FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

美晴さんランナウェイ   ~山本 幸久~

miharusan.jpg


山本幸久さん待望の新刊です。

世宇子には叔母さんがいる。
美晴さんという。
27歳の美女ながら、やることなすことがどうもうまくない。
母親の葬式にはぶらっと京都奈良まで出かけ、
何かあるとすぐにその場から逃げ出してしまう。
男からもそう。
でも、美晴さんは言う。
「逃げてるんじゃないの。追いかけてるの。」

美晴さんは何を追いかけているのか。
多分それは本当の自分。
自分の思いのままに生きる本当の自分。
それなんじゃないだろうか、と最後まで読んで感じた。

最後は愛する人と結婚する美晴さんだけど、
その行動の無鉄砲さには笑いが出てきます。
でも、その一つ一つの行動には、彼女なりの意味があって
なかなか他の人には理解できないんだけど、
それをすることで自分を保ててるんじゃないかと
そう感じられた。

周りの人も語り手である世宇子をはじめ
その家族、美晴さんの結婚相手、いとこである自由。
美晴さんに振り回されながら
でもなんとなく楽しく過ごせている。
そんな毎日が妙にいとおしく感じられるから不思議だ。

久しぶりの山本さんの作品だったけれど、
この作品もハートウォーミングな作品でした。

TBさせていただいたブログ
今日何読んだ?どうだった??
粋な提案
かみさまの贈りもの~読書日記~
ナナメモ
まったり読書日記
本のある生活
スポンサーサイト



コメント

山本さんの新刊が出てたんですね~
知らなかった!
ハートウォーミングな作品ということで、楽しみです。
さっそく、図書館で予約してこなくっちゃ♪
ありがとうございます(^o^)/
2007-05-03 22:11 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

出てましたー。
自分もたまたま見つけたんですよ。
運がよかった。
結構良いですよ、この作品も。
ぜひ図書館で見かけたらゲットしちゃってくださいね。
2007-05-07 23:36 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
いっぱい笑えて、とってもハートウォーミングでしたね。
美晴さんが追いかけていたこと。
自分を保つための無鉄砲さとともに本当の自分を追いかけて、
いつの間にか魅力的になってました。
2007-05-21 03:28 藍色 #- URL編集 ]

>藍色さん

確かに、無鉄砲だけど、
なんか愛すべきキャラでした。
本当の自分を追いかけていきたいなぁ~と
思った作品です。
2007-05-21 21:11 す~さん #- URL編集 ]

おはようございます。す~さん。
美晴さんのキャラがとてもよくたってましたよね!!
ええ?!と何度も驚かされましたが、読後感は爽快でとてもよかったです。
何を考えているかわからないけれど、こういう「自分」というものがしっかりある人に憧れます。
2007-06-04 10:13 ゆう #- URL [ 編集 ]

>ゆうさん

あのキャラはすごいですよ。
普通あんな人いないと思いますが、
でもとってもキュートでした。

でも近くにいたら迷惑かも(笑)
自分らしさを一番持っている人でしたね。
2007-06-04 22:29 す~さん #- URL編集 ]

美晴さんのように自分の気持ちだけに正直に生きていけたら幸せかもしれませんね。
ラスト2ページがとてもよかったです。
2007-06-07 22:05 なな #lx48Me5U URL編集 ]

>ななさん

最後は良かったですよね。
ほんと自分の気持ちに正直に生きるって
難しいですけど、
その点では美晴さんの行動力には拍手喝采です。
2007-06-09 10:02 す~さん #- URL編集 ]

美晴さんの行動にハラハラしつつも、
美晴さんを受け入れている家族の存在があったかかったですね。
お父さん、お母さん、世宇子や自由など魅力的でした。
良いなぁ~家族ってと思える作品でもありましたね。
2007-06-10 20:16 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

確かに愛想尽きそうなのに
しっかり愛情持って見守ってましたね。
そんな家族に乾杯!です。
だから美晴さんもあんなおおらかになっちゃうのかな~?
2007-06-11 20:55 す~さん #- URL編集 ]

す~さん、こんにちは。
少々物足りなさを感じましたが、最後が良かったです。
連作ではなく長編として読めば、もっと楽しめたんだろうな。
2007-06-29 13:31 しんちゃん #Zk/lHUeI URL [ 編集 ]

>しんちゃん

そうですね~。
でも、これはこれで楽しく読めました。
長編で読むと
美晴さんのおかしさが倍増するかもしれませんね。
2007-06-30 23:14 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

美晴さんには、結構イライラさせられたんですが、それでも、憎めないんですよね。
最終章がよかったです。
2007-09-24 21:12 june #- URL編集 ]

>juneさん

なぜなんだろう?
憎めないですね。
きっと心のそこでは悪いと思ってるってのが
伝わってくるからかもしれませんね。
2007-09-24 21:52 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/312-994d0085

「美晴さんランナウェイ」山本幸久

美晴さんランナウェイ読みやすくてサクサクと読むことのできる本です。読み終えてあたたかい気持になれるんで、さらっとした本が読みたい時にいいかも。世宇子の家に同居する叔母の美晴さんは、“適齢期”の美女ながら、人に迷惑かけるのも家を飛び出すのも日常茶飯....
2007-09-24 21:08 | 本のある生活

美晴さんランナウェイ 〔山本 幸久〕

美晴さんランナウェイ山本 幸久 集英社 2007-04売り上げランキング : 54969おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫破天荒だけど憎めない、“美晴叔母さん”登場!美晴さんは「適齢期」の美女ながら、何かと家を飛び出すトラブルメーカー。そんな彼女....
2007-06-10 20:11 | まったり読書日記

「美晴さんランナウェイ」山本幸久

美晴さんランナウェイ山本 幸久27歳の独身、定職はなく幕間堂という古本屋の店番で日々を過ごす不思議な叔母さん、美晴さん。その姪にあたる中学生の世宇子が美晴さんとの日常を語ります。父親の学と母、そして弟の四人家族に美晴さんという五人、そして途中から世宇子の
2007-06-07 22:06 | ナナメモ

美晴さんランナウェイ 山本幸久

自由奔放に生きている適齢期の美晴叔母さんが巻き起こすドタバタ劇を、彼女の姪である世宇子の視線を通して描いた物語。破天荒な性格にも関わらず、憎めない存在の美晴がいきいきと描かれ、彼女に振り回される周囲の人々の慌てぶりが微笑ましく、肩の力を抜いて読めた。...
2007-06-04 10:11 | かみさまの贈りもの~読書日記~

美晴さんランナウェイ 山本幸久

装丁は名久井直子。装画は峰岸達。「小説すばる」2005年10月号~2006年12月号に2ヵ月おきの掲載。同居している父の妹、叔母の美晴さんは27歳独身美女。無邪気で天真爛漫でもお願いは理由アリで、いつも強気でちゃ
2007-05-21 04:12 | 粋な提案

 | ホーム |