FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

鹿男あをによし   ~万城目 学~

shikaotoko.jpg


『鴨川ホルモー』で大ブレイク!(個人的にですけど)
舞台は京都から奈良へ。
卑弥呼の謎まで飛び出して、
鹿男は頑張ります。

いやぁ~、この世界観、好きです。
事実と虚像が入り乱れ、
今回も思いっきり楽しませてもらいました。
舞台背景が似ているということで、森見さんと比較されそうな感じですが、
森見さんとはまったく違う、
読み手を選ばない、面白さがあると思う。

奈良の観光案内も兼ねているようなこの作品。
京都も良いけど、奈良も良いね~、などとすぐに感化されてしまいました。

物語自体も『鴨川ホルモー』同様
荒唐無稽、しかし、現実的な部分もあり、興味をそそられる。

どのキャラも面白く、捨てキャラがないような気がします。

自分は「堀田イト」にぞっこんですな。

TBさせていただいたブログ
しんちゃんの買い物帳
粋な提案
ひなたでゆるり
今日何読んだ?どうだった?
ナナメモ
かみさまの贈りもの~読書日記~
ほんだらけ
いつか どこかで
本のある生活
苗坊の読書日記
日だまりで読書
日々の書付
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
この本なら森見さんと比較せずに読めたね。
自分は「雌鹿」さんに、ぞっこんラブでした(笑)。
2007-04-19 10:11 しんちゃん #Zk/lHUeI URL [ 編集 ]

>しんちゃん

どちらもそれぞれの良さがありますよね。
「雌鹿」さんですか~。
でもおっさんですよ?
2007-04-19 21:45 す~さん #- URL編集 ]

あの会話の合間の仕草や、唐突にフ○をする姿にラブ(笑)。
2007-04-20 18:06 しんちゃん #Zk/lHUeI URL [ 編集 ]

>しんちゃん

所かまわずだったもんな~。
ふ○。
そういえば、昔
奈良のお土産に『鹿のふ○』なる
お守りの様な石を貰いましたが、
あれは今もあるのだろうか・・・。
2007-04-20 23:27 す~さん #- URL編集 ]

こんにちは。
前作「鴨川ホルモー」同様、
ユーモアあふれる文体がそのままで楽しく読めました。
剣道の達人の堀田が、よかったですね。
2007-04-24 17:29 藍色 #- URL編集 ]

>藍色さん

イトちゃん良いですよね~。
高校生にイトという名前をつけてしまうセンス・・・。
まぁ、おいといて。
奈良が舞台で
奈良にも行きたいっと思ったのは僕だけではないはずです。
2007-04-24 21:14 す~さん #- URL編集 ]

面白かった!!

やはり、前回と同様に奈良に行ってみたくなりました。読み終わったあとの爽やかな感じが好きです。この感じをみんなと共有したかったので投稿しました。
2007-05-04 20:04 ナギ #- URL [ 編集 ]

>ナギさん

そうなんですよ、
奈良行きたくなりました。
最後がベタでしたけど、
爽やかでしたね。
自分は朝のシーンが好きです。
2007-05-07 23:38 す~さん #- URL編集 ]

こんにちは!
ホルモーの次だったので、今回はどうかな?と思いましたが
これがまた思った以上に素敵で。
イトちゃんが可愛かったですね♪
万城目さん次作がさらにさらに楽しみです。

2007-05-09 09:11 リサ #yl2HcnkM URL編集 ]

こんにちわ。
鹿男 一度読んで、あまりにも面白く、再度読み返しました。 ところで ひとつ疑問なんですが、「使い番」だったリチャードとマドンナは 人間の顔に戻ったのでしょうか?それともその後もデジカメには鼠顔、狐顔で写るのでしょうか。 みなさん どう思いますか?
 
