プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空飛ぶペンギン   ~上村 佑~

penguin_20131105192726704.jpg

大学を卒業したものの
希望の製薬会社に内定がもらえず、
母の痴呆にともない、
県庁に就職した信二。
動物が苦手なのに、
水族館を作るという村の担当になってしまう。

村唯一の水産高校の廃校に伴い、
その水産高校跡地に水族館を作る計画が立ち上がる。
渋る村長を相手に苦労しながら
少しずつ話を進めていき、
最後、いろんな人の思いを乗せて
水族館はオープンする。

上村さんの作品なので
最後まで気を許せなかったのですが、
最後までハートウォーミングな話で
ある意味肩透かしを食らった感じ。
新境地なのか?
などとも思ってしまいましたが
これまでの作品からすると
これは上村さんではなーーーーいと叫んでしまいたくなる話でした。

しかし、内容自体は
いい話なので
読んで損はなし。
ただ上手くいきすぎだなぁ、という気もしないでもない。

個人的には動物園、水族館は好きなので
この中に出てきた
「すみだ水族館」
行ってみたくなったなぁ。
今度の休みにでも
行ってみようか。
スポンサーサイト

もののけ、ぞろり 吉原すってんころりん   ~高橋 由太~

mononokezorori5.jpg

なんていうか、終わらせようとすると、
なぜか中国からの刺客が登場しますね。
小風シリーズも中国からの敵が現れて、
結局主役は活躍しないまま終わる。
この作品もそんな感じになりつつあります。

急に伊織や鬼火の父親(何と佐々木小次郎)が現れたかと思うと
あっけなく死んじゃうわ、
これまで活躍してた人物もあっけなく死んでしまうわ、
まだなぞの部分は多いけど、
この調子だとあっという間に完結されてしまいそう。

多作すぎて雑な感じになってしまってるのが残念ですね。
もう少し、時間を開けて制作してほしいなぁ、と思ってしまいます。

次当たりで完結かな。

エール(3)   ~アンソロジー~


銀の匙(9)   ~荒川 弘~

silverspoon9.jpg

目白台サイドキック   ~太田 忠司~



意外に面白かった。
でも犯人はすぐに予想できたのが難。
ただ主要人物の一人を○○にしてしまう必要性は
あったのだろうか?
これからその謎も解明されていくのか?
第2弾もあるので
そちらで少しは明らかになっていくのかな。

食べようび 2013年11月号



弁当男子必携だな、こりゃ。
冷食ばかりではなく、
ちゃんと作ろう。

つれづれ北野坂探偵舎   ~河野 裕~



短編集かと思いきや
ひとつながりのお話でした。
幽霊が見える編集者と
話を作る小説家。

う~ん、小説家が考えるストーリーに
現実の話が合わさっていくような
まぁ、普通は逆なんだろうけど、
そんな展開でした。

幽霊がカギを握る小説です。
まだ伏線が全部回収されていないので
続刊が出るのかも知れません。

雰囲気は単なるミステリーとは違うんだけど、
ちょっとこれまで読んだ作品では異質な感じもする。
そんなんで
続刊が出たら
読むだろうなぁ。
小説家である雨坂と幽霊とはいったいどんな関係なんだろうか。
それから紫の指とかね。
謎が謎のままだし、
それが解決されないままってことはないだろうから。

美堂橋さんの優雅な日々。   ~椿 ハナ~



恋、ときどき、ミステリーと副題にありますが、
実際にはミステリー、ほんのちょこっと恋?みたいな感じ。
でもミステリー的には弱いです。
美術に詳しい人は少しは楽しめるのでは。
絵画に興味のない人間にとっては「???」が多くて、
説明口調だし、いまいち入り込めなかった。

っていうか、美堂橋さん
ちょっとナルシストで潔癖すぎて
キャラに入りこめませんでしたわ。

ひとみみぼれ   ~秦 基博~


ロスト・イン・ヨンカーズ



何が、って
草笛さんの圧倒的な存在感が素晴らしかった。
もちろんほかの役者さんも
素晴らしいのだけれど。
すべてを
草笛さんの存在感を浮き立たせるためでしか
なかったのでは?
と思えるくらい、素晴らしかったのです。

頑固で怖いおばあちゃんを
嫌味にならず
でもこんなおばあちゃんが自分のばあちゃんだったら
ほんと嫌だ、って思わせるくらい。
草笛さんの演技を見ることができただけで
この作品を
選んでよかったと心から思っております。

