FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

風が吹けば   ~加藤 実秋~

kazegahukeba.jpg

インディゴシリーズで人気のある加藤さんのこの作品。
インディゴ好きにはどう映るのか?

この作品、分かる人と分からない人の差が大きいような気がするなぁ。

タイムスリップ物です。
イマドキ高校生の健太がタイムスリップして1984年に行き、
そこで出会った人たちとの出会いを通して
成長する物語。
まぁ、よくある話なんですけど、
タイムスリップした時代が1984年。
懐かしすぎる。
1984年といえば、16歳。
健太たちは17歳。
一つしか違わない。
だから、ここで描かれている
例えば男女の服装であるとか、髪型であるとか、
流行物であるとか、歌だとか、風俗だとか、
もう、すべて、すべて懐かしすぎて、
本編よりもそっちに気が向いてしまいましたよ。

章毎のタイトルが
「前略、道の上より」(一世風靡セピア)とか「青春のいじわる」(菊池桃子)とか
「少女人形」(伊藤つかさ)とかスネークマンショーに「ハイティーンブギ」とか
ちょっとマイナーなところが入ってたりするとこもツボ。

この時代、ちょっとしたことでいきがって、熱くて、暑苦しくて
ノスタルジックな気分に浸れた1冊でした。

最後のシーン。
タイムスリップ先で世話してくれた久保田君との
現代での再会。
ぐっと来たね。
あの後どんな話しをしたんだろう。気になるね。
それと結局ちょっとだけ未来が変わってしまっているんだけど、
それは問題なしなのだろうか・・・。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/1468-db8ece84

 | ホーム |