FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前多田便利軒   ~三浦 しをん~

mahoro.jpg


直木賞おめでとうございます。
ということで読んでみました。

なんか、暗いなぁ~ってのが感想です。
天気で言えば、ずっと曇ってるって感じ。
スカッと晴れてるわけでもないし、
雨が降ってるわけでもない。
なんか降りそうで降らない、そんなもどかしい感じ。
陰気臭いというわけではないんだけど、
ずっと明るいところが見えてこなかった。

登場人物たちが何かしら心に傷を持っているから?なのだろうか?
ただ登場人物は魅力的なんですよ、ぼくにとっては。
多田も行天もルルもハイシーも。星くんも。ついでにチワワも。

話し自体は短編ものを繋ぎ合わせていった感じで
読みやすかった。
読みやすいんだけど、
それは短いからだけであって、なんというか
こうグイグイっと引き込んでいく力は
この作品では余り感じられませんでした。
短編なのに途中で休憩入れたりしたこともあったので。

最後多田と行天のシーンは予定調和ではあるけど、その部分は良かった。
結局お互いがお互いを必要としているんだろうな、というところが
伝わってきました。
あのまま何もなく終わってたらもっと不完全燃焼だったかもしれません。

直木賞?と言われれば・・・ですけど、
まぁ他の作品も読んでみたいとは思いました。

TBさせていただいたブログ
本を読む女。改訂版
+ ChiekoaLibrary +
うらひろ
まったり読書日記
活字中毒日記
苗坊の読書日記
本のある生活
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
TBありがとうございました。
多田と行天の関係がいいですね~
あと妙に印象に残っているのが、バスの運行記録を調べろというおじさん。
何で印象に残っているのかは、不明ですが・・・苦笑
また、多田と行天の出てくる話を書いて欲しいなぁと思います。
2006-09-17 12:30 エビノート #- URL編集 ]

この本の印象は確かに雨が降りそうな曇り空ですね。
多田便利軒に仕事を持ち込んでくる人達が
不幸な人ばかりだからでしょうかね?
2006-09-17 22:30 なな #lx48Me5U URL編集 ]

>エビノートさん

あのおじさんも訳わかんなかったですね~。
多田の言う通り、
普段の運行状況を調べなきゃいけないのに・・・。
でも、周りの人たちが
結構変わった人たちばかりだったのがちょっと気になりました。
2006-09-19 23:17 す~さん #- URL編集 ]

>ななさん

そういえば、不幸そうな人が多かったですね。
なんか晴天な感じがしなかったのは
多田と行天の関係もあったのかもしれません。
最後は好きなんですけどね。
2006-09-19 23:19 す~さん #- URL編集 ]

こんばんわ^^
私は、好きな作品なのに、直木賞をとったと考えると、う~んって思ってしまうんですよね。
印象が曇り空って凄くわかります。
最後はちょっと光が差してきたかな~くらい。
でも、調査中は雨か曇りってイメージですね。
2人のコンビは好きです^^
2006-09-20 00:16 苗坊 #- URL編集 ]

>苗坊さん

ぼくもあの二人は好きです。
なんかいいですよ。
何も言わなくても分かってる、みたいな感じが
これから出るといいなぁ~。
って続編希望か!?
今度は晴れ渡った話しを読みたいものです。
2006-09-20 21:40 す~さん #- URL編集 ]

あのラストは良かったですね。
これで終わりじゃないって思えてうれしかったです。
それにしても2人の微妙な関係、いいなぁと思います。
2006-11-20 22:53 june #- URL編集 ]

>juneさん

まだまだ先があるって感じでしたよね。
過去に何かあったからこその
微妙な距離感でしたね。
でも、アレはアレでいいんじゃないかと思います。
馴れ合いになられたら物語の雰囲気ぶち壊しですもんね。
2006-11-23 11:37 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/190-1a34b1bd

<オススメ>『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋)

まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん / 文藝春秋(2006/03)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog<チワワがたぐり寄せた読者の胸を熱くする究極の友情物語>だれかに必要とされるってことは、だれかの希望になるってこ
2006-09-18 19:56 | 活字中毒日記!

まほろ駅前多田便利軒 〔三浦しをん〕

まほろ駅前多田便利軒≪内容≫東京のはずれに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。今日の依頼人は何をもちこんでくるのか。痛快無比。開巷有益。やがて切ない便利屋物語。(BOOKデータベースより)
2006-09-17 12:22 | まったり読書日記

「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,680発売日: 2006/03売上ランキング: 675おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/08/21東京と神奈川の間にあるまほろ市のまほろ駅前で、便利屋稼業をしてる多田。いつもどおり年末の仕事を終えたら、預かっていたチワ
2006-09-17 03:33 | 本を読む女。改訂版

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。