コメディなんだけど、
ずっと笑いっぱなしなわけではなく
どちらかというと
切ないシーンが多かったりもしたんですけどね。

TOKIOの松岡君や
中谷美紀さんとかも出てるんだけど、
何度も言いますが、それを忘れてしまうほど
草笛さんが素晴らしかったんです。

あとは、
アーサー役の
入江くんが良かったかな。
あ、浅利君のちっささが目立ったなぁ。
でも、やはり彼は上手い役者でした。

無休電車   劇団鹿殺し~~

1894.jpg

1年間の充電期間に入る鹿殺し。
充電前最後の公演を
青山円形劇場まで観に行った。

この青山円形劇場は
「岸家の夏」で初めて鹿殺しに出会った場所。
そこで一気に鹿殺しのファンになり
それ以降、「青春漂流記」(機材トラブルで1時間遅れの開演のため泣く泣くあきらめた)
「田舎の侍」「BONE SONGS」と続いて今作。

今作でも
パワフルかつエネルギッシュでソウルフルで
ハートウォーミングで泣けちゃいそうで。
鹿殺しのすべてが詰まっている作品でした。
まぁ、ファン歴2年の人間が言うのもなんですが、
本当にそう感じてしまったんだからしょうがない。

丸尾さんの脚本も
チョビさんの演出も
出演陣の熱演も
すべてが良かった。

若いころに何かを成し遂げたいと思いながらも
ありふれた人生を送っていた男たち。
そのうちの一人が事故で亡くなり、
もう一度、自分たちのやりたかったことを
やってみようと
東京に出ていくものの、
そこでも挫折。
でも人生はそこで終わりじゃない。
その先にも人生はある。
休まない電車のように
前に前に進んでいく。
自分の運転する電車に乗って。

あぁ、心が痛い。
痛いけど、心地よい。
なんだか自分のこれまでを
赦してもらった。
なんか勝手ながらそう感じられる作品でした。

あぁ、鹿殺しとは1年会えないのか。
寂しいけれど、
また一回り大きくなった
鹿殺しを来年見たいのだ。

今回はいつもに増して
早変わりがたくさんあったような。
あと演じていたと思ったら
楽隊になり楽器の演奏したり、
いやぁ、本当に動き回る劇団だなぁ。
円形劇場という、
演者と観客がものすごく近いところにある劇場で
これだけのものを見せてくれた
鹿殺しに感謝感謝の1日でした。

悪夢の六号室   ~木下 半太~



久々の悪夢シリーズですが、今までの作品よりも正直面白くない。
6号室がそこまでクローズアップされてない。
取ってつけた感じ。
やっつけ仕事で書いたのかな?と心配になる作品でした。
舞台化が先になったからな。
舞台は観てないけど、
きっと6号室での出来事をメインにしてて
小説の方は
そこにたどり着くまでの
話だったのかな、と思いました。

ドラマ化もされるそうですが、壇蜜は琴音?鮎子?
どちらも合わないような気がしますが…。

MIWA   ~NODA MAP~



NODA MAPは「南へ」「EGG」に続き3作目。
前2作は本当に何が言いたいのか
まったくもって理解できないほどでした。
いかに舞台を観る目がないのか、と
帰りにいつもショックを受けたものでしたが、
今回は
わりと分かりやすい話でした。

美輪明宏の半生を描く。
もちろんまんま美輪さんの半生ではない。
しかし、同性愛や長崎、彼の歩いてきた人生
そこかしこに美輪さんの影が。

その美少年と言われた美輪さんを
元祖美少女宮沢りえが演じる。
それだけで興味湧くよね。
そしてりえさんは
見事にその役を演じ切っていました。

まぁ、個人的には
古田新太さんに池田成志さんの
演技の方に目が行きすぎましたけど。
上手く主役を立てながら
自分の世界をしっかり出しているところは
さすが、だな。

ねこみせ、がやがや   ~高橋 由太~

nekomise.jpg

新シリーズなのか。
待望のと銘打ってるけど、
その前に他のシリーズを完結させてほしいなぁ、というのが本音。

同じ出版社からだしてるせいか、唐傘小風シリーズの登場人物も。
あの作品より後の話になってはいるけれど。

あまりにも
あっと言う間の展開の話に
結局何がメインで
何をどうしたかったのか
いまいち分からない小説でした。

結局勝太はどうなったのか?
主役は勝太なのかサジなのか。それも不明。
続くようだけど、それで含みを持たせたのか。
この後には「もののけ、ぞろり」の新刊も。
どれも舞台が同じなのでこんがらがっちゃうよね。

