FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

ゴールデンスランバー   ~伊坂 幸太郎~

golden.jpg


いいっすね~、この作品。

ケネディー大統領暗殺事件を髣髴とさせる首相暗殺。
その犯人に仕立てられた青柳。
いったい誰が何のために首相を暗殺し、
青柳に濡れ衣を着せたのか。
その真相は?

青柳が逃げる2日間を軸に
事件の3ヵ月後や20年後が語られるけれど、
メインは事件とその後の2日間にわたる青柳の逃亡の顛末である。

息つく暇もないほどテンポよくストーリーは展開し、
さすがの伊坂ワールド健在です。
複線やちょっとした会話のやり取りが非常に心地よく
読んでいて時間を忘れるほどでした。

物語に絡んでくる警察やマスコミ、そして常に周囲を監視するセキュリティーポッドの存在。
何が怖いってこういったものが怖い。
ちょっとした情報でいとも簡単に人一人を暗殺者に仕立て上げ、
周りの人間から正しい物を見る力を奪っていく。
もちろんそういったものに踊らされない人たちもいるわけだが、
たいていは警察が言ったこと、マスコミが言ったこと
鵜呑みにしてしまう傾向があるな、と。

何が正しくて何が間違っているか、情報は正しく自分の目で判断していかなくては、
なんて思い知らされた作品でした。

青柳が犯人ではないことを信じ、
助力した人たちの存在が大きかった。
そして青柳本人を知らずとも
彼を助けようとした人たちの存在。
悪い人たちばかりではない。
信頼されることの大切さ、身に染みましたよ。

TBさせていただいたブログ
はちみつ書房
まったり読書日記
いつか どこかで
本の虫
ぼちぼち
待ち合わせは本屋さんで
ゆるゆる読書
しんちゃんの買い物帳
ほんだらけ
それでも本を読む
苗坊の読書日記
スポンサーサイト



コメント

泣けました

こんにちは。
忙しさもあって、なかなか読み進まずに
いたのですが、中盤以降一気読みでした。
ラストには泣かされました。
ありきたりなようですが、「仲間」って
いいよな、なんて思ったり。
保土ヶ谷には笑わせてもらいましたよ。
2007-12-15 13:25 BEE #- URL編集 ]

>BEEさん

最後はウルッときましたね。
あんな終わり方は卑怯です(笑)
そう、信じてくれる人がいるって言うのは
何をおいても心強いですね。
2007-12-15 23:59 す~さん #- URL編集 ]

人間にとって最大の武器は「習慣と信頼だ」という言葉が響いてくる作品でしたね。
信頼すること、そしてそれを行動によって示すこと、
人と人との繋がりのあたたかさを感じさせられました。
すご~く、良かったです。
2007-12-16 20:28 エビノート #- URL編集 ]

>エビノートさん

「習慣と信頼」
確かにそうですね。
人間は一人じゃ、何もできないのかも。
そう思いました。
みんな誰かに支えられてるんだなぁ~・・・。
2007-12-17 21:38 す~さん #- URL編集 ]

とても良かったです。
〈セキュリティポッド〉とか現代社会への警鐘的な部分もありつつ、完璧なエンターテイメント作品でした。
人と人との関係の怖さもあったけど、それよりも暖かさが勝ってました。
読めて幸せ♪
2007-12-22 21:03 ちきちき #- URL編集 ]

>ちきちきさん

エンターテイメント性溢れる作品で、
しかも考えさせることが多かった作品です。
でも、途中のドキドキ感やワクワク感はさすがですね。
習慣と信頼という言葉にやられましたね。
2007-12-23 10:52 す~さん #- URL編集 ]

こんにちは。
おもしろかったですね~。
す~さんの記事を読んでから、この本を読むのを楽しみにしていて、一気に読みました。
青柳を助ける友人たち、特に樋口晴子の活躍がすごいなぁと思いました。
最後もホロリときたし。
伊坂さんはやっぱりすごい!と改めて感じる本でした。


2007-12-25 11:05 mint #- URL編集 ]

>mintさん

一気読みですか~~
うん、でもそれくらい面白かったですね。
最後はもう本当によかったです。
信頼されることの大切さ
よく分かったような気がします。
2007-12-25 22:26 す~さん #- URL編集 ]

す~さん こんばんは。
ホント息つく間もない展開で、どきどきしながら
読みました。面白かったです!!
監視社会怖いですよね。
途中何度もニヤリとさせられ、ラストはうるっときましたよ。
2007-12-29 20:45 naru #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]

>naruさん

ドキドキ感たっぷりでした。
監視社会は恐怖ですね。
こうはなって欲しくないものです。
最後はウルッときましたね。
伊坂さん、うまいっす。
2007-12-29 23:03 す~さん #- URL編集 ]

おはようございます。
ハラハラドキドキの展開ですごく満足した読書でした。
情報の脆さや信頼の大切さを再認識させられました。
ニヤッとしたりほろっとさせられたり伊坂さんやっぱりうまいですね。
2008-01-14 10:05 りょう #- URL編集 ]

>りょうさん

面白かったですよね。
それだけではなく、色々考えさせられる物語でした。
さすが、の伊坂さんです。
最後が特に良かったかな~。
2008-01-14 20:50 す〜さん #- URL編集 ]

こんばんわ。
TBさせていただきました!
面白かったですね。
ハラハラドキドキしましたし、青柳の味方の言葉がずしっと来ました。
最後、良かったですよね~
私はお父さんの言葉も好きです。
2008-07-25 00:17 苗坊 #- URL編集 ]

>苗坊さん

どうもTBが跳ね返されるようです。
すいません。
調子いい時には出来るんですけどね・・・。
最後の一言に尽きます。
そしてあのハラハラドキドキ感、
サイコーです、伊坂さん。
2008-07-25 22:50 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/451-f44208c5

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎 (2007/11/29)新潮社この商品の詳細を見る<おまえ、オズワルドにされるぞ。伊坂幸太郎の最高傑作登場!>わたしの中の伊坂幸太郎ベストは『アヒルと鴨のコインロッカー』だったのですが、
2008-02-06 22:17 | それでも本を読む

『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎 2007/11/30発行 新潮社 P.503 ¥1,680★★★★★「思えば俺たちってさ、ぼうっとしている間に、法律を作られて、税金だとか医療の制度を変えられて、そのうちどこかと戦争よ、って流れになっていても反抗ができな
2008-02-06 00:32 | ほんだらけ

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る大事な話がある、おまえのことに関する重要なことだ。青柳雅春は、旧友の森田森吾...
2008-01-21 23:19 | しんちゃんの買い物帳

ゴールデンスランバー

冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!! 仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折し...
2008-01-14 10:13 | ゆるゆる読書

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』

俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている?
2007-12-29 20:49 | 待ち合わせは本屋さんで

『ゴールデンスランバー』

今日読んだ本は、伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』です。
2007-12-25 10:59 | いつか どこかで

ゴールデンスランバー

JUGEMテーマ:読書冴えわたる伏線、印象深い会話、時間を操る構成力……すべての要素が最強の、伊坂小説の集大成!!仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促
2007-12-23 20:48 | ぼちぼち

ゴールデンスランバー 〔伊坂 幸太郎〕

ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎 新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 29おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話....
2007-12-16 19:06 | まったり読書日記

ゴールデンスランバー

 ゴールデンスランバー 伊坂 幸太郎著/新潮社 読み終えた今、この素晴らしき物語を「まだこれから読む」という人が すでにうらやましくなっています。 ゴールデンス...
2007-12-15 13:26 | はちみつ書房

 | ホーム |