FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

つくもがみ貸します   ~畠中 恵~

tsukumo.jpg


しゃばけシリーズとまた違った妖たちの活躍するお話。

お紅と清次は深川で損料屋を営む姉弟。
その二人が商う古道具の中には100年のときを経て
付喪神になったものも多い。
その古道具と姉弟が繰りなす人情話。

しゃばけシリーズと違って
こちらでは人と妖との距離感が微妙に遠い。
付喪神たちは姉弟とは口を交わそうとしないし、
お互いのことをあまり快く思ってないところもあったりして、
しゃばけとはちょっと雰囲気が違います。
しかし、その付喪神たちを貸し出すことで
色んな情報を得、謎解きをしていく姉弟。
メインに流れる話はお紅の気にする香炉「蘇芳」とその持ち主の行方。

最後はその持ち主の行方も分かるのだけれど、
また別の展開が待っている。
まぁ、読んでく途中でこうなるのかな、という気はしていたけれど、
もう少し引っ張っても良かったのかな、と。
また違う展開もあっても面白かったのではないか、と思います。
この結末になったことで
なんとなく、このシリーズは終わるような気もするのですが・・・
どうでしょ?

TBさせていただいたブログ
粋な提案
いつか どこかで
待ち合わせは本屋さんで
はちみつ書房
どこまで行ったらお茶の時間
ナナメモ
ぼちぼち
苗坊の読書日記
まったり読書日記
スポンサーサイト

コメント

NO SUBJECT

付喪神と姉弟との距離感が遠かったですね。
綺麗な結末だったので、これで終わるような気がしています。
2007-10-11 01:04 藍色 #- URL編集 ]

NO SUBJECT

こんばんは。
しゃばけシリーズと違って付喪神と姉弟の距離感が微妙で、これはこれで楽しんで読みました。
もう少し引っ張っても良かったかな、というのは確かにありますね。
これで終わってしまうのはちょっと残念という気もするので。
2007-10-11 18:52 mint #- URL編集 ]

>藍色さん

しゃばけシリーズになれてると
この距離感が遠く感じますね。
同じくこれ以上シリーズは続かないような気がします。
2007-10-11 20:36 す~さん #- URL編集 ]

>mintさん

結局すべての物語で蘇芳が絡んでいたので
それが解決されちゃったら、
もう後は無いですよね~。
まぁ、「しゃばけ」シリーズ「まんまこと」シリーズを
充実させてもらえればいいかな。
2007-10-11 20:38 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

す~さん こんばんは。
付喪神たちの個性やキャラがもうちょっとあって、結末が違ったらシリーズになってたかも。結末はあっさりしてましたね♪
私もなんとなく途中で結末が読めちゃいました(笑)
2007-10-23 19:26 naru #z8Ev11P6 URL編集 ]

>naruさん

付喪神がちょっと人から離れていたのがいただけなかったです。
まぁ、『しゃばけ』シリーズとの差別化を図ってるんだとは思いますけど。
なんか、もったいなかったですね~。
結末安易すぎると思ったのは自分だけ?
2007-10-23 21:20 す~さん #- URL編集 ]

同感!

私もまったく同感でした。
なんとも人と付喪神との距離が遠すぎて
読んでいてまどろっこしかった。
この作品はこれでエンドでいいんじゃ
ないかなぁ、なんて勝手に思ってます。
2007-10-27 11:27 BEE #- URL編集 ]

>BEEさん

やっぱり『しゃばけ』シリーズを読んでいると
この微妙な距離感が
なんか、不安定でした。
このシリーズはこれで終わりにして
他シリーズのほうを頑張って欲しいです。
2007-10-29 21:01 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

こんばんは。
ラストはほんわか幸せでよかったんだけど
なんだか後半は蘇芳のことばかり、違う角度で何度も何度も…って感じでちょっと退屈。
まぁ蘇芳って読めるようになったし、蘇芳の色がどんなのかもわかったのでよしとします。
2007-11-14 20:58 なな #- URL編集 ]

>ななさん

確かに同じような内容で
もっと違う角度から色んな話を
読みたかったですよね~。
2007-11-14 21:57 す~さん #- URL編集 ]

結構楽しくなりそうな設定なのに、やっぱりこれはシリーズにはならんのか…
残念。
「しゃばけ」とのコラボとかあったら面白そうなのに。

私は結構つくもがみたちとの距離感が好きでした。
2008-01-16 19:02 ちきちき #- URL編集 ]

