プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くちびるに歌を   ~中田 永一~

kuchibiru.jpg

これは・・・
めちゃくちゃ感動作でした。

NHK合唱コンクールを目指す長崎の五島列島のある中学校合唱部。
顧問が産休に入り、代わりの顧問が着く。
これがまたきれいな女の先生で
それまで女子しかいなかった合唱部に男子が入部する。
それがいざこざの原因になり、
コンクール出場が危ぶまれたり、
目立たない男の子が一躍ヒーローになったり、
中学生の恋愛もしっかり描かれ
盛りだくさんなのだけど、
やはり、圧巻はコンクール。
緊張感に押しつぶされそうになりながら
色んな問題が起こりながら
最後までしっかり唄いきった彼ら彼女達。

なぜここまで感動できたのか。
それは、自分も中学生のころ
この合唱コンクールに市の代表として
県大会に出場したことがあるからなんですね。
3年生のナツヤスミ。
このコンクールのために夏休みをつぶしながら
宿題に追われながら
受験のことを考えながら
練習に励んでいたころを思い出しました。

緊張しているのに、練習で唄い始めると
すっと落ち着く。
その感覚を自分も味わっているので
ここに登場する中学生達の気持ちが痛いほど分かりました。
もう四半世紀も前の話なのに。

最後、自閉症のため会場で聴けなかった兄のために
始めた3人だけの合唱が
周りのコンクールに参加していた生徒達も
一緒になって大きな合唱になっていくのは
鳥肌物でした。

これはぜひ、読んでほしい一冊です。

スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
まさに青春!でしたね~。
みんなの悩みがほほえましく感じました。
す~さんも出場されたことがあるんですね。
私は母が小学生の時に、弟が高校生の時に出ていて、テレビでも生でも見たことがありました。
歌声が素晴らしくて何度鳥肌が立ったかわかりません。
最後のお兄さんのためにみんなが歌うシーンがとても素敵でした。
2012-02-09 09:09 苗坊 #- URL [ 編集 ]

>苗坊さん

こんばんは。
中学生のほのぼのとした感じが良かったですね。
中3の夏に出場しました。
県大会止まりでしたけど。
それでもあの舞台に立ったことがあるから
この話にもすっと入り込んでいけたのかな、と思いますね。
2012-02-16 22:55 す~さん #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/1576-27564cf6

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。