FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

カレンダーボーイ   ~小路 幸也~

calender.jpg


2006年、安斎と三都は同じ大学で働く同級生同士。
その二人が1968年小学校5年生のころに精神だけタイムスリップしてしまった。
二人の身に一体何が起こったのか?
20世紀と21世紀を行き来する二人は
一家心中してしまった同級生を救おうとする。
その原因になった3億円事件の3億円を奪うとともに・・

小学生になった二人は少しずつ過去を変えて行く。
三都は同級生の命を救うため。
安斎は使い込まれてしまった公金を補填するための3億円を強奪するために。
しかし、過去をいじれば、当然のごとく、その結果が現在にも波及する。
それでも二人は二人の目的をかなえるために
20世紀と21世紀を行き来する。

そして結末は・・・。

最後が非常に切ないです。
同じ人間なのに、
それまで一緒に同級生を救おうとしていた人物とは
微妙な違和感がある。
同じ記憶を共有していた二人の運命は
ちょっとした違いで変わってしまった。
お互いが胸に虚無感を抱きながら
これでよかったのだろうか、と、
いやこれでよかったんだ、と無理に納得させているような・・・。

正直細かいところで、
これはないだろう?ってところもある。
しかし、それをおいても最後まで一気に読ませるだけの
面白さはあった。
この先どうなるのか、
ドキドキ感とワクワク感。そして不安感。

決して過去に戻ることはできないけれど、
誰だってそんなことを夢想したことは絶対あるはずだ。
ただ、この作品の場合は精神だけが過去にタイムスリップしていて
かなりもどかしさを抱えながらのタイムスリップだったけど。

最後は本当に虚しさと寂しさとそんな思いを抱きながら読み終えました。

なかなか面白い作品でした。

TBさせていただいたブログ
いつか どこかで
まったり読書日記
ゆるゆる読書
待ち合わせは本屋さんで
+++こんな一冊+++
ぼちぼち
hibidoku~日々、読書~
ナナメモ
新・たこの感想文
スポンサーサイト



コメント

NO SUBJECT

こんにちは。
ラストがえ?という感じでした。
後から、2006年を安斎が語り、1968年を三都が語るという形式に意味があったのかなと思ったりしてます。

ところで、私は「図書館革命」は読んでしまうのが惜しくてまだ読んでません。
完結しちゃうのがもったいない。
2007-11-19 13:42 mint #- URL編集 ]

>mintさん

ラストはね~。
ああいう終わり方はどうかとも思いましたが、
まぁ、しょうがないのかな。
「革命」の方はちょこちょこ読んでます。
しかし、読み終わるのがもったいないですな~。
2007-11-19 20:04 す~さん #- URL編集 ]

NO SUBJECT

切ないラストでしたねぇ~仕方がないのかも知れませんけど。
大人の意識を持ったままタイムスリップって、便利やなぁ~なんて思ったんですけど、その不都合なんかも描写されていて、上手いこといかないのねと思っちゃいました。
2007-11-27 20:29 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

切なかったですね。
これが本当に望むものだったのならいいんだけど。
やっぱり過去をいじるのは良くないことなんですよね。
過去があるから今があるってことを
再確認させられました。
2007-11-27 20:53 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
過去を変える代償がこのラストに繋がるのかと思いました。
非常に切なく辛いものですが、やっぱり過去は変えちゃだめなんですね。
二人の語りが1968年を三都、2006年を安斎だと気付いてさらに切なくなりました。
2007-12-02 19:56 りょう #- URL編集 ]

こんばんは。
対照的な二人が面白かったですね。
善と悪みたいな目的の二人だけど、最後はこうきたかって感じ。
個人的にはもう少し救いが欲しかったですけど。
2007-12-15 20:00 しんちゃん #Zk/lHUeI URL編集 ]

>りょうさん

やはり過去をいじるのはよくないことです。
それでも過去をいじらなくてはいけなかった
二人の気持ちが哀しいですね。
最後もこれでよかったのかな?と思いますが・・・。
切ない終わりでした。
2007-12-16 00:00 す~さん #- URL編集 ]

>しんちゃん

ラストはあれで良かったのかな?って思いますね。
もう少し違うラストがあってもよかったのでは??と思いますね。
しかし、なんか不思議な感覚を
思い起こさせる本でした。
2007-12-16 00:03 す~さん #- URL編集 ]

