FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

最後の息子     ~吉田 修一~

lastson.jpg


爽快感200%、とってもキュートな青春小説!!という触れ込みですが・・・。

どこが?と聞きたくなるくらい爽快感はありません。
キュートでもありません。
割と重いです。

最後の息子
破片
Water       の3作品が収められてます。

最後の息子と破片は芥川賞候補らしいですが、
やはり芥川賞候補になるだけあって・・・・

もちろん主人公の微妙な心理の描き方はものすごく
上手いなぁ~と認めざるをえないんだけど、
そこに爽快感はないし、正直読後感は・・・疲れた、の一言です。

唯一「Water」には高校生最後の夏、部活に燃える高校生の爽快感が
感じ取れるんだけど。
ただ、内容よりも細かい部分で???が多かったです。
水泳部を舞台にしてるんだけど、
水泳部の3年生の最後の大会は高校総体。
高校総体は全国でも8月には終わっちゃうし、
県大会なんて5~6月には終わってしまう。
なのに、今作品では9月に県大会が開かれてます・・・。
そして、普通は予選決勝は同一日に行われるのが常識なのに、
それさえも分かってない。
世界大会では予選準決勝、翌日に決勝を持ってきてるけど、
それもここ最近のことだし。
高校生レベルの大会では同一日実施がすべてです。

何だか、取材が上手くできてないなぁ~、と思いました。

今月は吉田修一月間にする予定でしたが、
ここで挫折してしまいそうです。

ただ、

「苦しみにも2通りあって、それは、認めてもらえない者と、
 認めなければならない者とが、それぞれ1つずつ持っているのだろうと思う」 

という表現にはそうだよなぁ~、と妙に納得してしまいました。

あ、表題作「最後の息子」にはまったく触れてませんが・・・
結局上の一言を伝えたかったんじゃないかと思う。

吉田修一は読み手を選ぶ作家だなぁ、と改めて思いました。
しかし、やっぱり読んでやる!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/115-cd93caed

吉田修一【最後の息子】

著者は長崎のご出身だそうで、たぶん本の中の方言も長崎弁なのでしょう。この本には、【最後の息子】【破片】【Water】の3編がおさめられていて、【破片】と【Water】は長崎弁が満開。これがなかなかいい感じです。【Water】は、高校最後の大会に挑む水...
2006-05-26 10:11 | ぱんどら日記

 | ホーム |