FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

誘拐ラプソディ   ~荻原 浩~

yuukai.jpg


一気読みでした。
荻原さんはこういったユーモア溢れる小説の方が
いいなぁ~と思うのは自分だけでしょうか?

借金を抱える伊達秀吉は勤め先の親方を殴って金と車を奪い逃走。
奪った金はすぐに底を尽き、
帰るに帰れない伊達は死のうと思いたつが・・・
いつの間にか車に乗り込んでいた家出少年を
誘拐し、身代金を奪おうと画策するが・・・
誘拐した少年はとんでもない家の子どもだった!!

なんというか
一応犯罪小説なので緊迫感が大切だとは思うんだけど、
なんだか、伊達や誘拐された少年伝助がほんわかしていて
妙な切迫感や緊迫感があまり感じられない。
もちろん伝助の家のものに見つかって、襲われそうになったり
香港系マフィアに襲われたり
緊迫するシーンはあるんだけれど
なぜか、最後にはにんまりしてしまうオチがあって
なかなか本から手を放せませんでした。

成長した伝助が
この伊達との3日間をどう思いながら
過ごして行くのか、
そちらの方にも興味があります。
後日譚なんかでないかな~??

TBさせていただいたブログ
それでも本を読む


スポンサーサイト



コメント

NO SUBJECT

こんばんは。
そうそう、誘拐とはいえ、緊張感があまりない作品ですよね。荻原さんならではの作品でしたね。
この作品の続編ですか!
期待したいですね(願)
2007-10-29 22:52 よし #- URL [ 編集 ]

NO SUBJECT

す~さん、こっちにもこんにちはっ(*^_^*)

>荻原さんはこういったユーモア溢れる小説の方が
いいなぁ~と思うのは自分だけでしょうか?

うんうん!私も、こういうのがいいなぁ~。
楽しくて、ホロッとして、すごく好きな作品です。
2007-10-30 15:24 そら #7.dZtTuE URL編集 ]

>よしさん

緊迫感ない、ほのぼの系な誘拐物語でした。
だからこそ、の面白さなのかもしれません。
強面の人たちも
ただ強面だけじゃなかったしね。
2007-10-30 21:56 す~さん #- URL編集 ]

>そらさん

色んなエッセンスが詰まっていて
長い話なのにあっという間に読み終えました。
いいよ、荻原さん!!
2007-10-30 21:57 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/431-a8214cb6

誘拐ラプソディー 荻原 浩

誘拐ラプソディー (双葉文庫)荻原 浩 (2004/10)双葉社この商品の詳細を見る<人生はオーケセラセラ>いやー、楽しかった。絶妙の主人公と子どもの会話。久しぶりにケラケラ笑った快作でした。賭け事が好きで、サラ金
2007-10-29 22:26 | それでも本を読む

 | ホーム |