奇想天外なのにあり得そうな気がしてしまう物語でした。
ラストはタケとイッチにとってはほんとうに切ないものでした。
だからこそあり得そうな気がするのかもしれません。
2007-12-19 06:37 ふらっと #2OrBXSes URL [ 編集 ]

>ふらっとさん

ラストはそれぞれにとって
切ない終わり方でしたけど、
自分の信じたとおりにやったわけだから
後悔はしてないのかもしれませんね。
でも、後味はちょっと苦かった。
甘く終わって欲しかったな。
2007-12-20 22:44 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
ラスト、一瞬ぽかんとしてしまいましたが、じわじわとしみこんでくるものがありました。
過去に残されるのと現代に残されるの、どっちが辛いでしょうね…
2007-12-21 22:07 ちきちき #- URL編集 ]

>ちきちきさん

ラスト・・やはり多くの人がぽかんとしたんじゃないんでしょうか。
あの終わり方には賛否両論かも。
でも、過去にこだわりを持ち続けていた
三都だから
あの結末だったのかな、という感じですね。
2007-12-23 10:46 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
「あの日」に向かって努力する二人。
先が気になって仕方なかったです。
随分気を持たせたのに「あの日」があっけなかった。
そしてラスト。
わかってるんだけど、切なかったですね。
2008-01-05 21:39 なな #- URL編集 ]

>ななさん

最後はね~
切ない終わり方でしたね。
でも、あの終わり方だからこそ
余韻がいつまでも残るのかな~?
2008-01-06 13:02 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/441-68a257a0

(書評)カレンダーボーイ

著者:小路幸也 カレンダーボーイ(2007/11)小路 幸也商品詳細を見る 小学校時代にタイムスリップした。幼なじみのタケちゃんと二人。やけに...
2008-08-09 18:54 | 新・たこの感想文

「カレンダーボーイ」小路幸也

カレンダーボーイ小路 幸也JUGEMテーマ:読書1968年。僕は小学5年生。ずいぶん懐かしい夢を見ているなぁと思っていたが、小学校に通った途端、夢が急にリアルになった。懐かしいクラスメートや先生に驚いた僕は、同じように驚いているクラスメートの姿を見つける。安斎
2008-01-05 21:40 | ナナメモ

カレンダーボーイ/小路幸也

JUGEMテーマ:読書読書期間:2007/12/18~2007/12/201968年の3億円強奪事件をきっかけに、一家心中で亡くなったクラスのアイドル・里美ちゃん。寝て起きたら過去と現代を行き来する「ぼくら」は、彼女を救えるのか? ウェブマガジン『パブリデイ』連載に加筆修正し書籍
2007-12-28 00:34 | hibidoku~日々、読書~

カレンダーボーイ

JUGEMテーマ:読書幼なじみで職場も同じ男二人は、ある朝、目を覚ますと、懐かしき1968年の小学5年生だったころに、48歳の精神のままタイムスリップ。以来、寝て覚めたら過去と現代を行ったり来たりをくり返すようになった彼らは、1968年12月10日の三億円強奪事件をきっかけ
2007-12-23 20:47 | ぼちぼち

カレンダーボーイ*小路幸也

カレンダーボーイ(2007/11)小路 幸也商品詳細を見る3億円をふんだくれ!1968年、三億円強奪事件をきっかけに亡くなったクラスのアイドル里美ちゃん。寝て起きたら過去と現代を...
2007-12-19 06:38 | +++ こんな一冊 +++

カレンダーボーイ

[BOOKデータベースより] 1968年―。三億円強奪事件をきっかけに、一家心中で亡くなったクラスのアイドル里美ちゃん。寝て起きたら過去と現代を行き来する“ぼくら”は、彼女を救えるのか?ノスタルジックタイムトラベル小説。JUGEMテーマ:読書小路さんの11月新刊第1弾
2007-12-02 20:02 | ゆるゆる読書

カレンダーボーイ 〔小路 幸也〕

カレンダーボーイ小路 幸也 ポプラ社 2007-11売り上げランキング : 85398おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫1968年―。三億円強奪事件をきっかけに、一家心中で亡くなったクラスのアイドル里美ちゃん。寝て起きたら過去と現代を行き来する“....
2007-11-27 20:23 | まったり読書日記

『カレンダーボーイ』

今日読んだ本は、小路幸也さんの『カレンダーボーイ』です。
2007-11-19 13:37 | いつか どこかで

 | ホーム |