プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺意は必ず三度ある   ~東川 篤哉~

satsuisando.jpg

なかなかこの作品見つけることはできなかったんですよね。
でも、「謎解きはディナーの後で」が本屋大賞を受賞したせいか、
初版から5年ぶりに増刷がされ、
なおかつ新しい装丁で世に出ることになりました。
でも、自分はなぜか旧装丁のほうを手に入れました。
まぁ、これはこちでいいんですけど。

さて、この作品は「鯉ヶ窪学園シリーズ」の第2作目。
先に第3作目である「放課後はミステリーとともに」を読んでいるんだよね。
まぁ、第2作目までと第3作目は登場人物がまったく違うので
話のつながりもないし、大丈夫なんですけど。
次作では部長・副部長とも共に活躍してほしいですね。
でも、もしかして時間軸が違ってたりして。

で、この作品。
殺人事件が2件未遂が1件起こるのに
なぜかのんびりした印象を受けてしまうのは
そこかしこにおかれているギャグだったりユーモアだったりの
せいかもしれません。
凄惨なシーンでも3馬鹿トリオのおかげで
かなり和まされます。
トリックは奇想天外というか、
そんなトリックを考え出したのか・・・と。
東川さんのトリックはこちらの想像を大きく超えているので
(壮大すぎるというか、無茶すぎるというか)
なかなか見抜けないですね。

野球の見立て殺人もなるほど、と思わせる部分もあったし、
やはり今一番目が離せない作家さんですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/1354-1a99c9e4

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。