FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京バンドワゴン   ~小路 幸也~

tokyobandwagon.jpg


下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。
ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を
解決する。
おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。

そんな話し。

とにかく登場人物が多い。
そしてそれぞれが活躍したり、問題を起こしたりするので
感覚が開いてしまうと
どんな話だったかわからなくなってしまいます。
それはこちらの理解力の乏しさのせいかもしれませんが。

語り手は
もう他界してしまっているおばあちゃん。
彼女の夫が一家の大黒柱で
その息子と(モデルは内田裕也さんですか?)
孫3人、孫の嫁そしてひ孫が2人の大所帯。
そこにもう一人の孫の婚約者。
多すぎますよ。
語り手のおばあちゃんも戸惑ってるんじゃない?
ただ、一人ひとりの性格付けはしっかりしているので
読み手にも混乱は起こりませんけどね。

この一家に大小さまざまな問題が持ち込まれ、
といっても家族の仲が壊れるような問題じゃなく、
周りの問題なんだけど、
なぜかそれをこの一家が解決していっちゃう、そんな話です。

読み進めていって
何故だか懐かしい、そんな感じを持ちました。
うちは3世代同居の家だったから
そう感じたのかもしれません。
ノスタルジックな感慨にふけることの出来る一冊でした。

物語自体は
語りがおばあちゃんだからか、
柔らかい感じで
ものすごく読みやすいものでした。
そこへんに好き嫌いがでるかもしれませんが。

孫の名前が 藍子 紺 青 というのも筆者のこだわりでしょうか?
すべて青系統の色でまとめられているとこがなんか、いいですよね。

TBさせていただいたブログ
rocketbooks
ひなたでゆるり
日々読書2006
活字中毒日記
ナナメモ
どこまで行ったらお茶の時間
+ ChiekoaLibrary +
本を読んだら・・・by ゆうき
+++ こんな一冊 +++
読書記録
まったり読書日記
本のある生活
本を読む女。改訂版
モンガの独り言
スポンサーサイト

コメント

す~さん、こんばんは。
食事シーン、誰が話しているのか全然わからないけど
混沌としていて、楽しい雰囲気が出ていて好きでした。
大勢での食事ってそれだけでおいしいですよね。
2006-09-03 21:21 なな #- URL編集 ]

>ななさん

そうですそうです
食事のシーンはほんとこんがらがりました。
でも大家族の食事ってあんな感じなんだよなぁ~って
懐かしく思いました。
そしておいしかったですよね~。
2006-09-03 21:37 す~さん #- URL編集 ]

現在一人暮らしの私には、とってもまぶしい光景でございました!一人のご飯って、本を読みながらなんで(お行儀悪いわ~)、こんなふうなのにはあこがれちゃいます…!
2006-09-04 11:43 chiekoa #- URL編集 ]

す~さん、こんにちは。
昭和の薫りがする、とても温かいホームドラマでしたね。
私も大好きです。
続編にも期待したいです。ドラマ化も(はぁと)。
2006-09-04 11:45 七生子 #EBUSheBA URL編集 ]

す~さん、こんにちは。
ほのぼのとした温かい作品でしたよね。
今までの小路さんの作品とはちょっと違ってまた楽しめました。
是非映像化して欲しいなぁ、なんて思っています。
2006-09-04 13:32 リサ #yl2HcnkM URL編集 ]

す~さん、こんばんは。
この本、本屋に行くといまだに目立つところにずらっと並んでたりして、売れ続けてるって感じです。
こういう本が、そうやってベストセラーになっていってくれると、なんだか嬉しいですね。
だからといって、こっちに印税が入ってくるわけでもないんですけど(笑)
2006-09-04 19:18 rocket #3fIBvpkA URL編集 ]

>chiekoaさん

分かります。
自分も一人暮らし。
昔は大勢で食べていたので、本を読んで
久しぶりに家族大勢で食事をしたいと思ってしまいました。
2006-09-04 22:54 す~さん #- URL編集 ]