>ちきちきさん

なんとなく続編はなさそうな終わり方でしたよね。
まだ、「まんまこと」の方が続編がありそうです。
しゃばけに親しみすぎて
あの微妙な距離感が寂しく感じちゃうんですよね。
2008-01-16 20:11 す~さん #- URL編集 ]

こんにちは。TBさせていただきました。
確かにシリーズ化はないかもですよね。
ちょっと寂しいですが。
でも、清次くんの恋がせつないなぁと思っていたので、ラストは良かったなと思いました^^
つくもがみと語り合ってる生活なのかと思ったらそうではなかったので、それはちょっと寂しかったですね。
2008-02-16 14:32 苗坊 #- URL編集 ]

>苗坊さん

多分ないでしょうね~。
結論ついちゃってますからね。
つくも神たちとの距離感が、ほんと遠かったですね。
これはしゃばけシリーズの影響でしょうか?
2008-02-17 11:48 す~さん #- URL編集 ]

結末のおさまりが良いと先が続かない。
確かにそうかもしれませんね~。
いつかつくもがみと直接対話する機会が訪れたりして…なんて期待してみたりしたんですが、ちょっと残念。
「しゃばけ」シリーズの今後、「まんまこと」の今後に期待ですね!
2008-03-30 22:07 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

ちょっと物足りない感じはしましたね。
やはり「しゃばけ」シリーズに期待です。
「こころげそう」はシリーズ化しないかな・・・
いや、しないだろうな。
2008-03-31 13:16 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/420-c528bbc8

つくもがみ貸します 〔畠中 恵〕

つくもがみ貸します畠中 恵 角川書店 2007-09売り上げランキング : 60030おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 江戸の片隅、姉弟二人が切り盛りする「出雲屋」。 鍋、釜、布団、何でも貸し出す店ですが、中にはちょっと妙な品も混じっているようで…...
2008-03-30 21:56 | まったり読書日記

つくもがみ貸します 畠中恵

つくもがみ貸しますお江戸の片隅、お紅と清次の姉弟二人で切り盛りする、小さなお店「出雲屋」鍋、釜、布団にふんどしまで、何でも貸し出す出雲屋ですが、よそにはないような、ちょっと妙な品も混じっているようで…。彼らは、生まれて百年を経て、つくもがみという妖....
2008-02-17 18:45 | 苗坊の読書日記

「つくもがみ貸します」畠中恵

つくもがみ貸します畠中 恵江戸・深川で出雲屋という古道具屋兼損料屋を営む清次とお紅。そこに集まってくる古道具の中には長い年月を経て”付喪神”になったものがたくさんある。普通彼らは人間がいるところではしゃべらないのだが、姉弟の前ではおかまいなしに話し出す。
2007-11-14 20:59 | ナナメモ

畠中恵『つくもがみ貸します』

つくもがみ貸します畠中 恵 角川書店 2007-09by G-Tools江戸の片隅、姉弟二人が切り盛りする「出雲屋」。鍋、釜、布団、何でも貸し出す店ですが、中にはちょっと妙な品も混じっているようで……妖怪たちが引き起こす騒動の数々、ほろりと切なく、ふんわり暖かい連作集。畠
2007-11-08 09:08 | どこまで行ったらお茶の時間

つくもがみ貸します

 つくもがみ貸します 畠中 恵著/角川書店 ありゃりゃ、ずいぶんとあっさり終わっちゃったな。  つくもがみ貸します畠中 恵 (2007/09)角川書店 この商品の詳細を見る 古道具を貸す「損料屋」を営む姉弟・お紅
2007-10-27 11:26 | はちみつ書房

畠中恵『つくもがみ貸します』

生まれて百年を経ると器物の中には付喪神(つくもがみ)になるものがいるという。
2007-10-24 18:16 | 待ち合わせは本屋さんで

『つくもがみ貸します』

今日読んだ本は、畠中恵さんの『つくもがみ貸します』です。
2007-10-11 18:44 | いつか どこかで

つくもがみ貸します 畠中恵

装画は三木謙次。装丁は角川書店装丁室。「怪」「野性時代」掲載。連作短編集。お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟が切り盛りする出雲屋は古道具屋兼損料屋。何でも貸し出す中に、百年を経て付喪神(つくもがみ)に化した古道具たちが
2007-10-11 01:04 | 粋な提案

 | ホーム |