プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏草~夜明けを待ちながら~   ~G&Gアクターズファクトリー~

natsukusa.jpg

雪の降る田舎の居酒屋。集まった戦隊ヒーローファンたち。
現れない主催者。残された謎のメッセージ。 
ただのオフ会のはずだった。
だがハチャメチャな騒ぎは、
夜明けを待つ間にそれぞれの心に秘めた傷を曝け出し、
優しく癒していった――。

とあるサイトでこの作品が酷評されていたので
(それを観劇する直前に見てしまった・・・)
ものすごく不安。
しかも初めて観る劇団なので
さらに不安が募る。
オープニングからの暗転明けで
その不安が的中か、と思わせる展開。
楽屋で飴くってた、とか台詞なのか、アドリブなのか、
いや、楽屋落ちはまずいだろ?
まさかこれで笑いを取ろうと?
なんかスーッと引いていく自分が・・。

しかし、徐々に徐々にその思いが消えていきます。
2時間ちょっとの舞台だったのに、
あっという間にしか感じられなかったのは、
それだけ集中できたってことなんでしょうね。

ところどころ、寒いなぁ、と言う台詞やギャグもある。
でも、良かった。
ほっかりした。

ビッグハウスさんの言葉が印象的でした。
自分が思っていることと
まったく同じことだったので。
それを聴いただけでも
この作品を観てよかったなぁ、と。

それと驚きだったのは、
パンフレットを見ながらキャストの紹介を読んでいると
出演作に「紅白歌合戦等歌番組多数」
誰だよ、と思ったら
柳沢超・・・
元ジャニーズ事務所所属、忍者のメンバー。
あまりにも懐かしくて・・・。
しかも44歳なのに
44歳に見えない、若さ。
35歳くらいの設定の役でしたが
20代かと思わせるような。。。
まぁ舞台だからということを差し引いても・・・。
いやぁ、凄いな。

それも感動の一因だったのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/1512-c43275b9

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。