FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

紗央里ちゃんの家    ~矢部 嵩~

saori.jpg


ホラーです。

夏休みをおばあちゃんの家で過ごしてきた『僕』。
今年の夏休みはお父さんと『僕』だけがおばあちゃんちへ。
しかし、おばあちゃんは風邪をこじらせて亡くなっていて、
いとこの紗央里ちゃんは家出してしまったらしい。
そして出てきた叔母さんは血まみれになっていた。
家は腐臭が漂い、なんともおかしな感じになっている。
叔父さんと風呂に入っていた『僕』は洗濯機の下に
切り取られた指を発見する。
その後も、人体の一部と見られるものを探し出していく『僕』。
おばあちゃんは殺されたのか?
紗央里ちゃんは殺されたのか?
そんな疑問を胸に『僕』は家中を探しまくる。
そして『僕』の身にも・・・。

正常な人間がほとんど出てこないようなそんな小説でした。
僕にしてもちょっと異常。
お父さんもちょっと異常。
異常な人物が見た異常な世界。
切断された体の描写が出てくるけれど
何故だかグロさは感じられないのは、
『僕』の感覚が常人のそれとは違っていたからだろうか。
明るく死体を探し出していく『僕』の姿にこちらの神経も麻痺してしまったのかもしれません。

最後のオチが?な部分もありました。
結局事件の真相は?
はっきりさせなかったのが作者の意図かもしれません。
そこがちょっとだけ惜しまれました。

TBさせていただいたブログ
ほんだらけ
しんちゃんの買い物帳
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
グロなんだけどグロくない。
人の壊れ方も淡々としてる。
ホラー?と首を傾げる、変な本でしたね。
2007-10-13 10:01 しんちゃん #- URL編集 ]

しんちゃん

グロい話のはずなのに
グロくなかったですね。
なんか不思議なホラー作品でした。
でも怖くなかったなぁ~。
2007-10-14 10:21 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/225-1021b90f

「紗央里ちゃんの家」矢部嵩

紗央里ちゃんの家矢部 嵩 (2006/11)角川書店 この商品の詳細を見るぼくたち家族は毎年夏休みの数日間を叔母さんの家で過ごしていた。叔母さんの家には、叔母さん夫婦と紗央里ちゃん、そしてぼくの祖父母が住んでいた。だけどおばあ
2007-10-13 09:58 | しんちゃんの買い物帳

 | ホーム |