2007-05-09 19:11 puku #- URL [ 編集 ]

>リサさん

イトちゃんかわいかったですね。
頑張りやさんだし。
しかし、京都の次は奈良。
ホルモーの次は鹿。
目の付け所がいいですね。
次回作も楽しみです。
2007-05-09 22:25 す~さん #- URL編集 ]

>pukuさん

確かにそうですね~。
でも、書いてないけれど
ちゃんと元に戻ってるんじゃないでしょうか。
多分・・・
マドンナがずっと狐ってかわいそうです。
2007-05-09 22:27 す~さん #- URL編集 ]

す~さん、おはようございます。

しんちゃんとす~さんのコメントに笑ってしまいました。
たしかに「シカ」はおっさんでしたね。
ポッキーを貪るおっさん(笑)

色んな本で京都や奈良が舞台になってますね。
行きたくなりますよね。


2007-05-20 08:32 なな #lx48Me5U URL編集 ]

>ななさん

姿は雌鹿、でも心はおっさん。
そのギャップが激しく面白かったです。
そしてポッキー大好き。
この辺のキャラつくりがものすごいです。
京都、奈良、大好きな土地なので
また行こうかな、と考えてます!!
2007-05-21 21:06 す~さん #- URL編集 ]

おはようございます。
鹿がしゃべるという辺りから、ええっ!私はだれ?ここはどこ?みたいな感覚になって、考えている間に話はおわっちゃったぁ、みたいな・・・(笑)
これって、ひとり取り残されてますよね・・

鴨川ホルモーは図書館にないので、今度他で探して読んでみます。
やはり、こちらも取り残されるのかしら・・・(苦笑)
2007-06-08 08:43 ゆう #- URL [ 編集 ]

>ゆうさん

確かに置いてかれそうな話の連続ですよね。
ホルモーはもっと置いてかれるかもしれません。
面白いんだけど、
「???」な話が続くので。
でも、「鹿男」よりもバカらしくって笑えますよ~。
2007-06-09 10:04 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

こんにちは。
かなり前に読んだ本にコメントするのは申し訳ないなぁ、と(ちょっとだけ)思いながら、書いてます。(笑)
いや~、この本、おもしろかったです。
だって、いきなりマイシカですよ。さすが、奈良ですね。
ストーリーも登場人物も楽しめました。
次は何が出てくるのか、楽しみです。

そういえば、森見さんのほうがちょっとクセがあるので、読み手を選ぶかもしれませんね。

2007-11-02 11:48 mint #- URL編集 ]

>mintさん

いや、以前のものにでもコメントOKです。
大歓迎です。
マイシカには笑いました。
でも、まさか本当に・・・
そう思いました。自分もアホです。
2007-11-02 22:23 す~さん #- URL編集 ]

奈良好きとしては、この作品、たまりませんでした~。
そうそう、鹿はおっさんだったんですよね。
ところかまわずフンをまき散らすけれど、
彼の純情に萌えました。だって1800年ですよ!すごいです。
2007-12-29 00:44 june #- URL編集 ]

>juneさん

オッサンなんですよね、鹿。
見掛けはかわいいのになぁ~。
心は純情なんですよね。
奈良は久しく行ってないので
来年は行きたいなぁ~。
2007-12-29 23:01 す~さん #- URL編集 ]

こんばんわ。
TBさせていただきました。
予約していて、ようやく読めました。
「鴨川ホルモー」を挫折してしまったので、読めるか不安だったんですが、こちらは一気読みでした。
面白かったですね~
奈良へ行って神社めぐりしたくなりました。
あと、しかせんべいを買って鹿にあげたいとも思いました。
1枚だけ残しておいて、食べてみたいとも思いました^^;
最後が可愛らしかったですね。とても好きな終わり方です。
ドラマは見ていないのですが、綾瀬はるかが藤原先生なんですか。
何役なんだろうと思っていたのですが。
今更ながらドラマを観たいと思いました^^;
2008-02-28 21:29 苗坊 #H0Bvi60k URL編集 ]

>苗坊さん

ドラマはね・・・・
僕的には原作の良さがぁ~~~と
落胆したので2話以降観てません。
藤原くんが何故女になるんだぁ~~。
『鴨川ホルモー』は合わない人はとことん合わないみたいです。
でもぜひもう一度トライしてみてください。
それを読んでしまえば
『ホルモー六景』も待ってますよん。
2008-02-28 22:15 す~さん #- URL編集 ]

