FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

家日和   ~奥田 英朗~

iebiyori.jpg


ネットオークションにはまる専業主婦。
会社が倒産し、主夫となる営業マン。
妻が家を出て自分の趣味をいかした部屋つくりをする夫。
在宅でDMの宛名打ちの内職をし、家にやってきた若い営業マンとの
淫らな夢におぼれる主婦。
仕事を変わってばかりの夫を持つイラストレーターの妻。
「ロハス」に凝り始めた妻を持つ小説家の夫。

ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。
家とはずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。

インターネットにはまる主婦を描いた「サニー・デイ」には
共感しまくり。
ネットオークションに出品し、落札され、良い評価をもらえると
マジで嬉しいし、
評価付かなかったりするとマジでへこむ。
まぁ、この主婦のように綺麗にはならないけどさ。
はまってしまう恐ろしさはあるけれど、その魔力はすごいのである(笑)

男の側からすると
「家においでよ」の自分の趣味を追及しようとする男の気持ちも良く分かるし、
「ここが青山」の主夫業に目覚めてしまった男の気持ちも良く分かるんだな。

自分は一人暮らしなので、この二人の
たとえば、インテリアに凝ったり、自分の趣味のものを気兼ねなく
集めたり配置したり、
料理に目覚めてしまったり、選択掃除が楽しくなったり、
そんな毎日に共感を覚えるんだけど、
もし結婚したりすると
やはり家は主婦のものになってしまうんだろうか?

う~ん、
奥田さんの新作だけど、
本当にこちらの微妙な心理をうまく突いた面白い小気味のいい小説だった。

TBさせていただいたブログ
ほんだらけ
粋な提案
まったり読書日記
かみさまの贈りもの~読書日記~
道草読書のススメ
本のある生活
ナナメモ
日だまりで読書
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
平凡なお話が多かったのですが、
もしこうなったら、こうしてみると面白いっていう感じの
イメージが残る作品でした。
2007-04-22 16:23 藍色 #- URL編集 ]

>藍色さん

平凡なんですけど、
われわれの生活って平凡ですからね~。
実はこういう話の方が現実味があって、
どきどきしてしまいます。
『家においでよ』のような部屋にしたい!!
2007-04-22 23:49 す~さん #- URL編集 ]

「家においでよ」は羨ましい話でした!
家具一つ一つにこだわった自分の部屋
持ちたいですねぇ~
派手さはないけれど、身近な感じがして
親近感を覚えました。
「夫とカーテン」の夫婦の姿がなかなか良かったです。
意外にバランスのとれた夫婦なんだなぁ~
と思って、微笑ましかったです。
2007-05-08 22:17 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

共感できる話が多かったですね。
家ってやっぱり大事ですね~。
2007-05-09 22:19 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
どの話もよかったですが、「グレープフルーツモンスター」は、女心をついていて妙に印象に残りました。
大笑いさせてもらって、大満足の一冊でした。
本当に凄い作家さんですよね!奥田さんは!!
2007-05-30 22:33 ゆう #- URL [ 編集 ]

こんばんは★
どの作品もおもしろかったですが、
最近のロハス信仰を揶揄した「妻と玄米御飯」がお気に入りでした。
実話かと思われるようなリアルさと、ユーモアにあふれた作品でしたね。
おもしろかったですー。
2007-05-30 22:38 Rutile #el1ariU6 URL編集 ]

>ゆうさん

女性の心理は分からなかったんですが、
グレープフルーツモンスターはすごかった、の一言です。
なぜに奥田さん、ここまで分かる?って感じでしたね。
2007-05-31 21:38 す~さん #- URL編集 ]

>Rutileさん

面白かったですね。
ほんとどこにでもあるような
話ですごく身近に感じられましたね。
やっぱすごいです、奥田さん。
2007-05-31 21:39 す~さん #- URL編集 ]

