FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

みなさん、さようなら   ~久保寺 健彦~

minasan.jpg


小学校卒業以来自分の住む団地から出られなくなり
団地内で生活して行こうと決めた少年の話。

文章構成は『ブラックジャック・キッド』に似てましたね。
過去から現在までを順を追って話していくという感じ。

最初は主人公・悟に共感できなかったな。
何故、団地内で一生生きていくと決めたのか。
担任の教師が言うように
狭い世界の中で生きていくことは
いろんな意味で大変なのではないかと。
でも、悟が団地から出られなくなった理由を知ると
さもありなん、と。

団地という狭い世界ながら
悟はしっかりと自分の居場所を見極め、
ちゃんと働き、手に技術を持ち、
婚約まで済ませ、
それなりに生活できている。

まぁ、その辺は面白く読めました。

後半からは一転して悟の悩みもクローズアップされ
暗い話も出てきますが、
全体的には良作だったと思います。

最後にやっぱり母の愛は偉大だな、と感じた次第です。

TBさせていただいたブログ
待ち合わせは本屋さんで
ぼちぼち
ナナメモ
いつか どこかで
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
私も前半、主人公が団地から出ない理由がわからなくて、もやもやしてました。
理由が出てきてそういう話だったんか、と。

そして母の愛情には心を動かされました。
2008-02-10 19:07 ちきちき #- URL編集 ]

す~さん こんばんは。
ホント設定は『ブラック』と似てるんですよね。
私はにぶいので何故団地から出ないのかずっと気づかず。
しかも疑問にも思わず…でした(笑)
設定としては変わっていてましたね。
今後期待の新人です。
2008-02-10 23:17 naru #z8Ev11P6 URL編集 ]

>ちきちきさん

前半は本当に「何で?」って思いがありました。
理由を知れば、あ~そうか、って納得はできますけど・・・。
何か久保寺さんの主人公は読んでて辛いです。
最後の母親の日記。
こういうのは弱いです・・・。
2008-02-11 23:11 す~さん #- URL編集 ]

>naruさん

いやぁ~団地から出ないのは
最初は「おいおい・・・」って感じでしたよ。
理由を知って納得できたけど。
久保寺さん、面白いんだけど、
主人公キャラクターがちょっと変わってるかな~?
これから楽しみな作家さんではありますね。
2008-02-11 23:16 す~さん #- URL編集 ]

こんばんは。
なんだか痛々しい主人公でした。
お母さんの日記、気持ち、切なかったですね。
せめてあそこがきっかけじゃなく、
外に出た姿を見せてあげられたらよかったのに。
2008-04-17 21:09 なな #- URL編集 ]

>ななさん

そうなんです。
痛かったですね~。
確かに母親にその姿見せてあげたかったですね。
たとえ、あの手紙がきっかけだったとしても。
でも、団地から出ても
上手くやっていけるかどうか不安ですな。
2008-04-18 22:55 す〜さん #- URL編集 ]

こんにちは。
確かに前半は主人公の気持ちがよくわからないところもありましたね。
悟が団地の外に出られなくなった理由が衝撃的でした。
ケーキ屋を一緒にやる同級生の話もちょっと重かったです。
それにしても息子を信じて見守る母親は偉大です。
そうそう、希望が感じられるラストだと思ったのですが、実際に生活していくとなると大変かも?

2008-09-29 11:33 mint #- URL編集 ]

>mintさん

今考えると難しい話でした。
出られなくなった理由も
ケーキ屋の仲間のことも。
色んなことを考える物語でした。
でもやっぱり母の愛の偉大さだけは
変わりませんねぇ~。
2008-09-29 21:55 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/475-a5a0c02f

『みなさん、さようなら』 久保寺健彦

今日読んだ本は、久保寺健彦さんの『みなさん、さようなら』(2007/11)です。
2008-09-29 11:25 | いつか どこかで

「みなさん、さようなら」久保寺健彦

みなさん、さようなら 久保寺 健彦 JUGEMテーマ:読書 1回パピルス新人賞受賞作。 「ブラックジャック・キッド」はファンタジーノベル大賞ですよね。なんだかすごいなぁ。 主人公は悟は小学校卒業後「中学へは行かない」と宣言し、それ以降団地の敷地から一歩...
2008-04-17 21:09 | ナナメモ

久保寺健彦『みなさん、さようなら』

「一生、団地で暮らしたい」
2008-02-10 23:36 | 待ち合わせは本屋さんで

みなさん、さようなら

JUGEMテーマ:読書団地という限られた世界の中だけで生きようとした少年。だが誰もが彼の前から去ってゆく……。少年が孤独と葛藤に苛まれながらも伸びやかに成長する姿を描く、第一回パピルス新人賞受賞作!幻冬舎HPよりさて。去年三冠の新人さんということですが、『ブ
2008-02-10 19:08 | ぼちぼち

 | ホーム |