プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼灯の冷徹(17)   ~江口 夏実~


スポンサーサイト

Disney FAN 2015年4月号


喫茶店タレーランの事件簿(4)   ~岡崎 琢磨~


少年探偵   ~小路 幸也~


幻想探偵社   ~堀川 アサコ~


東京ディズニーランド&シーお得技ベストセレクションminiを追加



何度も行ってはいるものの、
実はそこまで深く楽しんでいなかったディズニー。
この裏ワザ本を持って奥の奥まで深いところまで楽しめたら、いいなぁ。

ディズニーファンの中でも有名な
吉田さん監修です。

ダ・ヴィンチ2015年3月号



このマンガ大賞で知ったマンガもたくさんある。
今月号でまた新しい面白そうなマンガに出会えそうな予感。
とりあえずニーチェ先生に手を出したい。

みんなの少年探偵団   ~アンソロジー~



少年探偵団シリーズは復刻版をしばらく読んでいたけど、
ちょっと遠ざかってました。
このアンソロジーを機にもう一回読んでみようか。

個人的には万城目さんの作品が好き。
明智小五郎と怪人二十面相の誕生秘話っぽくてわくわくしながら読んだ。

他の作品も面白かったんだけど、
小路さんの作品だけはもやもや感。
どうしてそうなったの?っておもいませんか?

向井さんは初読みの作家さんでしたが、一番少年探偵団っぽいお話でした。

これから少年探偵の作品がまだまだ登場する予定みたいですが、
全部読めるかな。

ラストワルツ   ~柳 広司~


シアターガイド 2015年3月号



表紙に登場の「いやおうなしに」は
下品で下世話な感じがしたけど、
めちゃくちゃ面白かった。
きれいさを求めたらダメな舞台。
愛すべきダメ人間たちの愛すべき物語。
キョンキョンが相変わらず美しく、
最後のピンヒールは素晴らしいの一言。

1月の読書

2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3063ページ
ナイス数:111ナイス

ホリデー・インホリデー・イン
読了日:1月27日 著者:坂木司
Disney FAN (ディズニーファン) 2015年 03月号Disney FAN (ディズニーファン) 2015年 03月号
読了日:1月25日 著者:
ジンリキシャングリラジンリキシャングリラ
読了日:1月22日 著者:山本幸久
夏服少女からの伝言 午前0時のラジオ局 (PHP文芸文庫)夏服少女からの伝言 午前0時のラジオ局 (PHP文芸文庫)感想
前回よりさらにホラー感が増したような気もするけど、今回も何かほっこりしましたな。まだまだシリーズ続けて欲しい。それからどうなったの?って続きが気になる話もあるし。そういえば、あおいさんあまり登場しませんでしたね~。残念。そして、朴念仁の優君。鈍すぎますな。
読了日:1月20日 著者:村山仁志
ひかりの魔女ひかりの魔女
読了日:1月17日 著者:山本甲士
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)感想
太宰太宰太宰でしたね。実は太宰治をまともに読んだことがないのです。読んでみようかな。しかし、この作品を読むと、古書好きって危ない人が多いのかな、と思ってしまいますね。やはりラスボスは智恵子さんのような気がする。彼女が裏ですべて糸を引いてるような、そんな気がしてなりません。栞子さんと五浦の恋の行方も気になりますが、栞子さんも古書のことになると人が変わるからな。ちょっと付き合うのは、大変そうだ。
読了日:1月15日 著者:三上延
探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて感想
有紗が生意気なんだけど、自分の推理を良太に横取り(?)された時の様子がかわいらしい。蹴りを入れるとこなんかは、以前黒の女教師ってドラマでもやってたな。あっちは回し蹴りだったけど。嫌いじゃない。
読了日:1月13日 著者:東川篤哉
演劇ぶっく 2015年 02 月号 [雑誌]演劇ぶっく 2015年 02 月号 [雑誌]
読了日:1月12日 著者:
ウィンター・ホリデー (文春文庫)ウィンター・ホリデー (文春文庫)
読了日:1月11日 著者:坂木司
お江戸、にゃんころり 神田もののけ猫語り (角川文庫)お江戸、にゃんころり 神田もののけ猫語り (角川文庫)感想
このシリーズも三作目。 ぽんぽこと白額虎の半人前妖怪が 死神のお手伝い。 でも、 正直、 このぽんぽこシリーズは 前作までの相馬とのシリーズの方が面白かったっていうか、 ぽんぽこの存在感が 前シリーズまでのそれに比べると弱いわなぁ、と。 悪くはないんだけど、 ぽんぽこでなくてもいい内容だと思う。 話は死に近い人間(時には猫)が死ぬ前に会いたい人に 会わせる死神というスタンスなので。
読了日:1月9日 著者:高橋由太
生きるぼくら生きるぼくら
読了日:1月8日 著者:原田マハ
春、戻る春、戻る
読了日:1月6日 著者:瀬尾まいこ
ダ・ヴィンチ 2015年 02月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2015年 02月号 [雑誌]感想
他人の本棚って気になりますね。でも今回登場した方々は一般の人というよりクリエイティブな仕事をされてる方が多かったので、そのセンスの良さだけが目立ってしまいました。一般の家庭の本棚ってどうなんだろう?そちらの方が参考になるかなぁ、って感じです。
読了日:1月4日 著者:
シアターガイド  2005年2月号シアターガイド  2005年2月号
読了日:1月2日 著者:

読書メーター


1月計  10冊
合計   10冊

こんなものかな。
もっと読めたと思うんだけど。
まぁ、良しとしよう。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。