FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

万寿子さんの庭   ~黒野 伸一~

masuko.jpg


20歳の京子と78歳の万寿子さん。
その二人が
京子の引越しを機に出会い、
いつの間にか親しくなっていく。

二人が親しくなっていく過程がすごくいいです。
最初は万寿子の態度に怒り心頭だった京子も
万寿子さんと少しずつ触れて行くにつれて、
彼女に対して心を開いていきます。

京子には斜視があって、人知れず悩んでいる。
万寿子さんは戦争で妹を亡くし、心を痛めている。
その京子に万寿子さんは妹の面影を見ていた。
そんな二人が友だちとして親しくなっていく様は
現実にはありえないだろうな、と思いつつも
なんだか微笑ましく、感動的でさえありました。

最後は予想通りの展開で、まぁ、そこが落としどころとしては
ちょっと不満ではある。

が、最後には京子も自分がしたいことをやりたいという
前向きな気持ちにもなれたし、
爽やかな終わり方だったな、と思います。

TBさせていただいたブログ
はちみつ書房


スポンサーサイト



コメント

男性ふたり

最後が強引だったかなというのと、
実は登場する男性ふたりが
いけすかなかったのは私だけ?(笑)
でも、「ひとり日和」よりずっとずっと
心が暖まる作品でした。
2008-01-14 10:46 BEE #- URL編集 ]

>BEEさん

最後は、確かに強引ですね。
もっと違う展開もあってよかったかも。
あの男二人は
何故あんなに親しくなれるんだろう?とは思いましたね。
同じ女性を好きだったはずなのに。
2008-01-14 20:52 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/464-36c78dc9

万寿子さんの庭

 万寿子さんの庭  黒野 伸一著/小学館   万寿子さんの庭黒野 伸一 (2007/03/30)小学館 この商品の詳細を見る  竹本京子・二十歳。  就職...
2008-01-14 10:44 | はちみつ書房

 | ホーム |