>七生子さん

昭和の薫りプンプンでした。
ほんと古き良き時代の家庭生活を描いているようで
気持ちよく読めました。
2006-09-04 22:55 す~さん #- URL編集 ]

>リサさん

まだ他の作品を読んでいないので
次の作品も読んでみたいと思います。
何かお奨めはありますか?
2006-09-04 22:56 す~さん #- URL編集 ]

>rocketさん

田舎の本屋では置いてあるところも目にしません・・。
ようやく手に入れて貪るように読んでしまいました。
色んな人に読んでもらいたいですね。
2006-09-04 22:58 す~さん #- URL編集 ]

す~さん、こんにちは!
小路さんの作品は他に2作しか読んでいないのですが、
その中で特に好きなのは『HEARTBEAT』。
是非機会がありましたら読んでみてくださいね。
そして感想聞かせてください。楽しみにしています。
2006-09-05 14:18 リサ #yl2HcnkM URL編集 ]

小路幸也

すーさん 先日はTBありがとうございました。

小路さんの作品は「HEART BEAT」で出会って ビビッときました。
でもこの「東京バンドワゴン」とは 全く作風が違うので
驚かれるかも?!
2006-09-05 23:09 ゆーらっぷ #- URL編集 ]

TBありがとうございます。

すーさんさん、こんばんは♪
遅ればせながらTBさせていただきました。
この作品、心が安らぎますよね。
続編が出そうなんで是非読みたいです。

あと、たくさんご投票いただいております新刊グランプリの第5回がもうすぐ投票期間終了となります。第6回ともどもよろしくお願いします。
2006-09-07 19:30 トラキチ #T2MU.hvo URL編集 ]

>リサさん

HEARTBEATですね。
探してみます。
読んだら感想書きますね。
2006-09-07 19:46 す~さん #- URL編集 ]

>ゆーらっぷさん

HEARTBEATですね。
ぜひ読んでみたいと思います。
作風違うんですか?
ほのぼのとした作品だっただけに
どう変わってるか楽しみです。
2006-09-07 19:48 す~さん #- URL編集 ]

>トラキチさん

続編が出るんですか?
楽しみですね~。
なかなか新刊読めないので投票できないんですけど、
読んで、気に入ったらどんどん投票します!
2006-09-07 19:49 す~さん #- URL編集 ]

TBありがとうございました♪

す~さん
こんばんは!
サチさんの語り口がとっても優しくて良かったですよね。
各話の最後の紺とサチさんの会話もなんだか微笑ましくって。
孫の名前、統一感ありますよね~
でも、私が気になったのは我南人の名前の由来・・・
どんな意味があるんだろう?
2006-09-10 00:06 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

孫の名前の統一感はいいですね~。
目立たない色で。
我南人って・・・
我は南の人ってことでしょうかね?
すごくいいお話でした。
2006-09-10 12:31 す~さん #- URL編集 ]

昭和の頃のホームドラマを見ているようでした。
こういう世界好きです。
映像化されたら楽しそうです。
思い切りセットっぽいセットが似合いそうです。
2006-10-19 21:11 june #- URL編集 ]

>juneさん

ほんと昭和のホームドラマでしたね。
映像化されたら・・・
やっぱり小林亜星は出てくるのでしょうか?
2006-10-20 22:27 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/180-a8953e9f

(書評)東京バンドワゴン

著者:小路幸也 東京バンドワゴン(2006/04)小路 幸也商品詳細を見る 下町にある喫茶店を併設した古書店・東京バンドワゴン。明治時代から続...
2008-03-29 22:25 | 新・たこの感想文

東京バンドワゴン  小路 幸也

東京バンドワゴン小路 幸也 07-22 ★★★☆☆ 【東京バンドワゴン】 小路 幸也 著  集英社 《ちょっと以前、心通い合う家族、そんな時代があった》 内容(「MARC」データベースより)下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族
2007-01-27 23:52 | モンガの独り言 読書日記通信

「東京バンドワゴン」小路幸也

東京バンドワゴン発売元: 集英社価格: ¥ 1,890発売日: 2006/04売上ランキング: 55408おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/10/25再放送を一回みたことあるきりの「寺内貫太郎一家」っぽいような、(どうでもいいけど若いころの梶芽衣子って強烈に綺麗だよな)もし
2006-11-02 00:41 | 本を読む女。改訂版

