人公は阿呆大学生でもなく、
しかし、モリミテイストはしっかり生かされた作品でしたね。

主人公は小学生。
舞台は郊外。
SFっぽい設定で
彼の作品にそこはかとなく漂う暗さも
残ってはいるけれど、
全体的に少し明るめのトーンで
話は進んでいく。
しかし、やはり森見さんらしく
ファンタジー要素もたっぷり含まれていて
読んでいて楽しい。

子どもの頃、
色んなことにワクワクしていた毎日を
思い出させてくれる作品でした。

TBさせていただいたブログ
苗坊の徒然日記

パーマン8   ~藤子・F・不二雄~

soutei_pa08.jpg

前巻でも最終回でパ^マンがバード星に行ってしまったのに、
今巻でもまたもや最終回。
シリーズが違うといっても
立て続けに
最終回を読んでしまうと
違和感が・・・。

しかし、微妙に変わっているので
よしとしましょう。

ちょうどドラえもんを読んで
スミレ(パー子)がミツオ(パーマン)を
思い出すシーンなんかを思い出して
漫画なのに
切なくなってしまいました。

あの後、スミレとミツオはどうなってしまったんだろうなぁ~。

怪奇四十面相   ~江戸川 乱歩~

yonjyuumensou.jpg

二十面相が四十面相になっても
やはり明智探偵や小林少年には敵わなかった。

今回は小林少年の活躍が主で
明智の活躍がほんの少しだったのが
逆に見所だったかもね。

ただ、展開が前に読んだ作品と類似しているのが
ちょっと気になる。
まぁしょうがないのかな。

バイバイ、ブラックバード   ~伊坂 幸太郎~

blackbird.jpg

軽く読める一冊でした。
軽いといっても
悪い意味ではなく、
爽快感さえ味わえる作品でした。

なぜ星野があのバスに乗せられるのか、
はっきりした理由は分からないんだけど、
金銭的なものなのか、なんなのか。
はっきりさせずにぼやかしているだけに
想像が膨らんで、逆に面白い。

あれだけ律儀な男がなぜ5股もかけられるのか不思議なんだけど、
不器用だからこそ
どの人にも愛情を感じてしまうのだろうか。
彼に打算的な付き合いがみえないだけに
なんとも不思議。

そして繭美の存在。
実は男なんじゃないかと思えるほどのパワーなんだけど、
最後の最後はすごく好き。
すごく人間的な最後で繭美さえも愛おしくなるから不思議だ。
でも付き合えないけどね。

50人に届けられる郵便小説。
うらやましいですね。

ドラえもん8   ~藤子・F・不二雄~

soutei_dora08.jpg

ようやく
自分が小学1年生から読んでいたドラえもんの登場です。

何となく覚えているもんだね。
そういえば、読んだこれというのが結構あった。
なんだか嬉しくなった。
そして
その当時を思い出してしまった。

前巻に出ていた星野スミレのエピソードも登場。
前巻とはまた違った感じでの登場だったけど、
スミレの好きな人はやはりミツオということで。
あのときにはあまり深く感じることはなかったけど、
同じようにパーマンも読んでいると
なかなか深い感慨が湧き上がってきますね。

最初の頃より
かなりこなれてきた感じのドラえもんたちでした。

営業零課接待班   ~安藤 祐介~

settaihan.jpg

会社をリストラされそうになった人物たちばかりを
選んで新しく設立された営業零課接待班。
そこでは営業の基本は人との関わりである、を基本に
接待を行うことで新規顧客を掴もうとする部署だった。
そこに配属されたマジオこと真島は
その営業方法に戸惑いながら
少しずつ本当に少しずつ成長していく。
1年間での目標は営業成績50億。
一見して無理だと思えるこの数字に
課員全員で取り組んでいく。

これまたなかなか面白かったです。
ダメ社員の烙印を押された、或いは押されそうになった課員たちが
イキイキと仕事をやっていくようになる様子は
読んでいて楽しかった。

確かに人との関係を築く上で「酒」は潤滑油になりうるかもしれない。
そこをうまく取り上げて
なかなか面白い世界を作り上げたなぁ、という印象。

マジオも営業成績がまったく上がらなかったが、
あるときから少しずつ成績も上がっていく。
途中途中に問題が起こりながらも
下院一体となって前に進んでいく様子は好感が持てました。

かなり、「良し」です。

昆虫部   ~椙本 孝思~

konchuubu.jpg

高校生活、何に対してもやる気無し、
周りに壁を作って
一人過ごしている主人公が
ひょんなことから
学校一マイナーな昆虫部(!)に関わることになって・・・・

最初手にしたときには
ちょっとなんだかなぁ~という気もしたんですが、
読んでみたら意外と面白かった。
各話の最初に昆虫の生態や特長なんかが
書かれていて、
本編もその昆虫にちょっと絡ませてあったり、
なかなか面白い試みでしたね。

内容も本当に青春!な感じで
最後のオチはん~と思いもしましたが、
いや、小説だからといって
すべてハッピーになるわけもなく
現実世界は結構こういうことも多いよね、で納得。

ちょっとしたことから自分って変われるんだ、ということを
中高生に知ってもらうためには
薦めてよい1冊かな、と思いました。

6月の読書

6月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3912ページ

透明怪人―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)透明怪人―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)
読了日:06月25日 著者:江戸川 乱歩
おれのおばさんおれのおばさん
読了日:06月23日 著者:佐川 光晴
爆走!芸人ドライブ (講談社Birth)爆走!芸人ドライブ (講談社Birth)
読了日:06月20日 著者:玉澤 介,ヤマ
メモリーを消すまで 下メモリーを消すまで 下
読了日:06月19日 著者:山田 悠介
メモリーを消すまで 上メモリーを消すまで 上
読了日:06月15日 著者:山田 悠介
兄妹パズル兄妹パズル
読了日:06月14日 著者:石井睦美
夜行観覧車夜行観覧車
読了日:06月13日 著者:湊 かなえ
天地明察天地明察
読了日:06月09日 著者:冲方 丁
ロード&ゴーロード&ゴー
読了日:06月06日 著者:日明 恩
暗き夢に閉ざされた街 (ポプラ文庫ピュアフル)暗き夢に閉ざされた街 (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:06月05日 著者:あさの あつこ
ぼくのかみさんぼくのかみさん
最後の最後の1行がこの作品をダメにしちゃったなぁ。
読了日:06月04日 著者:咲乃 月音
ドラえもん 7 (藤子・F・不二雄大全集)ドラえもん 7 (藤子・F・不二雄大全集)
読了日:06月02日 著者:藤子・F・不二雄
ハブテトル ハブテトランハブテトル ハブテトラン
読了日:06月01日 著者:中島 京子

読書メーター


先月はほとんど読めてませんでした。
忙しかったわけでもないんだけど・・・。
今月は
もっと読みますよ。
多分。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。