FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

Run! Run! Run!   ~桂 望実~

runrunrun.jpg


最近、駅伝とか陸上を題材にした小説が多いですね。
まだ、この作品しか読んでないので
何とも言えませんが、少なくともこの作品は
単なる陸上(長距離)を描いた作品ではありませんでしたね。

大学1年生の優は将来を嘱望されたランナーである。
中学生の頃より走るたびに記録を塗り替え、出る競技では必ず1位だった。
小さい頃から体調管理に努め、ストイックに日々を送る。
すべてはオリンピックで金メダルを取るため。
大学に入学後も箱根駅伝は単なる通過点。
仲間なんて要らない。一人で走るのだから。

読み始めた頃は、この優という人間が自分の一番嫌いなタイプの人間で
読み進めていくのがきつかった。
何かひとつに秀でたものが持つ傲慢さや自分勝手さ。相手を顧みない言動。
すべては自分を中心にまわっていると考える、そんな雰囲気がプンプン。

おそらくはそんな主人公が仲間と一緒に走ることで
その性格が劇的に変わっていく、そんな話しだろうな~と読めてしまいました。

が、ただ、それだけに終わるのではなく、
この話しの本題はそこにあるのではなく、遺伝子医療とか遺伝子改竄に
話しが振られ、
その事実を知った優が悩み、自分と家族、
自分と陸上、自分とその将来、考え不安に陥りながら
そして彼自身がどういう風に変わっていくか、
その中で同じ陸上部の仲間との関わりを通じてどう変容していったのか、
そこに主眼が置かれていて、
後半は前半よりもはるかに面白く読めた。

ここに出てくる
陸上部の仲間、岩ちゃんの存在が良かった。
優と正反対の個性を浮かび上がらせることで
物語をより面白くさせていったのではいか、と思う。

最初、これ、つまらないかも・・・って思ってしまいましたが、
さすがに桂さんですね。
最後は一気に読めて、読後感も良かったです。
そして優の下した自分への決断が潔く、
こういう人物なら尊敬できるよ(最初の印象と正反対ですけど)。

TBさせていただいたブログ
粋な提案
ナナメモ
今日何読んだ?どうだった??
いつか どこかで
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
生意気で自己中心の主人公、優の性格に、読み進めるには抵抗がありました。
優の葛藤と箱根駅伝に懸ける陸上部員たちのドラマに読み応えがありましたね。
最後に優の下した決断の潔さが印象に残りました。
2006-12-01 04:34 藍色 #- URL編集 ]

>藍色さん

その通りです。
こんな主人公なんて・・・と思いましたが
最後のほうは良かったですね。
2006-12-01 19:50 す~さん #- URL編集 ]

優の下した決断。
子どもの頃から真剣に陸上と向き合ってきた優らしい選択でしたね。
2006-12-20 20:55 なな #UQ6Sjhpw URL編集 ]

>ななさん

優は優で辛い思いもしてるんですよね。
それでいてあの決断は
やはり優らしいと言うか、
ただ彼の生い立ちはかわいそうな気がしますね。
2006-12-22 23:47 す~さん #- URL編集 ]

コメント遅くなってすみません。
主人公が嫌いなタイプだと、読みにくいですよね。わたしも結構苦労したので、他人事とは思えませんでした(笑)。
桂さんは最近いいペースで作品を発表されているので、次回作も楽しみですね。
2007-01-18 17:40 まみみ #- URL編集 ]

>まみみさん

イヤな性格の主人公で、読みにくくて
感情移入できないのがつらい作品でした。
でも、最後はちょっとだけ見直しましたけどね。
今のところハズレがない桂さんの作品ですが、
早く次作が読みたい今日この頃です。
2007-01-19 09:38 す~さん #- URL編集 ]

桂さんの作品は初めてだったのですが、自分中心の優と努力家の岩本の対比がおもしろく読めました。
箱根駅伝から優の決断と、私も一気に読みました。
2007-08-18 22:46 mint #- URL編集 ]

>mintさん

岩ちゃんがいたからこそ成り立った話かな、と思いますね。
主人公としては優の魅力が分かりませんでした。
最後ようやくいい奴かな?とは思いましたけどねぇ~。
2007-08-19 23:34 す~さん #- URL編集 ]

みなさんと同じような意見ですが、後半の雰囲気は良かったですね。
岩ちゃん、小松ボン、あさ美さん、が良かったです。
こんな箱根駅伝もありですよね。
2007-11-12 17:02 しんちゃん #Zk/lHUeI URL編集 ]

>しんちゃん

やはり他のキャラクターがしっかりしていたからこそ
最後まで読めたのかな~って思います。
優みたいなヤツはやはり嫌いです(笑)
2007-11-12 21:42 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/226-f1a3978f

『RUN!RUN!RUN!』

今日読んだ本は、桂 望実さんの『RUN!RUN!RUN!』です。
2007-08-18 22:33 | いつか どこかで

「Run!Run!Run!」 桂望実

Run!Run!Run!posted with 簡単リンクくん at 2006.12.16桂 望実著文芸春秋 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
2007-01-18 17:39 | 今日何読んだ?どうだった??

「Run! Run! Run!」桂望実

RUN!RUN!RUN!桂 望実長距離ランナーとしての高い能力を持って生まれ、子どもの頃から地道な努力を重ねる事を当然としてきた岡崎優。目標はオリンピック出場。S大学陸上部でも仲間を必要とせず、一人孤立していた。箱根駅伝での優勝も自分にとってはオリンピックの為の通過
2006-12-20 20:55 | ナナメモ

RUN!RUN!RUN! 桂望実

写真は井上佐由紀。装丁は番洋樹。シューズ(カバー写真)提供は亜細亜大学陸上競技部。2003年「死日記」でエクスナレッジ社「作家への道!」優秀賞を受賞デビュー。主な作品「県庁の星」「ボーイズ・ビー」「Lady,Go」
2006-12-01 04:58 | 粋な提案

 | ホーム |