プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居酒屋ぼったくり(2)   ~秋川 滝美~


スポンサーサイト

坂元ですが?(1)   ~佐野 菜見~


笑う20世紀 (黄)   ~藤井 青銅~

waraukiiro.png

笑う20世紀 (赤)   ~藤井 青銅~


DisneyFAN 2015年1月号



クリスマス関連の記事が目白押し。
いやぁ、やっぱり楽しい。
見るだけでも楽しいけど、
ガイド本として持って行くのもいいかも。
特にグッズ関連はね。

とりあえずこの3連休で行ってきたんですが、
やはり楽しすぎた。
12月にはなぜかまた行ってまいります。

muro式.8 2,3,5,7,11,13,17


笑う20世紀 (青)   ~藤井 青銅~


紫式部ダイアリー 


馬車道「斉藤さん」殺人事件   ~鯨 統一郎~



佐藤さん、鈴木さんと続いて今度は高橋さんかと思いきや、斉藤さん。
殺人事件なのに、重く感じないのは
タンタンの3人の掛け合いのせいか。
ただ、狙い過ぎている感もありでした。
まぁ、そのふざけ具合が本筋を追うのに
いいアクセントになってはいますが、
軽く感じられてしまうかも。
マリンが未成年らしくないのがね(笑)
結局勝山とはどうなったんだ?マリン??
あと、悪霊という凄い苗字を持つ女性が登場したのに
その扱いが雑だな、と思ったら
最後の最後で大活躍。
犯人はすぐにわかるけれど、
彼の作品はそこよりも
そこに至るまでの過程が面白いのです。

鯨さんのこのシリーズは好き。
ヤクドシトリオのように
時々古い芸能ネタなんかがぶち込まれることもあり、
油断ができません。

3時のアッコちゃん   ~柚木 麻子~



ランチのアッコちゃんに続く第2弾。

面白かったけど、4編中2編しかアッコさんは活躍してないんだよね。
前作もそうだったけど、
アッコさんらしき人がいるという描写だけで。
でもそれでも強烈なインパクトを与えてますけど。

アッコさんのバイタリティはすごい。
決して真似はできないけど、
考え方は変えられるかな。
前向きにやって行こうと思える作品。
スムージーに挑戦しようか(笑)

完再編の後半2作。
この前阪急梅田駅に降り立ったので
同じような気持ち感じました(笑)
ほんと道に迷うわ。あそこ

純喫茶「一服堂」の四季   ~東川 篤哉~


下町和菓子栗丸堂(1)   ~似鳥 航一~


野田ともうします。(6)   ~柘植 文~


野田ともうします(5)   ~柘植 文~



世界遺産登録を狙う富岡製紙場ネタもあり、
実際にこの後世界遺産になるとはね。

テレビでやってたネタも登場してて思い出しながら読んだ。
キャストと漫画の登場人物が見事なくらいぴったり。
その話も面白かったですよ。

特にお気に入りは
やはり手影絵サークルの部長・副部長コンビだな。
重松さんもいいけど。
あぁ。亀田さんも…。
まぁ、亀田さんはテレビ版キャストが池谷さんだからだろうけど。

6巻目も楽しみ

34歳無職さん(5)   ~いけだたかし~



1年間の無職生活も折り返し。
娘とのお泊りも実現。
女友達との飲み会。
少しずつ社会復帰する準備はできてきた。
でも1年も無職で過ごしたら、
あぁ、自分だったらまず堕落していくな。
それでも無職さんは日々ちゃんと日常生活を送ってる。
それだけでも偉いんじゃないかい?
これからどうなるんだ。

一人部屋でプリキュア踊る娘さんが切ないよな。

演劇ぶっく 2014年12月号


ダ・ヴィンチ2014年12月号


野田ともうします(4)   ~柘植 文~


キャロリング   ~有川 浩~



テレビドラマの原作にもなってます。
有川さんの新作ですが、
書かれたのは2年ほど前のようですね。
舞台化もされているということなので
そちらが先にあったんだろうな、と。

恋愛に家族にそしてハードボイルドまで。
有川さんにしてはてんこ盛りな感じですが、
すべて上手く片付いた、って感じですかね。
安にハッピーエンドにしなかった点も良かったし、
これからの二人に含みを持たせて終わらせたのも良かった。
最後はホロッときたなぁ。まぁそのあたりも有川さんらしい上手さでした。

シアターガイド 2014年12月号



紫式部ダイアリー出演の斉藤由貴×長澤まさみの対談が良い。
斉藤由貴と言えばスケバン刑事の頃から見てたけど、
いい女優さんになったなぁ。
シリアスもコメディもなんでもこなせる。
生斉藤由貴は初めてなので楽しみ。