「東京バンドワゴン」小路幸也

東京バンドワゴンあちこちのブログで見かけてすごく気になってたんです。やっと読みました。勝手に音楽の話に違いないって思ってたんですが、音楽も出てくるけど(我南人さんですよ)、東京バンドワゴンという何代も続く古本屋さん(しかも今はカフェ併設!)の話でした....
2006-10-19 21:19 | 本のある生活

東京バンドワゴン 〔小路幸也〕

東京バンドワゴン≪内容≫下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。(MARCデータベースより)
2006-09-09 23:34 | まったり読書日記

<面白い>『東京バンドワゴン』 小路幸也 (集英社)

東京バンドワゴン小路 幸也 / 集英社(2006/04)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog<じーんと来る小説ではないが、あったかいホームドラマ。読書をその根底から楽しめる1冊と言えよう。>タイトルとなっている東
2006-09-07 19:04 | 活字中毒日記!

東京バンドワゴン

東京バンドワゴン小路 幸也 (2006/04)集英社 この商品の詳細を見る東京の下町、明治から続く 古書店の名前が「東京バンドワゴン」。同じ屋根の下で暮す 4世代の一家の 春 夏 秋 冬。一家を巻き込むちょっと不思議な事件
2006-09-05 23:05 | 日々読書2006

東京バンドワゴン

東京バンドワゴン/小路幸也特殊技能や能力を持った人たちのチームが活躍する話、というのが結構好きだったりして、例えば有名なところでは陽気なギャング団。もっと有名なところでは必殺な仕事人。簪だったり三味線の糸だったりで人を殺せるというのは、もう特殊技能を越え
2006-09-04 19:14 | rocketbooks

『東京バンドワゴン』小路幸也

東京バンドワゴン小路 幸也集英社2006-04by G-Tools下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。 さて、「東京バンドワゴン」と聞いて何
2006-09-04 13:30 | ひなたでゆるり

東京バンドワゴン*小路幸也

☆☆☆☆・下町で代々続く古書店「東京バンドワゴン」が物語の舞台。現在の当主でどっしりとした体格の堀田勘一を筆頭に、60歳になろうというのに未だロッカーの一人息子・我南人(がなと)、その娘で父親を明かさない子ども(
2006-09-04 12:18 | +++ こんな一冊 +++

小路幸也『東京バンドワゴン』

東京バンドワゴン小路 幸也 集英社 2006-04売り上げランキング : 12078Amazonで詳しく見る by G-Tools下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋
2006-09-04 11:41 | どこまで行ったらお茶の時間

東京バンドワゴン [小路幸也]

東京バンドワゴン小路 幸也 集英社 2006-04東京は下町にある「東京バンドワゴン」は老舗の古本屋さん。四世代の家族が営むこのお店で、春夏秋冬、もちあがる様々な騒動は…。うーん、よかったです!サザエさんみたいな大家族。あっちこっちでいろんなことがあって、基本的
2006-09-04 11:16 | + ChiekoaLibrary +

■ 東京バンドワゴン 小路幸也

東京バンドワゴン小路 幸也 集英社 2006-04by G-Tools , 2006/06/03 明治から続く老舗の古書店、そして最近では隣接するカフェも経営する、堀田家という家族の物語。懐かしく、温かく、素敵な本でした。ストーリーとしては、一応日常の謎系ミステリーの味付けがなされてい
2006-09-04 03:19 | 本を読んだら・・・by ゆうき

「東京バンドワゴン」小路幸也

東京バンドワゴン小路 幸也東京の下町、明治十八年創業の古本屋「東京バンドワゴン」で暮らす四世代の大家族。三代目店主、堀田勘一の妻堀田サチが語る1年間。すごく素敵な物語でした。勘一はどっしりとした体格。60歳のロッカー我南人。その娘で未婚の母藍子と娘の花陽
2006-09-03 21:22 | ナナメモ

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。