FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

先生と僕   ~坂木 司~

senseitoboku.jpg


坂木さんの最新作です。

大学に入った僕、伊藤二葉は実は極度の怖がり。
いつも悪い方悪い方に物事を考えてしまう性格。
人が死んじゃう推理小説やミステリーの類は絶対読めない。
なのに、そんな僕がなぜか推理小説研究会に入ってしまう。
そして夕暮れ迫る公園で推理小説を読んでいる僕が
出会ったのは・・・。

連作短編集です。
僕が知り合った先生は中学生、隼人。
その隼人の家庭教師になった僕は
隼人と一緒に身近に起こる謎を解いていく。
もちろん僕は恐々だけど・・・。

悪くはないです。
隼人の中学生離れした態度にはちょっとむかつきますが(笑)
この隼人がまた頭がいいんだ。
大学生の二葉をはるかに凌ぐほどの観察力。
そして記憶力抜群の二葉。
この二人がコンビを組んで、事件を解決して行く。
まぁ事件と言っても、大きな事が起こるわけでもなく、
隼人にしてみれば、ロマンのない事件ばかり。
そんなことを考える中学生もどうかと思いつつ、
そんな中学生に振り回される大学生、二葉にあきれつつ、
それでも面白くは読めました。

しかし、二葉の記憶力はすごい。
自分もそんな記憶力が欲しいと真剣に思ってしまいました。

事件は身近なものが多く、
もちろん人も死にません。
それがないからこそ、
安心して読める作家さんだと思います。

切れない糸に続き、この作品も男子二人組。
何か設定が似通っていて、
(一人が謎を解き、一人はどちらかと言うと聞き役ってな設定)
そこがちょっとなぁ~、とは思いました。

TBさせていただいたブログ
いつか どこかで
ほんだらけ
ぼちぼち
苗坊の読書日記
スポンサーサイト



コメント

こんにちは。
この本、お正月に読もうと思っているところです。

今年もす~さんにはお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
では、よいお年を。
2007-12-31 14:17 mint #- URL編集 ]

>mintさん

こちらこそお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

『先生と僕』も坂木さんらしい
優しい雰囲気のある作品でした。
2008-01-01 11:43 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
殺人事件が出てこないということで、坂木さんらしい作品でしたね。
怖がりの二葉とちょっとひねた中学生の隼人がなかなかいいコンビという気がします。
そうそう、二葉の記憶力はちょっと分けてほしいくらいですね。

それから、遅くなりましたが、今年もよろしくお願いしますね~。
去年は200冊ほど読んでるんですね。すごいなぁ。
私も今年はがんばって読もうと思います。



2008-01-08 19:24 mint #- URL編集 ]

>mintさん

ですよね。
殺伐とした感じが少ないので読みやすいですね。
二葉の記憶力・・・
あるといいなぁ~。

今年もよろしくお願いしますね。
2008-01-10 20:27 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
ほのぼの可愛らしいお話で、たくさんの本が出てきてそういう楽しみもありました。
それにしても二葉の記憶力、すごい…
半分でもいいから分けて欲しいです(ただ、すごい怖がりになるとかだと嫌かな)。
2008-02-18 22:20 ちきちき #- URL編集 ]

>ちきちきさん

二葉の記憶力は欲しいですね~。
絶対便利だと思う・・・。
二人の関係が何か新鮮でした。
登場したミステリーも読んでみたいですね~。
2008-02-19 22:48 す~さん #- URL編集 ]

こんばんわ。TBさせていただきました。
坂木さんの作品は3冊目ですが、好きですね~^^
はまります。
極度の怖がりな二葉君としっかりものの隼人君のコンビがたまらないです^^
2008-03-04 22:12 苗坊 #OGj1Q9YI URL編集 ]

>苗坊さん

なかなかの名コンビでしたね。
続編も出るんじゃないかな、って期待してます。
作品中のミステリーにも
興味深々ですね。
2008-03-09 23:11 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/458-4109227d

先生と僕 坂木司

先生と僕オススメ!大学生になり、初めて都会で一人暮らしをする事になった伊藤二葉。始めに友達になった山田に無理矢理推理小説研究会というサークルに入会させられる。実は二葉は極度の怖がりだったのだ。公園で江戸川乱歩の作品を読んでいたら、中学生の隼人に....
2008-03-04 21:51 | 苗坊の読書日記

『先生と僕』坂木司

先生と僕坂木 司 2007/12/25発行 双葉社 P.239 ¥1,470★★★★★「本の中では、犯罪にも理由やロマンがある。正義を守る人もいれば、スケールの大きな悪をもくろむ犯人もいる。なのに現実は、お金お金お金。そればっかり。殺人にも理由がなくて、
2008-01-16 23:25 | ほんだらけ

『先生と僕』

今日読んだ本は、坂木 司さんの『先生と僕』です。
2008-01-08 19:18 | いつか どこかで

 | ホーム |