FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

さくら    ~西 加奈子~

sakura.jpg



う~~ん散漫、ってのが感想です。
感動できる!なんて書評があったり、周りの人間も
これ感動するよ!なんて言い合っていましたが、
正直「どこが?」って聞き返したくなるような作品でした。
いや、面白くないというわけではなくて、
ただ感動の押し売り的な売り出し方が気に入らないだけかもしれません。

結局何が言いたいのか?
これに尽きると思う。
スーパースター的な兄。
美貌の妹。
父母にしてもかっこよかったり、美人だったり、
そんな中、僕だけが普通。
でもそれでいいんだ、って・・・そうか?
普通、そんな兄がいたら憧れもあるけど、嫉妬もすごいと思うよ。
うちには兄がいるから良く分かるし、
もしうちのアニキがかっこよすぎるくらいかっこよくて
自分が普通すぎるくらい普通だったら
ある時期、絶対に嫉妬する。間違いなく。
西さん、男の子の心理分かってないのかな?

そして何故に兄を自殺に追い込ませたのか。
それまでの幸せを絵に書いたような家庭と
兄が事故に遭ってからの不幸を絵に書いたような家庭。
その対比で何を描こうとしていたのか?
そこが見えなかったです。

何があっても家族はひとつなんだよ、って言いたかったのか、
それなら兄を死なせなくても事故に遭わせるだけで十分だったような気が・・。

ゲイだとかレズだとか、この物語を進める上で
必要だったのかな、と思う。

長いだけで散漫。
もう少し、エピソードを絞って深く描いた方が
もっとよかったんじゃないかな、と思います。

TBさせていただいたブログ
本を読む女。改訂版
本を読んだら…by ゆうき
本のある生活
苗坊の読書日記
かみさまの贈りもの~読書日記~
ナナメモ
スポンサーサイト



コメント

私は、前半この理想的な家庭に嫉妬してしまい、
自分の心の狭さがいやになりましたが、
弟→兄への嫉妬は、わかる気がします。あるでしょうね・・。
反抗期とか思春期とか、こんなにきれいだったかなぁというのもあります。
2006-09-14 15:03 june #- URL編集 ]

>juneさん

絶対にありますよ!嫉妬。
自分は男3人兄弟がいるんで良く分かります。
ぜったいにこんな達観は出来ないと思うんですよね。
だからイマイチ入り込めなかったのかもしれません。
2006-09-14 22:18 す~さん #- URL編集 ]

さくら

細かい表現がうまいと思いました。でも、家族をきれいに書きすぎているので、そこは全く共感できませんでした。わざとそういう書き方をしているのか、あんまり家族というものがわかっていない人なのか・・・・・・私の友達は、何が言いたい小説なのかわかならいと言っていました。
2006-09-16 00:35 みどりこ #- URL [ 編集 ]

こんにちは。

TBとコメントありがとうございました。
散漫っていう言葉が合う作品ですよね~。
いろんな思い問題がテーマになっていますけど、それが上手くまとまっていない気がします。
泣ける。と帯で書かれていたらしいですが、そこまで感情移入は出来なかったですね。
2006-09-16 11:49 苗坊 #- URL編集 ]

こんばんは。
TBとコメントありがとうございました。
そうですね。確かに散漫な感じでした。
いいたい事をぜぇんぶ書いちゃったような・・・
一つのことを説明しすぎだと思います。
ネタは面白く読めたのですが、もっと洗練されていたら、違った印象だったのでは?と思います。
2006-09-16 23:19 ゆう #l0yaxqJ6 URL [ 編集 ]

本当に「散漫」でした。
物語の色んな断片は思い出せるのですが、
で、何がメインの物語だったんだろう?って思います。
2006-09-17 08:33 なな #lx48Me5U URL編集 ]

>みどりこさん

そうですね。
表現は上手いんですけど、
どれかひとつに絞って話しを作ってくれていたら
もっと面白くなったんじゃないかな、って思います。
2006-09-17 09:44 す~さん #- URL編集 ]

>苗坊さん

泣けなかったんですよね。
まぁ、泣くつもりで読んでいなかったんだけど。
詰め込みすぎた感ありありです。
2006-09-17 09:45 す~さん #- URL編集 ]

>ゆうさん

皆さん同じ感想なんですね~。
やはり何がいちばん言いたかったのか、って言うのが
いろんなエピソードを交えすぎて
分からなくなってたのが、イマイチだったのかなぁ~と思ってます。
惜しいんですけどね~。
2006-09-17 09:47 す~さん #- URL編集 ]

>ななさん

メインは・・・
ほんとなんだったんだろう?
家族の物語り・・・。
なたさくらの存在意義は??って感じです。
2006-09-17 09:47 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/181-49c6f4da

「さくら」西加奈子

さくら西 加奈子東京で下宿している大学生、22歳の長谷川薫。3年間家を出ていた父親から手紙が来て年末に帰省する事にした。実家に帰った薫。ぎこちない家族。薫が3歳の時、美貴が生まれたときからの長谷川家の歴史を辿ってゆく。かっこよくてみんなの注目を集める兄の
2006-09-17 08:32 | ナナメモ

さくら 西加奈子

物静かな父、美人の母、人気者の兄、風変わりの妹、そして僕の5人家族を「僕」の視線から描く。「生」と「性」がうまく融合されていて、そこから生まれる家族の和気藹々とした空気が心地よくて温かい。その中心にはいつも犬の「さくら」がいて、幸せをうまく象徴していた。
2006-09-16 23:17 | かみさまの贈りもの~読書日記~

「さくら」西加奈子

さくらおもしろいし、あたたかな優しい空気も好きなのですが、いまひとつ入り込むことができませんでした。帯によると「泣ける」らしいのですが、泣けなかったし。泣くことが目的じゃないから、それはいいんですが・・。スーパースターのような存在だった兄が、20....
2006-09-14 15:00 | 本のある生活

 | ホーム |