限界集落株式会社   ~黒野 伸一~

genkai.jpg

STORY BOX で読んでいた作品ですが、
もう一度まとめて。

仕事を辞め
祖父のいた農村にやってきた優。
そこでは効率的に物事を進め
生活を送ってきた優にとっては
不可解なことばかり。

最初は
農業に対して
愛情もなければやる気もない。
そんな様子だったのに
最後には
その村にとってはなくてはならない存在に。
色々事件は起こるけれど、
結局はハッピーエンドに。
まぁ、物語だけでもハッピーエンドで終わらなければね。
現代の日本が抱えてる問題は
こう簡単には解決できないだろうし。

改めて読んでみて
これは面白い作品だったなぁ、と
再確認でした。

Dialogue   ~今井 美樹~

4988005789815.jpg

今井美樹がユーミンを歌う。

ユーミンの名曲を
今井美樹がカバー。
基本的にカバーはオリジナルを超えないと思っているので
これはこれでいいのだけど、
ユーミンの今井さんの声の質が
ほぼ正反対と言ってもいいくらいの声質なので
全く別物になっていると言っても
過言ではないかも。

ちょっとウエットな感じですが
これはこれでありかな、と。

個人的には布袋さんに出会う前の
今井さんの曲や詩の世界が好きなので
どちらかいうと
その当時の今井美樹の良さを
再確認した感じでした。

ダ・ヴィンチ2013年11月号



水曜どうでしょう、特集。
しかし、地方の片田舎に住んでいる人間は
一度も見たことがないっていうね。
そんななのに
特集とか組まれても
「???」ってな感じで
実は楽しめませんでした。

もっと小説取り上げましょうよ。
お願いします。

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫   ~大沼 紀子~



4作目。
今作では
希実の従姉妹「沙耶」も登場し、
波乱に波乱を呼ぶ展開。

希実の幼いころの出来事。
母律子と美和子との関係。
そして美和子と希実の関係。
消えた記憶。
思い出した記憶。
いろんなことが希実の周りで起きる。

そんな中、
出会うべくして出った人たちなんだ、
この真夜中のパン屋に集う人たちは。
その人との出会いがとても
貴いものにも思えました。
翻って自分にも
きっとこんな出会いがあったはずだ、と
思うんだけど、
はて?会ったのかな。

次作では
いよいよ母律子と再会。
いや、すんなり会わせるわけがないと思いつつ
別の展開も用意してあるんじゃないか、と。
出ないと次作で終わってしまいそうだし。

まだまだ謎が多い
この作品。
続きが楽しみでしょうがない作品になりましたね。

建てましにつぐ建てましポルカ   ~ヨーロッパ企画~



東京公演、日程が合わず断念。
大阪公演、日程が合わず断念。
なんとか行けるのが
福岡公演のみ。
なので、福岡まで行ってみてきましたよ。
ヨーロッパ企画の舞台は
東京、大阪に続き3都市目。
いずれ本拠地京都でも観たいものだ。

さてさて、
迷路コメディ。
迷路と言えば
かなり大がかりな
セットかと思ったけれど、
コンパクトにまとめつつ
迷路になってしまったお城感が良く出てましたね。

前作の「月とスイートスポット」がいまいち
個人的には趣味ではなかったんだけど、
今作はピタリ好みの作風でした。
迷路とかした城の中での右往左往。
ヨーロッパ企画の面々に菅原さん。
今まで観た菅原さんの作品では
これが一番好きだなぁ。

最終的には
何も解決してねーじゃねーか、って感じですけど、
訪さん演じる物乞いが、唯一自分の願いを叶えた
人物だったなぁ。

次回は来年だろうけど、
やはり待ちきれないのだった。

地獄でなぜ悪い   ~星野 源~


シアターガイド2013年11月号



表紙は「MIWA」
主演の宮沢りえをはじめとする
出演者の面々。
大作になりそうなんだけど、
個人的にはNODA MAPは結構合わなかったりする。
でもこれは美輪さんのお話だし、
分かりやすいかな。

