FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

明日この手を放しても   ~桂 望実~

ashitakonotewo.jpg


19歳で失明した凛子。
その後すぐに母を交通事故で亡くしてしまう。
しばらくすると漫画家の父親までもが失踪してしまった。
残されたのは気の合わない兄、真司のみ。
そしてその日から兄妹二人の生活が始まった。

凛子と真司の12年にわたる日々を綴った小説。
失明した凛子は漫画の原案者として
兄真司はブライダルプランナーをしながら
凛子の手伝っていく。

12年と言う時間の中で
お互い打ち解けていなかった兄と妹が
少しずつ少しずつお互いのことを理解していく様が
丁寧に描かれてあって
同じ妹を持つ身としては
兄の妹に対する想いがひしひしと伝わってくる気がした。
なんだかんだいったって
『血』のつながりは水よりも濃いんだよな。
分かってなさそうで
実は根っこの部分で分かり合ってる部分も多いんだ、ってことを
語りかけているようでした。
それを実感できるかどうかは二人にしか分からないことだけど。

でもなんとなく最後が曖昧な終わり方だったのが
ちょっと心残り。
父親の失踪の謎も結局分からないままだし。
まぁ、現実には謎の部分の方が多いんだけど、
少しは読者にも共感できる部分があっても良かったのかなぁ~とは
思った。
そこが残念でした。

TBさせていただいたブログ
粋な提案
ほんだらけ
まったり読書日記
ナナメモ
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
12年をかけて打ち解け理解していくふたりの気持ちが
とってもよく伝わってきました。
分かってなさそうで 実は分かり合ってる兄と妹。
うらやましいです。
2007-07-15 14:01 藍色 #- URL編集 ]

>藍色さん

近いところにいるから
余計分かりにくいのかもしれません。
離れてみると分かることもあるんですけどね。
微妙な兄妹関係がうまく描かれてました。
2007-07-16 09:25 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは!
気の合わない兄妹が向き合っていく姿が良かったですね。
兄も妹も年月を重ねる中で、お互いに成長している姿も見えたし、何だか良いなぁ~と思える内容でした。
2007-07-23 21:46 エビノート #- URL編集 ]

す~さん、こんばんわ(^^)
本当にお父さん、いったいどうしちゃったんでしょうね。ものすごく心残りです。凛子よりも真司の性格に近い(ずぼらな)私には、この先の真司の生活の方が心配かも。ふられてばっかだし。なのでこの先の物語もちょっと読んでみたいかもです。では、では~。
2007-07-23 23:17 uririn #- URL編集 ]

>エビノートさん

気が合わなくても
やっぱり血がつながってるんだな~と思えました。
血は水より濃いんですよね。
少しずつお互いを理解していく様子が良かったです。
2007-07-24 20:33 す~さん #- URL編集 ]

>uririnさん

ほんとですよ。
それだけが非常に残念でした。
せめて失踪した理由だけでも分かると
良かったんですけどね。
この先はどんな物語が続くのか、
読んでみたいですね。
2007-07-24 20:34 す~さん #- URL編集 ]

失明した上に母親が亡くなり、父親は失踪。兄はいいかげん。最初は凛子はどうなっちゃうんだろう?って心配になりました。
お互い少しずつ相手をわかっていく兄と妹。
ラストはよかったなって気持ちとなんだか独り立ちしようとする凛子を見て寂しい気持ちにもなりました。
父親、どうしちゃったんでしょうね。
気になります。
2007-08-01 08:54 なな #- URL編集 ]

>ななさん

不幸続きですけど、
何とか前向きに生きてましたね。
父親は・・・
いったい・・・
そこが謎ですけど、
それがあるから物語は進むんだろうな~。
2007-08-01 20:05 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/362-927d9773

「明日この手を放しても」桂望実

明日この手を放しても桂 望実大学2年生の時に原因不明の病気で突然目が見えなくなってしまった凛子と二つ年上の兄の物語。凛子は大学2年の時に失明します。そしてその半年後、家の太陽だった母親が交通事故でなくなります。漫画を描く以外に何も才能がない父と2歳上で何事に
2007-08-01 08:55 | ナナメモ

『明日この手を放しても』桂望実

明日この手を放しても桂 望実 2007/6/20発行 新潮社 P.253 ¥1,365★★★★★ 大嫌いなんだ。同情してますって顔で近づいてくるヤツが。障害者の妹がいるってだけで顔を曇らせたり、親父やお袋の話を聞いた途端に優しい声を出すヤツら。 俺の気持
2007-07-23 22:25 | ほんだらけ

明日この手を放しても 〔桂 望実〕

明日この手を放しても桂 望実 新潮社 2007-06売り上げランキング : 133860Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫19歳で途中失明して夢を失った凛子。向日葵のようだった母の死に続き、寡黙だけど優しい漫画家の父までいきなり「消えて」しまった。残ったのは、自...
2007-07-23 21:40 | まったり読書日記

明日この手を放しても 桂望実

明日この手を放しても装画は菅野裕美。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。19歳で途中失明して夢を失った篠田凛子。向日葵のようだった母を交通事故で亡くして半年(1995年、21歳)。持ち前の潔癖症から行動を。寡黙だ
2007-07-15 14:02 | 粋な提案

 | ホーム |