FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

一分間だけ   ~原田 マハ~

ippunkan.jpg


ファッション誌『JoJo』で働く藍は、とあるきっかけでゴールデンリトリーバーのリラを飼うことにした。恋人で同居人のコピーライター、浩介とともに育てはじめたが、都心から郊外へ引っ越した途端、藍の生活は一変。いい仕事をすることが生き甲斐の藍は、仕事に忙殺されていくうちに、何を愛し、何に愛されているかを次第に見失っていく…。浩介が去り、残されたリラとの生活にも苦痛を感じ始めたころ、藍はリラが癌であると告知を受け、リラと闘病生活をはじめることになる。愛犬との出会いと別れを通じて「本当に大切なもの」に気づくまでを描いた、感動のヒューマンラブストーリー。

第1回日本ラブストーリー大賞受賞の原田マハが送る第2弾。
この作品もかなり良かったですよ。

今日買われなければ殺処分になってしまう
ゴールデンリトリーバーのリラとの出会いから
その愛するリラの死までを描いた作品。
もちろん、メインは最近の話なんだけど、
出会いの部分から泣けてくる。
その後、リラのために都心から郊外へ引っ越し、
通勤に時間がかかるようになり、
仕事にも無理がかかるようになる。
ささくれ立ちそうになる藍。
追い討ちをかけるように恋人の浩介が去っていく。
リラさえいなければ、と思う藍の気持ちが痛い。
もしリラがいなければ、仕事もバリバリできるし、
新しい恋のチャンスもあるだろうし、
「いっそ死んでくれたら、いなくなってくれれば」と
考えてしまう藍の心も良く分かる。

しかし、そのリラが病に倒れたとき、本当に自分にとって
愛すべきものは何なのか、大事なものは何なのか、悟る藍。
そしてリラのために仕事もセーブし、リラ中心の生活を始める。
この辺からもう涙がにじみます。

最後は本当に泣きそうになるくらい、
藍の気持ちが痛いくらいに伝わってきて
やばかったですね。

登場人物がちょっと優しすぎるかな?って言う感は否めません。
鬼編集長も実はいい人だったり、
編集部の面々もなんだかんだ言いながら優しい。
別れた浩介やその新しい恋人である友里もどこまでもいい人。
そこがちょっと不満って言えば不満ですが、
全体的に雰囲気が良くて、すごく読みやすかった。

そして最後に、やっぱり一人で犬を飼うのは大変だ・・・、と
思い知らされました。
飼い主の都合だけではなく
飼われる動物の身にもなってあげないと
動物を飼うことは難しいと感じました。

TBさせていただいたブログ
ナナメモ
まったり読書日記
スポンサーサイト



コメント

タイトルの「一分間だけ」…
最初から「一時間だけ」って言ってるのに
どうして一分なんだろう?って不思議だったんです。
最後まで読んで、すごく素敵な一分だったなって思いました。
2007-06-24 21:31 なな #- URL編集 ]

>ななさん

本当に最後が・・・。
動物を飼うときには
相当の覚悟が必要だ、と思い知らされました。
でも飼いたいんだよな~。
2007-06-25 00:15 す~さん #- URL編集 ]

ペットショップで売られている動物たち、
大きくなりすぎたらどうなるんだろうなんて
考えたこともなかったので、
そういったところも勉強になりました。
藍とリラとの生活も含めて、
命の重さを感じさせられました。
2007-07-20 23:17 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

なんか本当に切なくなる物語でした。
動物を飼うということは
大きな責任が伴うと言うこと、
当たり前のことだけど
いまさらながらに、感じました。
2007-07-23 20:55 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/320-ee67bf01

一分間だけ 〔原田マハ〕

一分間だけ原田 マハ 宝島社 2007-04-08売り上げランキング : 40391おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫第1回日本ラブストーリー大賞受賞作『カフーを待ちわびて』から1年。原田マハの受賞第1作。女性ファッション誌の編集者・藍は、恋人と愛犬...
2007-07-20 23:15 | まったり読書日記

「一分間だけ」原田マハ

一分間だけ原田 マハ雑誌編集者をする26歳の藍は日々超多忙な生活を送っている。飼い犬のリラのために郊外に引越し、早起きをして散歩、帰りは毎日終電で帰る。6年間付き合っている浩介と一緒にリラの面倒を見ているが、リラの面倒は家でコピーライターの仕事をしている
2007-06-24 21:29 | ナナメモ

 | ホーム |