FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

有頂天家族   ~森見 登美彦~

uchoutenkazoku.jpg


狸と天狗と人間の話。

最初は登場人物(狸か)の紹介と状況説明が続く内容で
これは面白くないかも・・・なんて思いましたが、
やはりそこはモリミーです。
中盤から後半にかけて一気に読ませる面白さ。

もう、なんというか、阿呆さ爆発。
出てくるキャラクターたちが
非常に人間っぽくて、狸のくせに(笑)。
周りにもこんな人、いや狸?、いるなぁ~なんて。
人間をキャラクターにして書いていたらありきたりな物語になってしまうところを
狸や天狗を主役に持ってくることで、あっさりと面白い話に
変えてしまう、そんなモリミーの筆力というか発想に感服。

狸たちがかわいくてしょうがありません。
その化けっぷりも、
叡山電車に化けて街中を走り回ったり、
如意ヶ嶽に化けちゃったり、
丸ごと蕎麦屋に化けちゃったり、
どこまで妖力あるんじゃい!って突っ込みたくなるほどでした。
そんな狸でもあっさり狸鍋になっちゃったり。
ところどころ笑えるツボがしっかり抑えてあるし、
また、親子兄弟の愛情考えさせられたり。
ほろっとさせられたり。
上手すぎです。

第2部も始まるようです。
これから下鴨4兄弟や赤玉先生、弁天に何が起こるのか、
楽しみですね。

糺の森にも行ってみたくなりました。
この4兄弟に会えるでしょうか?
会える訳ないじゃん・・・。

TBさせていただいたブログ
いつか どこかで
粋な提案
はちみつ書房
しんちゃんの買い物帳
待ち合わせは本屋さんで
ナナメモ
本のある生活
ぼちぼち
ほんだらけ
まったり読書日記
スポンサーサイト

コメント

NO SUBJECT

初めはどう展開するのか?という感じだったけど、そこはやはりモリミー、楽しい話でしたね。
狸の化けっぷりもおもしろかったし、四文字熟語が大好きな金閣・銀閣にも笑っちゃいました。
個人的には、下鴨四兄弟の中では隠遁生活をしている次男とすぐ毛玉になっちゃう末っ子が気に入ってます。

そうそう、第二部も始まるらしいので楽しみですねぇ。
2007-10-08 10:14 mint #- URL編集 ]

>mintさん

確かにそうです。
このままどんな風に行ってしまうのか、一抹の不安もありましたが、
やはりモリミーでした。
後半かなり面白く読みました。
さすがです。
矢四郎サイコーです。
2007-10-08 20:42 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

始めの説明に戸惑ったのが私だけでなくて安心しました。
狸たちの化けっぷり、いっぱい笑えましたね。
続きがとっても楽しみです。
2007-10-09 03:09 藍色 #- URL編集 ]

阿呆の権化

本当に狸や天狗が当たり前に
住んでいそうな京都ですが、
この作品の影の主役といえば
「阿呆の権化」金閣・銀閣でしょう(笑)
微妙に四文字熟語の使い方を
間違えているし、お尻齧られまくりだし。
続編があるのですね、またまた楽しみです。
2007-10-09 08:53 BEE #- URL編集 ]

>藍色さん

最初はちょっと。。。でしたけど、
後半はかなり良かったですね。
化けっぷりも、そこまでやるか!って感じで
痛快でした。
2007-10-09 20:26 す~さん #- URL編集 ]

>BEEさん

金閣・銀閣・・・・
阿呆すぎましたね。
そこがまたいいんでしょうけど。
続編でもその阿呆っぷりを
全開にして欲しいですね。
2007-10-09 20:29 す~さん #- URL編集 ]

元が連載だったので、章がかわるたびに同じ説明があったのが、少しかったるかったです。
でもやっぱりもりみーでしたね。
他作品とのリンクもあったし、面白く読めました。
2007-11-03 17:25 しんちゃん #Zk/lHUeI URL編集 ]

>しんちゃん

モリミーでしたね。
やはり京都を舞台にして
阿呆がかけるのはモリミーならではかと・・・。
続編が気になる今日この頃です。
2007-11-03 22:55 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

す~さん こんばんは。
第2部あるのですか。楽しみ♪初モリミーなので、最初とまどってしまい読むのに時間がかかってしまいましたが、中盤から後半一気に楽しく読みました。まさか狸の家族愛や兄弟愛が読めるとは思ってもみませんでしたが(笑)
2007-11-16 22:23 naru #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]

>naruさん

初モリミーだったんですね??
ぜひぜひモリミーワールドにはまってください。
狸の家族愛、兄弟愛、
人間と同じでしたよね(笑)
2007-11-16 23:25 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