もう11月号
今年も後1号で終わるわけですね。
あっという間でした。
あと3か月
まだまだ観劇は続きます。
でもそろそろ
今年のベストを考えるころだなぁ。

9月の読書

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4278ページ
ナイス数:14ナイス

思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)
読了日:9月30日 著者:谷瑞恵
ツナグ (新潮文庫)ツナグ (新潮文庫)
読了日:9月27日 著者:辻村深月
新緑色のスクールバス: 杉原爽香<40歳の冬> (光文社文庫)新緑色のスクールバス: 杉原爽香<40歳の冬> (光文社文庫)感想
秋の風物詩となった感のある杉原爽香シリーズ。26作目。毎回毎回事件に巻き込まれるけれど、今回は傷害事件はあるものの誰も死なない穏やかな展開。相変わらず爽香、狙われますけど。ただ、昭男!お前は一体…なんというか懲りない男だな、と思ってしまう。主要な登場人物も少し登場し、1作目からのファンとしては嬉しい。でもこれからも爽香の苦労は絶えないのだろうなぁ。
読了日:9月25日 著者:赤川次郎
ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~ (平塚おんな探偵の事件簿 1)ライオンの棲む街 ~平塚おんな探偵の事件簿1~ (平塚おんな探偵の事件簿 1)
読了日:9月23日 著者:東川篤哉
たいせつなこと (ほんやく絵本)たいせつなこと (ほんやく絵本)
読了日:9月21日 著者:マーガレット・ワイズブラウン
にんにん忍ふう: 少年忍者の捕物帖 (光文社時代小説文庫)にんにん忍ふう: 少年忍者の捕物帖 (光文社時代小説文庫)
読了日:9月20日 著者:高橋由太
みんなのうた (角川文庫)みんなのうた (角川文庫)
読了日:9月18日 著者:重松清
タンタンの事件ファイル2 横須賀「鈴木さん」殺人事件 (小学館文庫)タンタンの事件ファイル2 横須賀「鈴木さん」殺人事件 (小学館文庫)感想
前作に続き、 数多くのボケを織り込みながら それでも本格的な推理を見せてくれる シリーズ第2作。 今回もそこそこ面白く読めました。 ただ前回もそうだけど、 同じ苗字で事件を扱うとなると 結構難しいなぁ、という印象。 しかし、きっと次は 日本で3番目に多い「高橋さん」が 殺人事件に巻き込まれるのではないか、と。 そう思ってるんですが、どうでしょう。
読了日:9月16日 著者:鯨統一郎
タンタンの事件ファイル 横浜「佐藤さん」殺人事件 (小学館文庫)タンタンの事件ファイル 横浜「佐藤さん」殺人事件 (小学館文庫)
読了日:9月14日 著者:鯨統一郎
ぬるい毒ぬるい毒感想
舞台化のために予習。正直合わなかった。登場人物すべてに嫌悪感。ここまでいやになる作品はないなぁ。それが逆に言うと本谷さんの凄さなのかもしれない。この得体のしれない作品をどう舞台化するのか。同じように嫌悪感を持たせられたらある意味成功なのかも。
読了日:9月12日 著者:本谷有希子
演劇ぶっく 2013年 10月号 [雑誌]演劇ぶっく 2013年 10月号 [雑誌]
読了日:9月11日 著者:
ダ・ヴィンチ 2013年 10月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2013年 10月号 [雑誌]感想
百田さん特集。実はまだ1冊も百田さんの小説を読んでいないっていう。やはり今流行だからというわけではないんだけど、1冊くらいは読んでおかないと、読書家の名が廃る。でもなかなか手が出せないのは何故なんだろう。
読了日:9月10日 著者:
化学探偵Mr.キュリー (中公文庫)化学探偵Mr.キュリー (中公文庫)
読了日:9月9日 著者:喜多喜久
猫弁と指輪物語猫弁と指輪物語
読了日:9月7日 著者:大山淳子
増山超能力師事務所増山超能力師事務所
読了日:9月5日 著者:誉田哲也
人外境ロマンス (単行本)人外境ロマンス (単行本)
読了日:9月4日 著者:北山猛邦
猫弁と透明人間 (講談社文庫)猫弁と透明人間 (講談社文庫)感想
前作が面白かったので 速攻で2作目も。 百瀬と大福の恋も順調かと思いきや、 強大な敵がいて… まぁ、今回は 透明人間との戦いなんだけど、 結局このバトルよりも 百瀬大福の恋模様の方が気になったなぁ。 透明人間とタイトルにする割には ちょっと弱い気もした。 登場人物も多い割には 軽く扱われているような気もしたけど、 まぁ、面白かったからいいけど。
読了日:9月3日 著者:大山淳子
シアターガイド 2013年 10月号 [雑誌]シアターガイド 2013年 10月号 [雑誌]
読了日:9月2日 著者:

読書メーター


9月はまぁまぁ読めたほう?
猫弁面白かった。
4作目も出てることだし、
早く読もう。
積読本がどんどん増えていく。
早く片付けて
新しい本も探さなきゃ。

9月計 14冊
合計  95冊

100冊まであとわずか!

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。