FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

春のオルガン   ~湯本 香樹実~

springorgan.jpg


『夏の庭』も『ポプラの秋』も大好きな作品です。
夏秋ときての春なので
同じようなお話かと思いきや、
ちょっと違いましたね。雰囲気が・・・。

小学校を卒業し、
中学に入学する前の春休み。

一種独特な雰囲気の春休み。
そこで出会う人、物、事件。
ふと振り返ってみたら
この時期が大人になる一歩手前の時期だったかもしれない。

読み終わってそう感じた。

表紙がちょっとリアルっぽくて、で、暗い感じがして
僕は好きになれなかったな。

話しも悪くはないけど、
『夏の庭』『ポプラの秋』に比べると若干落ちるかな・・・。

TBさせていただいたブログ
苗坊の読書日記
スポンサーサイト



コメント

こんばんわ。TBさせていただきました。
ものすっごい前に読んだ作品なので、若干うる覚えなのですが^^;
子どもの葛藤が上手く書かれていたなぁと思いました。
森絵都さんの「つきのふね」を思い出しました。
確かに、「夏の庭」や「ポプラの秋」には劣りますが、この作品もすきですね。
2008-07-13 00:35 苗坊 #- URL [ 編集 ]

>苗坊さん

この作品も『夏の庭』『ポプラの秋』に比べると
若干落ちますが、
湯本さんの作品の雰囲気が好きです。
こういう作品はずっと心に残りますよね。
2008-07-15 06:03 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/575-8bd60aea

春のオルガン 湯本香樹実

春のオルガン 隣の家の主のせいで、家族がこわれてしまったというテツ。 昨日、小学校を卒業し、ずっと自分が怪物になる夢と頭痛に悩まされているトモミ。 そんな2人がであったのは、おじさんのようなおばさんと、捨てられたたくさんの猫達だった。 そんな人たちに少...
2008-07-13 00:34 | 苗坊の読書日記

 | ホーム |