プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喇叭道中膝栗毛   ~楽団鹿殺し~



劇団鹿殺し、
演出のチョビさんが留学中のため、
前作今作と音楽がメインになってる感ありの舞台でした。
まぁ鹿殺しの舞台自体、音楽が重要な要素なんだけど。

時代は1970年代。
当時高校生だった少女の40年後のおばちゃんが回想するという展開。
ジャズ喫茶で教授と呼ばれていた男が
伊勢に行って、なんだか自殺したいみたいな手紙を書いて送ってくる。
自殺を阻止しなければ、と
ジャズ喫茶に通う連中が
東海道を楽器を持ってひた走る。

鹿殺しらしい、
スピード感のある舞台でした。
楽器演奏しながら
演技もし、
バリバリアクションもこなす。
大変だなぁ、と思いつつ
見ておりました。
でも、やっぱりこの鹿殺し感、好きだな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/2195-1008c410

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。