プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りと怪物 ウィルヴィル家の三姉妹 KERAバージョン

inoritokaibutsukera.jpg

3幕4時間ものの舞台。
まぁ、長いわ。
途中でリタイヤしてしまうんじゃなかろうか、と
思いましたが、
予想に反して
最後まで飽きることなく楽しめた舞台でした。

というよりめちゃくちゃよかったですよ。
ギリシャ悲劇を下地にしていることもあって
人がどんどん死んでいくんですが、
その不条理感が何ともいえない。
結局一番悪いのは誰なの?という印象。

第1幕はキャスト紹介の感もあって
相関関係を整理するにはちょうど良かったかな。
物語が動き出す第2幕から見もの。
そして第3幕。
結構急ぎ過ぎの感もあるけれど、
だれることなく最後まで一気でした。

ただ登場人物が多いせいか、
すべての人にスポットを当てようとしたせいか、
散漫な感じもしましたね。
もっとコンパクトにしても良かったのかな、と思いました。
特に仕立て屋の娘の話とか。

マギーとイヌコさんの夫婦の悲哀が一番胸に沁みましたね。
マギーさん、U-1グランプリの時とは違う
真面目な役回りで別の側面を見た感じがしました。
道化役の大倉さんははまり役。
峯村さんがあんまり登場しなかったのがね…残念でした。

このKERAバージョンを観た後
来年1月には蜷川バージョンを観ます。
どの役者がどの役をやるのか興味深いし、
演出が違うと物語がどう変わっていくのか、
そこも楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/1841-c181258f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。