FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

コンビニ・ララバイ      ~池永 陽~

convienience.jpg


全7話からなる短編集。
舞台はミユキマートというコンビニエンスストア。
オーナーの幹郎は息子と妻を立て続けに亡くし、
経営にもやる気が見られない。
息子を亡くした後、妻と一緒に始めようとしたコンビニ。
しかし、その妻も息子の後を追うように事故で死んでしまった。
もしかしたら自殺だったのかもしれない。
自分は息子と妻にとっていい父親でもいい夫でもなかった。
そんな後悔を胸に抱きながら、毎日を無気力に近い状態で
生きていく幹郎。
そしてそのコンビニで様々な人間模様が描かれていく。

正直全7話とも切ない話しだった。
一見誰も幸せに見えない、この後に救いがあるのかどうかも
見出せないほど
切ない話しばかりでした。
だからといって切なさだけが胸に残るのではなく、
そこから暖かさも感じることのできる
不思議な小説でした。

解説に「重松清と浅田次郎を足してような小説だ」とあるが、
それはちょっと大げさかもしれないけど、
確かにそうも思わせる。

また一人、お気に入りの作家が見つかりました・・・。

TBさせていただいたブログ
ほんだらけ
苗坊の読書日記
スポンサーサイト



コメント

す~さん、こんばんわ
読み終わった後、心に何かが残ったような…そんな作品でした。
そして私も早速「走るジイサン」(だったかな)を購入してしまいました。
てへへ。
2006-08-23 00:31 uririn #- URL編集 ]

>uririnさん

そうなんです。
いい作家です。
「走るジイサン」は全然違うタイプの小説みたいですが、
自分も早く読んでみたいです。
2006-08-28 21:24 す~さん #- URL編集 ]

こんにちは。

TBとコメントありがとうございました^^
池永さんの作品は初めてでした。
素敵な話でしたね。心に残ります。
他作品も気になりますね。
早速図書館で探して見ます^^
2006-09-23 09:10 苗坊 #- URL編集 ]

>苗坊さん

他の作品もまだよんでないんですけど、
他の作品も読みたくなる作家さんです。
切ないけど、不器用だけど、
そんな行き方しかできない人たちの
でも心温まる話しでしたね。
2006-09-24 13:33 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/160-a5571e5f

コンビニ・ララバイ 池永陽

コンビニ・ララバイ小さな町の小さなコンビニ、ミユキマート。オーナーの幹郎は妻子を事故で亡くし、幸せにできなかったことを悔やんでいた。店には、同じように悩みや悲しみを抱えた人が集まってくる。堅気の女性に惚れてしまったヤクザ、声を失った女優の卵、恋人....
2006-09-23 09:08 | 苗坊の読書日記

『コンビニ・ララバイ』池永陽

コンビニ・ララバイ池永 陽 2005年 集英社文庫 P.329★★★★★一人息子を失って、精神的に参っていた妻の有紀美を家に一人で放っておくわけにはいかなかった。できれば一日中そばについていてやりたかった。……本当は小さなコーヒー専門店でもひっそりとやりた
2006-08-22 23:17 | ほんだらけ

 | ホーム |