FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

渋谷に里帰り   ~山本 幸久~

shibuya.jpg


山本さんの新作。待ってました!

小学校卒業とともに故郷の渋谷を後にした峰崎。
誰にも言わずに引っ越したことから
渋谷と距離を置いていた。
なのに、退職する先輩の引継ぎのために訪れた場所は
渋谷だった。
図らずも渋谷に里帰りしてしまった峰崎は・・・。

読んでいて、なぜかデジャブ・・・
あ~、そうか、つい最近自分も同じような経験したっけ?

大学の4年間を沖縄で過ごした僕は
その後沖縄に足を踏み入れることはなかった。
それが今年の正月15年ぶりくらいに沖縄に戻った。
15年ぶりの沖縄は変わったところもたくさんあったし
自分がいたころと変わらない風景もたくさんあった。
あ~自分はなんてご無沙汰をしてしまっていたのだろう?と
後悔している自分がそこにいた。

そんな経験をしていたからか
峰崎のなんとなくばつの悪そうな気分もよく分かって
あ~、おんなじだなぁ~なんてかなり感情移入しながら
読んでしまった。
もちろん、裏切り者呼ばわりされることはなかったんだけど・・・。

国立大学を出たのにグダグダな峰崎が
(まぁ国立出たからってみんな立派なわけじゃないけれど)
徐々に仕事に目覚めて行く様子が良かったです。
まぁ、それでもまだまだなところがたくさんあるんだけど。

お仕事系小説としてはわりと面白く読めました。
ただ、もう少し他の登場人物もクローズアップしてあると良かったかな。
アメちゃんとくるみ夫婦とかもっとキーになりそうかな、とも思ったんだけど、
あっさり片付けられてたし。
渋谷が鬼門とか言いながら
結局その二人にしか会ってないし。

あまり詰め込みすぎても良くないけれど、
もう少し掘り下げても面白かったかな。

TBさせていただいたブログ
いつか どこかで
はちみつ書房
ゆるゆる読書
待ち合わせは本屋さんで
かみさまの贈りもの
ナナメモ
スポンサーサイト



コメント

続編が

す~さんの感想を読んでいて気付きましたが、この作品って書こうと思えば
続編(スピンオフ?)が書けそうですね。
アメちゃんとくるみのアナザーサイド
ストーリーなんていいかも!!
(・・・続編を考えただけで大興奮!)
2007-11-10 12:11 BEE #- URL編集 ]

はじめまして

コメント&TBありがとうございます。
初山本さんで楽しんで読むことができました。
す~さんのおっしゃるように、渋谷が鬼門であるエピソードがもちょっとあればよりよかったかなあと思いますね。
でもBEEさんのコメントのアメさんとくるみちゃんのアナザーストーリー、面白そう!
椎名さんとか、千明さんとか個性的な人たちのサイドストーリーで続編とかあったらいいなあ。
2007-11-10 20:33 りょう #- URL編集 ]

>BEEさん

続編ですか~?
でもその後の稔の成長振りも見てみたいですね。
アメちゃんとくるみはもっと絡んでくるかと思ったんで
ちょっと残念でした。
2007-11-10 22:16 す~さん #- URL編集 ]

>りょうさん

コメントありがとうございます。
他の登場人物も個性的だったので
短編集でもいいから
サイドストーリー出してほしいですね。
特にこの作品ではそう思うな。
2007-11-10 22:24 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

こんにちは。
読んでいて気持ちのいいストーリーでした。
稔が少しずつ変わっていくところがよかったですね。
続編やサイドストーリー、あるとおもしろそう。期待できるかな?

2007-11-12 10:47 mint #- URL編集 ]

>mintさん

こんばんは。
清々しかったですよね。
稔も少しずつ成長して行ったし。
やはり続編希望ですが、
他の作品にちょこっと出てくるのもまたいいかもしれませんね。
2007-11-12 21:41 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

す~さん こんばんは。
確かに鬼門ネタは弱かったかも。稔の成長ぶりが良かったです。私もアメちゃんとくるみ夫婦はもっとキーになるのかと思ったな~。
2007-11-21 18:59 naru #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]

>naruさん

でしょ?
鬼門というほどでもなかったような。
アメちゃん夫婦の扱いがさらっとしていて
もっと絡んでくると思っただけに
肩透かしでしたね。
2007-11-22 22:45 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

おはようございます。す~さん。
読後感もよくて、久しぶりに自分の中ではヒットの作品でありました。
いいですよね。こういうグダグタのヤツが、いきいきとしていく物語って。
つい、私も自分と重ねて、勇気をもらえたような気がしました。(笑)
2007-11-28 09:11 ゆう #- URL [ 編集 ]

>ゆうさん

良かったですね。この作品。
グダグダしてるけど、
少しずつ仕事に目覚めて行く様子が
良かったです。
仕事頑張らなくっちゃなぁ~。
2007-11-29 20:56 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
なんてことない物語なのに面白かったですね。
稔が実は仕事が出来るのかも…ってあたりでなんとなく
ぼやかしたラストがよかったです。
2008-01-10 23:35 なな #- URL編集 ]

>ななさん

ほんとなんてことはない、日常の一片という感じでしたが、
それでもなんか妙に心に響きましたね。
稔は・・これから
ちゃんと独り立ちできるんでしょうか?
後日談も読んでみたいですね。
2008-01-12 10:30 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/439-62f220f3

「渋谷に里帰り」山本幸久

渋谷に里帰り 山本 幸久 JUGEMテーマ:読書 峰崎稔は富萬食品に勤める32才。小学校卒業とともに引越ししてから、鬼門として一度も足を踏み入れた事のなかった渋谷だが、寿退社する坂岡千明の代わりに渋谷地区担当となる。引継ぎのために千明と一緒にまわる得意先。...
2008-01-10 23:36 | ナナメモ

山本幸久『渋谷に里帰り』

渋谷がおれを呼んでいる
2007-11-21 19:07 | 待ち合わせは本屋さんで

『渋谷に里帰り』

今日読んだ本は、山本幸久さんの『渋谷に里帰り』です。
2007-11-12 10:43 | いつか どこかで

渋谷に里帰り

JUGEMテーマ:読書NHK出版HPより注目の若手作家が、渋谷を舞台に描く青春小説渋谷は生まれてから小学6年生まで過ごしていた町。でも通っていた小学校は、すでに廃校。同級生の家を訪ねたが、そこは6階建てのビルになっている。しばらく散策するが、どうも過去との結びつき
2007-11-10 20:27 | ゆるゆる読書

渋谷に里帰り

 渋谷に里帰り 山本 幸久著/日本放送出版協会 本当ならば、今日は別の本の記事をアップするつもりだったの ですが、この作品の素晴らしさにすっかり霞んでしまい、 急遽こちらがアップとなりました。 や
2007-11-10 12:11 | はちみつ書房

 | ホーム |