す~さん、おはよっ♪

この作品、とってもいい味出してましたね~。

すごく大変な状況なのに、どこかしらまったりした雰囲気があって、私は好き。

マイシカ…あれはテレビで見たほうが先だったんですけれど、一瞬マイシカに乗ってる人の映像がポッと浮かんで、「えっ!そうなの?」と思っちゃった(^^;)す~さんも似たようなもんだったのね。ちょっと安心(*^_^*)
2008-03-18 10:59 そら #7.dZtTuE URL編集 ]

>そらさん

すごく良かったでしょ?
マイシカとか本気で・・・
騙されたぁ~と一人で騒いでました。
こちらの方が「ホルモー」より
分かりやすいですしね。
ぜひ「ホルモー」の方もトライしてみてください。
2008-03-18 22:30 す~さん #- URL編集 ]

世話焼きの鼠おばちゃん

私は世話焼きの鼠おばちゃんがツボでした。鹿のことが好きだからちょっかいだしちゃうみたいなところが好きです。(^^)
「モルホー」、難しいんでしょうか?でもちょっと興味がでてきたので読んでみようと思います。
2008-10-18 13:53 日月 #ffVU29mw URL編集 ]

>日月さん

マキメ氏の作品はどれも面白いですよ。
『ホルモー』も是非!
はまるはずです。
2008-10-20 20:41 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/305-778dd5f0

「鹿男あをによし」万城目学

放映中のテレビドラマ原作。 本の中では、綾瀬はるか演じている藤原先生が、男の人、しかも子持ちの先生でした。 映像化するときって、そう...
2008-03-18 11:02 | 日だまりで読書

「鹿男あをによし」万城目学

鹿男あをによし奈良が好きです。学生時代日本古代美術を専攻してたんですが、仏像やお寺を見に一人で奈良に出かけたこともあるくらい好きです。だからもうこのタイトルだけでこれは買うしかない!と。で、喜び勇んで買って安心してしまって、今まで積んでました。やっ....
2007-12-29 00:43 | 本のある生活

鹿男あをによし 万城目学

ひょんな事から、奈良の女子高で代理教員に就くことになった28歳の主人公が、富士山噴火を防ぐためにあるものを求めて奔走する奇妙な物語。女子高を舞台にした少し目先の変わった学園物かと思いきや、いきなり鹿が話たり、かと思えば、熱いスポ根モノに流れたり・・と、...
2007-06-08 08:39 | かみさまの贈りもの~読書日記~

「鹿男あをによし」万城目学

鹿男あをによし万城目 学研究室の教授から「君は神経衰弱だ。二学期だけ友人の学校で講師として働いて欲しい」と言われ、選択肢のないまま奈良の女子校で教鞭をとることになったオレ。いやーん。面白いです。一気読みです。奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠。卑弥呼の時代から
2007-05-20 08:33 | ナナメモ

『鹿男あをによし』万城目学

鹿男あをによし万城目 学幻冬舎2007-04by G-Tools「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。ほんの気休め、のはずだった。英気を養って研究室
2007-05-09 09:03 | ひなたでゆるり

鹿男あをによし 万城目学

イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。書き下ろし。主人公で語り手の28歳の「おれ」は、教授の勧めに従って大学の研究室から2学期限定で奈良女学館に赴任。でも鹿のおかげで「おれ」の奈良ライフは波瀾に満ちた日
2007-04-24 17:37 | 粋な提案

「鹿男あをによし」万城目学

鹿男あをによし万城目 学 (2007/04)幻冬舎 この商品の詳細を見る大学の研究室に籍を置くおれに、ある日教授から話しがあると呼び出された。二学期から年内いっぱいまで高校教師をしないか、という話だった。おれは奈良
2007-04-19 10:07 | しんちゃんの買い物帳

 | ホーム |