FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

雨のち晴れ、ところにより虹   ~吉野 万理子~

ame.jpg


湘南を舞台にした6つの短編集です。

『なぎさ通りで待ち合わせ』ー味覚の合わない夫婦の危機
『こころ三分咲き』-小さなヒビが入った母子家庭
『ガッツ厄年』-厄年をむかえた女編集者たち
『雨のち晴れ、ところにより虹』-末期がんの男性と太った看護師の現在と過去
『ブルーホール』-パイロットとダイバーと少年の静かな会話
『幸せの青いハンカチ』-親友の結婚式でさびしい想いをする主人公

吉野さんの作品は3作目ですが、
もしかしたら第2作目に当たる今作品が一番良かったかもしれない。
特に陰の主役であろう(?)看護師 葉桜彩 の存在が非常に大きくて
この作品が良かったと思えるのかもしれない。
時間軸もこの作品の収録順に起こっていて
彩さんの現在や過去が本編とは違うところでしっかり描かれていて
本編よりもそちらの方に興味を覚えながら読んでしまった。
あ、もちろん本編もそれぞれ素晴らしい作品でした。
どれも甲乙付けがたい作品群でしたけど、
やっぱり表題作の『雨のち晴れ、ところにより虹』が一番でした。

彩さんの本当の姿を垣間見ることができて
あ~この短編集は彩さんのために書かれたようなものだ、
強く思った次第です。

いやぁ~、良かった。

TBさせていただいたブログ
まったり読書日記
マロンカフェ~のんびり読書~
スポンサーサイト



コメント

湘南の色々なところでおこるドラマ。
そしてメインとして、時にはうしろにチラチラと見える常盤さんがすごく気になりました。
2007-07-16 22:41 なな #- URL編集 ]

>ななさん

常盤さんに尽きますね、この短編集は。
結局幸せだったのかな~。
でも、最後に好きな人といっしょにいられたから
良かったのかな、と。
2007-07-17 21:08 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは!
私も吉野さんの作品の中では、この作品が一番好きです♪
それぞれの話も良かったのですが、
やっぱり常盤さんが印象的ですよね。
2007-07-17 21:41 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

常盤さんに尽きますね~。
最初はあまり気にならなかったんですけど、
『雨のち晴れ、ところにより虹』で
彼女の一途さにグッときてしまいました。
2007-07-18 21:59 す~さん #- URL編集 ]

私も表題作が一番好きでした。常盤さんいいですよね~クフと笑うところもなんかかわいいし(笑)
TBを返そうとしているのですが、なぜかエラーになってしまって出来ません。また時間をおいてチャレンジしてみます。(涙)
2007-07-20 05:39 板栗香 #no8j9Kzg URL編集 ]

>板栗香さん

常盤さんの作品でしたね。
一番心が癒された作品でした。
TBの件はお気になさらないでくださいね。
2007-07-23 20:52 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/364-ff4fe107

ブルーホール

ブルーホールブルーホールとは、かつての洞窟や鍾乳洞といった地形が何らかの理由により海中へ水没し、浅瀬に穴が開いたように形成された地形のこと。また海中からその地形を見上げた際の様子を指す。南太平洋、バヌアツ共和国で一番大きな島、エスピリッ
2007-07-20 10:42 | ひなたの記録

雨のち晴れ、ところにより虹 〔吉野万理子〕

雨のち晴れ、ところにより虹≪内容≫人の繋がりは優しさだけで出来ているんじゃない。でも怖がるだけじゃ何も始まらないことだって知っている…。夫婦のすれ違い、親子の行き違い、親友との仲違い。きっかけはみんな些細なことなのに、想いがねじれ交錯する。....
2007-07-17 21:31 | まったり読書日記

「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子

雨のち晴れ、ところにより虹吉野 万理子湘南を舞台にした連続短編集。全く知らない作家さんの全く知らない本だったのですが、とある事情により急遽図書館で予約して読みました。サラサラ読みやすい物語。物語がちょこちょこっとリンクしてます。ホスピスで働く太った看護師
2007-07-16 22:42 | ナナメモ

 | ホーム |