FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

東京公園   ~小路 幸也~

tokyokouen.jpg


母の形見であるカメラを手にし、小学生で初めて家族の写真を撮った
圭司は大学生の今、やはり公園で楽しそうにくつろいでいる
家族の写真を撮り続けている。
いつかはカメラマンになることをぼんやりと思いながら
公園に出かけ
幸せそうな家族の写真を撮り続けている。

そんな時ある男から妻と娘の写真をこっそりと撮り続けて欲しい、
そしてそれを報告して欲しいと言う申し出を受ける。
興味を持った圭司はそれを引き受ける。

いろんな公園に出かけ、
彼女の写真を撮っているうちに
濃いにも似たような、感情を持ち始める。
しかし、彼の導き出した結論は・・・。

すごく透明感のある作品でした。
圭司とその周りにいる人たちがいい人ばかりで
『昔ワルかった』と言うヒロという青年も出てきますが、
気持ちはとてもピュアな人ばかりで
読んでて清々しい気分になりました。
悪人が出てこない分、ちょっと物足りない気もしましたけど。

東京には年に何回か行きますが、
人の多いところに行きがちで
この本を読んで、
今度はこの作品に出てくる公園めぐりをしてみるのも
いいんじゃないかと、思えてきました。

結局恋愛物と言うより
家族との繋がりを思い起こさせる作品でした。
そこが良かったのかもしれません。
自分のために生きつつ
誰かのために生きられたら
幸せなのかもしれないな~。

TBさせていただいたブログ
まったり読書日記
読書日記
粋な提案
今日何読んだ?どうだった??
ほんだらけ
本のある生活
本の虫
しんちゃんの買い物帳
スポンサーサイト



コメント

公園めぐりをしてみたくなるそんな話でしたよね。
ヒロの「マイナス100」の目盛りの話や、富永が「みんなが幸せになれる方向へ」と宣言する場面など、印象的でした。
主人公以外の登場人物もいい人ばかりでしたよね。
2006-11-20 21:40 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

ほんと、来月東京に行くんですが、ぜひこの公園のいくつかは巡りたいと思います。
悪人が出てこないので
その辺がつまらないと思う人がいるかもしれませんが、
自分にはそこが心地よくて
妙にはまってしまいました。
2006-11-20 22:03 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
清々しく、さわやかな作品でしたね。
来月東京へ行かれて、公園めぐりをされる予定なのですね。
お天気が晴れだといいですね。
もしわかったら、この表紙が何公園なのか、教えてください。
2006-11-23 03:06 藍色 #- URL編集 ]

>藍色さん

そう、この本を読んで、本気で公園めぐりをしようと思ってます。
でも、寒いんだろうなぁ~、なんて思うと
ちょっと気が引けちゃいますが。
表紙の公園、
探してみますね。
2006-11-23 12:06 す~さん #- URL編集 ]

す~さん、こんばんは。

好きな人が幸せだと自分も幸せ。
そんな言葉が心に染みました。
2006-12-04 19:29 なな #lx48Me5U URL編集 ]

>ななさん

そうですね~。
自分のことよりも他の人のシアワセを感じられるようになりたいです。
好きな人が幸せだったら
自分も幸せか・・・まだ、そこまではいかないです。修行修行。
2006-12-10 21:52 す~さん #- URL編集 ]

私もこれを読んで、恋愛というより家族のつながりを感じました。
誰かのために・・っていいですよね。
やさしい気持になりました。
2007-03-16 22:36 june #- URL編集 ]

>juneさん

誰かのために生きられるって凄く素晴らしいことだと思いますよね。
この作品は本当に悪い人が出てこないので
安心して読めて、
優しい気持ちになります。
2007-03-17 23:20 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/219-de8f66fa

「東京公園」小路幸也

東京公園読み終えた今、なんだか優しくて穏やかな気持ちです。悪人が出てこなかったというのもあるけれど、ゆるゆると進む話が心地よくて、読んでいる間に気持ちがやわらかくほぐれた気がします。さらりとした話ですが、とってもよかったです。「幼い娘と公園に出か....
2007-03-16 22:34 | 本のある生活

『東京公園』小路幸也

東京公園小路 幸也 2006年 新潮社 P.236★★★★★「誰かのために生きるためには、その誰かさんが必要なんだろうな。二人ともそういう人を求めていたのかもしれない。それは、単に好きとか恋とか愛なんていう言葉じゃ括られないものだろう」 そう思うようになっ
2007-01-21 23:21 | ほんだらけ

「東京公園」 小路幸也

東京公園posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 2小路 幸也〔著〕新潮社 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
2006-12-24 22:25 | 今日何読んだ?どうだった??

東京公園 小路幸也

カバー写真は広瀬達郎(新潮社写真部)。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。主人公で語り手の志田圭司は、旭川出身でカメラマン志望の大学生。建築工学を学びながら「家族」を自分のテーマに決めて、公園でくつろぐ家族写真の撮影をし
2006-11-23 03:24 | 粋な提案

東京公園 〔小路幸也〕

東京公園≪内容≫「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」―くつろぐ親子の写真を撮ることを趣味にしている大学生の圭司は、ある日偶然出会った男から奇妙な頼み事をされる。バイト感覚で引き受けた圭司だが、いつのまにかファインダーを通し....
2006-11-21 22:00 | まったり読書日記

 | ホーム |