一応妻ですけど、家は妻の城ですかねぇ・・。チャンネル権もないし、たまる本に文句を言われ、居場所があるようなないような・・という今日この頃。「家においでよ」のような部屋、憧れます!
「ここは青山」の主夫に共感とこのとですが、ついつい、そのうちネットオークションにはまる妻の心境になるに違いないなんて考えてしまいました。いじわるですね・・。
2007-06-07 15:06 june #- URL編集 ]

>juneさん

すでにネットオークションにははまってるんですけどね。
自分の物しか売れないので・・・。
だって独り者だし。
「家においでよ」の自分の部屋・・・。
一人暮らしでも生活臭ある部屋なので
趣味だけの部屋って欲しいですね・・・。
2007-06-07 19:49 す~さん #- URL編集 ]

どれもこれもリアルでした。
オークションもしたことありますし、一人になったら自分だけの図書館を作りたいと真剣に考えたりしますもの。
さすが奥田さん!ですよね。
2007-06-07 22:03 なな #lx48Me5U URL編集 ]

>ななさん

リアルですよね~。
本当に自分の図書館、って言うか図書室を
作りたくなりました。
その前に家が欲しい・・・。
2007-06-09 10:00 す~さん #- URL編集 ]

す~さん、こんばんはっ♪

>やはり家は主婦のものになってしまうんだろうか

いえいえ、絶対そんなことはありません(笑)
強いて言えば、生活の残骸があちこちに横たわったモノになるような…。
私も、『家においでよ』の自分好みの空間に憧れます♪
ただ、自分の好みって自分でよく分かんないんだよね~(*^_^*)
2007-07-18 21:01 そら #7.dZtTuE URL編集 ]

>そらさん

そうなんですか~。
安心です(笑)
ほんと自分の好みの部屋・・・
作りたいんだけど、なかなかです。
2007-07-18 22:03 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/299-6fea5183

(書評)家日和

著者:奥田英朗 家日和(2007/04)奥田 英朗商品詳細を見る 「家」を舞台とした作品6編を収録した短編集。 「前向きになれる」 こんなフレー...
2008-07-07 09:42 | 新・たこの感想文

「家日和」奥田英朗

ひさびさの奥田さん。やっぱりいいわ~、この人♪★★★☆☆ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王
2007-07-18 22:27 | 日だまりで読書

「家日和」奥田英朗

家日和奥田 英朗6つの短編。30代後半から40代前半の夫だったり妻だったり。どこにでもありそうな家庭の話をほんわか、ちょっぴり辛口に書いてる。面白かったです。それぞれのラストもきっちりと終わらせる訳じゃなく、この先さてさてどうなるんだろう?って読んでいる
2007-06-07 22:03 | ナナメモ

『家日和』奥田英朗

シェアブログ1152に投稿お、おもしろかったぁ!!家庭をテーマにした全部で6編からなる短編集なのですが、もう読み終わるのがもったいないっと感じるくらい。もっともっとそれぞれの主人公達のその後が読みたい!!と思わせ
2007-05-30 22:36 | 道草読書のススメ

家日和 奥田英朗

ネットオークションにはまる主婦、主夫業を愉しむ失業中の営業マン、別居後の生活を謳歌する夫など、日常生活の中で見つけたささやかな楽しみに没頭してしまう人々をコミカルに描いた短編六編。日常の中で見つけた楽しみから得られた高揚感がリアルに描かれていて、読ん...
2007-05-30 22:30 | かみさまの贈りもの~読書日記~

家日和 〔奥田 英朗〕

家日和奥田 英朗 集英社 2007-04売り上げランキング : 277おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にい....
2007-05-08 21:57 | まったり読書日記

家日和 奥田英朗

装丁は大久保伸子。写真は本城直季。「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。02年「邪魔」で大薮春彦賞、04年「空中
2007-04-22 16:37 | 粋な提案

『家日和』奥田英朗

奥田英朗 2007/4/10発行 集英社 P.235 ¥1,470★★★★★この子たちを産んでよかった。考えてみれば、ずっと家族からしあわせをもらっていた。……紀子は何度も花に目をやり、その都度「ありがとうね」と言った。このしあわせな気持ちで、あと十年は
2007-04-09 23:48 | ほんだらけ

 | ホーム |