10月の読書

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2477ページ
ナイス数:36ナイス

幸せのコイン (中公文庫)幸せのコイン (中公文庫)
読了日:10月31日 著者:鯨統一郎
野田ともうします。(3) (ワイドKC Kiss)野田ともうします。(3) (ワイドKC Kiss)
読了日:10月29日 著者:柘植文
探偵が腕貫を外すとき探偵が腕貫を外すとき
読了日:10月27日 著者:西澤保彦
Disney FAN (ディズニーファン) 2014年 12月号 [雑誌]Disney FAN (ディズニーファン) 2014年 12月号 [雑誌]感想
クリスマスグッズ特集。もちろん、まだハロウィン開催中なのでクリスマスファンタジーもクリスマスウィッシュも昨年の画像。しかし11月に入ればすぐにクリスマスイベント。11月の3連休で両パーク行くので今から楽しみ。今号の読者ファンはチップとデールのグッズ収集家の男性。男性が登場するとなんかほっとする(笑)最近はプルートが外され、チップとデールが推され気味なのがプルート好きには悲しいのですが…。もうしばらくこの雑誌で我慢しておこう。
読了日:10月25日 著者:
いいなりゴハン 2 (ヤングジャンプコミックス)いいなりゴハン 2 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:10月22日 著者:森繁拓真
きのう何食べた?(9) (モーニング KC)きのう何食べた?(9) (モーニング KC)
読了日:10月20日 著者:よしながふみ
夕焼けの詩 62 (ビッグコミックス)夕焼けの詩 62 (ビッグコミックス)
読了日:10月18日 著者:西岸良平
アイネクライネナハトムジークアイネクライネナハトムジーク
読了日:10月16日 著者:伊坂幸太郎
居酒屋ぼったくり居酒屋ぼったくり
読了日:10月14日 著者:秋川滝美
野田ともうします。(2) (ワイドKC Kiss)野田ともうします。(2) (ワイドKC Kiss)感想
第2巻も面白かった。テレビ版では斉木さんがやってた円周率おじさん初登場。これ好きだったなぁ。あと話間にあるちょっとしたつぶやき?タンブルウィードとか。あと野田さんの下の名前今頃自分も確認しました(笑)
読了日:10月12日 著者:柘植文
野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)感想
テレビ版を見てのようやく漫画。いやぁ、野田さん好きだわ。この独特の存在感。何とも言えません。テレビ実写版も見事にこのキャラクターに近い人たちを選んでいるなぁ、と感心。テレビ版第4シーズンやらないかな。
読了日:10月10日 著者:柘植文
オペラ座の美女 女子大生桜川東子(さくらがわはるこ)の推理オペラ座の美女 女子大生桜川東子(さくらがわはるこ)の推理感想
事件の解決もいいんだけど、そこまでに至るやり取りが好きです。今回はレコ大特集。80年代くらいからは分かるけど、それ以前がよく分からないけれど、このくだらなさが好き。ただ、話が進むにつれて前置きが短くなっていったような?まぁ本編を楽しまなきゃいけないんだけど、本編もあっさりしすぎかな。オペラを知らないので(題材になったオペラのタイトルは分かるけど)少し入り込めなかったか。強引な展開はいつも通りだけど…。その強引さも楽しむには知識が少なすぎた。ビールの薀蓄は良かった。読了後無性にビールが飲みたくなった。
読了日:10月8日 著者:鯨統一郎
ダ・ヴィンチ 2014年 11月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2014年 11月号 [雑誌]感想
ムーミン特集。原画が怖い。でも本当はこんな話だったと聞いたことがある。日本のアニメが日本人好みに作られていると。原作者も最初のムーミンには難色を示したとか。まぁ、そんなことはどうでもいいけど、個人的には岸田今日子さんが声をやってた初期のムーミンの方が好きですが、原作者の意向でもう放送でいないらしいし、もったいないなぁ。
読了日:10月6日 著者:
ハイキュー!! 13 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 13 (ジャンプコミックス)感想
表紙から澤村大活躍の巻なのだろうと推測したのだけど、派手さはないけど、さすがキャプテン。単細胞&お祭り野郎どもをしっかりフォローしています。高校生離れしているのはやはりこの澤村なのかもしれない。東峰は見かけは大人だけど、中身はナイーブな少年だからね。でもまさか、最後の最後で…どうなる?コミック派としては次の巻が出るまで不安が続きますねぇ。あっ、今巻ではスガさんも登場、セットアップもやってたので個人的には満足。潔子さんにお叱りをいただこうとするM気質の田中&西谷に爆笑。そして次から次に出てくるチームが濃い。
読了日:10月4日 著者:古舘春一
シアターガイド 2014年 11月号 [雑誌]シアターガイド 2014年 11月号 [雑誌]
読了日:10月2日 著者:

読書メーター


10月計  5冊
  合計 75冊

今年は 100冊さえ超えませんね、これじゃ。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。