プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖   ~三上 延~

bibria1.jpg

ちょっと表紙がね・・・
それにメディアワークス文庫だし、
内容は、どうなんだろう?とずっと思ってた本です。
妖しげな本だったりするとなぁ、
でも古書店が舞台らしいし、
なんて思いつつ、迷っていると
2巻目も出版されたとか。
ということは
相当面白いんだろう、
読書メーターでも、かなりの人が読んでいるし・・・。

ということでようやく手にしたこの本。

もう、早くから読んどけば良かったという後悔が。
とにかく面白い。
まったく本が読めない体質の五浦と
本のことになると饒舌になる栞子の関係もさることながら
1冊の古本を巡る数々の物語が
とても面白かった。

1冊の本や、その周りのことをちょっと知るだけで
そこに隠されたものを見事に言い当てる栞子っていったい・・
新しいタイプの安楽椅子探偵ですかね?
ずっと病院にいるので
五浦の話だけで謎を解読していく様は
凄いという一言だけですが、
本から離れてしまうと途端に、おとなしい女性になってしまう
その変化にもやられます。

古本にまつわる薀蓄も凄く
ここに書かれている作品も読んでみたいという気持ちになりますね。

しかし、本は好きでも、本を読めない体質って
本好きからすると
とても耐えられないような体質なんだけど、
話が進んでいくと
五浦も本を読めるようになっていくんでしょうか?
そうなっていくといいなぁ、と思いますね。
読書が好きな人間からすると。

次は2巻目読みますよ。
退院した栞子と五浦の関係ももちろん、
どんな古本が出てきて
それにまつわるどんな話が読めるのか、楽しみですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/1518-f39da710

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。