こんばんは。
狸や天狗や天狗になりかけの人間…
とんでもない登場人物ばかりでしたが
すごく楽しかったです。
金閣・銀閣好きです。
次作でもアホっぷりを発揮して欲しい。
2007-11-18 20:56 なな #- URL編集 ]

>ななさん

ほんと、とんでもない登場人物ばかりでした。
あ、狸や天狗がほとんどですけど・・・。
めちゃくちゃ阿呆振りをさらけだしていて
面白かったですよね。
2007-11-19 19:54 す~さん #- URL編集 ]

笑いながらも家族愛にほろりとしたり、
本当に楽しくて素敵な世界でした!
あの化けっぷり、突っ込み入れながら読みました。
叡山電車でも驚いたのに、山ですか!建物ですか!って(笑)。
2007-12-01 23:47 june #- URL編集 ]

>juneさん

本当に・・・1匹の狸がそこまで化けるのか!?
あまりのぶっ飛びさに大笑いでした。
次作では
矢四郎も少しは成長して帰ってきてくれるといいなぁ~。
2007-12-02 10:34 す~さん #- URL編集 ]

あほでしたね~。
私も中盤からツボにはまりだして、珍しく声を出して大笑いしてしまいました(^_^;)

面白おかしく、楽しい読書でした。
続編もものすごく楽しみです。
2008-01-03 20:37 ちきちき #- URL編集 ]

>ちきちきさん

何でこんなに面白く書けるんだろう?
さすがですね。
続編も期待大です。
早く単行本化されないかな?
2008-01-04 22:02 す~さん #- URL編集 ]

面白かったですねぇ~
狸たちの家族愛にホロリときてしまいました。
京都に行った際には偽叡山電鉄に乗り、
偽電気ブランで宴会したい♪
2008-03-30 22:27 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

京都・・・
やはりすごいところです。
いや、こういう話が普通に語られるのは
京都しかないですよね。
狸の親子愛に兄弟愛良かったです。
2008-03-31 13:18 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/416-b7c4f3a0

『有頂天家族』森見登美彦

有頂天家族 森見 登美彦 2007/9/25発行 幻冬舎 P.357 ¥1,575 ★★★★★  平安遷都この方続く、人間と狸と天狗の三つ巴。  それがこの街の大きな車輪を廻している。  天狗は狸に説教を垂れ、狸は人間を化かし、人間は天狗を畏れ敬う。天
2008-04-02 23:18 | ほんだらけ

有頂天家族 〔森見 登美彦〕

有頂天家族森見 登美彦 幻冬舎 2007-09-25売り上げランキング : 1041おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 第20回山本周五郎賞受賞第一作! 著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。 偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた...
2008-03-30 22:18 | まったり読書日記

有頂天家族

JUGEMテーマ:読書偉大なる父のサヨナラ、おちぶれた四兄弟、海よりも深い母の愛情、これぞ森見版『カラマーゾフの兄弟』!……でも、主人公は狸!?狸と天狗の人間の三つ巴が京都の街を席巻する壮大なファンタジー。幻冬舎HPよりお正月一発目は、なんだかそれにふさわしい
2008-01-05 20:54 | ぼちぼち

「有頂天家族」森見登美彦

有頂天家族ファンタスティック!思わずそう叫んでしまいそうな世界でした。やっぱり森見さんの世界は好きです。狸や天狗、はては半天狗なる美女弁天やら風変りなものが次から次へ出てくるんで、最初はなかなかテンポに乗れななかったんですが、世界に入ってしまってから....
2007-12-01 23:48 | 本のある生活

森見登美彦『有頂天家族』

げに毛(?!)深きは家族愛♪
2007-11-19 19:14 | 待ち合わせは本屋さんで

「有頂天家族」森見登美彦

有頂天家族森見 登美彦JUGEMテーマ:読書狸と天狗と天狗になりかけの人間、そして秘密の会合「金曜倶楽部」に集う人たちが京都を舞台に飛んだり、変身したり、騙しあったり、大活躍。「太陽の塔」でつまづいたので、心配しながら読み始めたんだけど杞憂でした。面白い!面白
2007-11-18 20:56 | ナナメモ

有頂天家族

 有頂天家族 森見 登美彦著/幻冬舎 毎回奇抜な設定で楽しませてくれる森見さん。 今回はとうとう人間が主人公ですらなく、 「狸」と「天狗」が活躍します。  有頂天家族森見 登美彦 (2007/09/25)幻冬舎 この商品の詳
2007-10-09 08:54 | はちみつ書房

有頂天家族 森見登美彦

イラストレーションは平田秀一。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。パピルス掲載+書き下ろし。京都・糺ノ森に住む狸の下鴨家。数年前に父・総一郎を狸鍋で喪い家族は母と四兄弟。主人公で語り手は三男の矢三郎。落ちぶれてア
2007-10-09 03:11 | 粋な提案

 | ホーム |