FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

21 twenty one   ~小路 幸也~

21.jpg


21世紀最初の年に21歳になる21人の仲間。
その言葉から始まった21人のクラスメートは
固い絆で結ばれていた。
そう信じていた。
しかし、仲間の一人が懐かしい教室で自殺した。
理由は?
それぞれが「もしかして・・」との思いを抱きつつ
通夜に集まる。
その後の教室での語らいの中で
仲間の死の真相を探る。

悪くはないと思う。
しかし、21人の人間がいて
全員が仲間としての絆をずっと持ち続けて行くことが出来るのか?
少し、鼻白む感じを受けたのも正直なところ、ある。
21人の仲間といいながら、メインになるのは数名で
結局数合わせなのか!?という気持ちも起こる。
実際に裏切られている人たちもいるし。

まぁ小説だしね。

ちょっと心に引っかかるのは
『モーニング』と同じかな。
最後までもやもやとした感じが残って
すっきりとは行かなかった。
まぁ、内容が内容だから、すっきりは行かないだろうけど。

ここに2人の教師が描かれる。
おそらくこの二人は
『教師』としては失格だと思う。
特に男の教師は・・・。
そういうのもありだとは思うけど、
やはり、この仕事には就かない方がいいかな・・・と思った、です。
小説でこういう風に描かれると
なんか哀しくなりますね・・・。

TBさせていただいたブログ
待ち合わせは本屋さんで
ぼちぼち
しんちゃんの買い物帳
スポンサーサイト



コメント

す~さん こんばんは。
そう…悪くないんですよね。
だからなんかもったいない気が…。
事情がややこしすぎるし、さすがに
21人は多すぎでした。
何度人物紹介のページに戻ったことか(笑)
男と女の教師も「う~ん」って感じでしたし。
2008-07-17 20:05 naru #z8Ev11P6 URL [ 編集 ]

>naruさん

イマイチ、と言ったら言い過ぎですかね~?
21人全てにスポットはなかなか当てられないと思うんだけど、
やっぱり多すぎたかな?
もったいなかったです。
教師・・・
ほんとに、う~~~ん、でしたね。
2008-07-22 20:58 す〜さん #- URL編集 ]

みなさんおっしゃるように、ちょっともやもやが残る作品でした。
登場人物のキャラクターとか好きなんだけど。

そういえば教師はいかんかったですね。
2008-08-07 23:32 ちきちき #- URL編集 ]

>ちきちきさん

なんでなんでしょう。
ほんともやもや感の残る作品でした。
登場キャラが多くて
ぼやけちゃったかなぁ~という感も否めません。
教師は・・・
ほんとダメダメでしたね。
2008-08-12 08:18 す〜さん #- URL編集 ]

こんばんは

出版ペースのはやさが作品に影響しているのでしょうか。
起承転結の結が甘いように思いました。
このところ雑な作品が続くような…。
2008-08-24 20:02 しんちゃん #- URL編集 ]

>しんちゃん

それもあるかもしれませんね。
って書下ろしじゃないからなぁ~。
連載たくさんやり過ぎ??
最後がなんかもったいない作品が続きますよね。
短編集はそこまでないけど。
2008-08-24 21:34 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/578-a0538001

「21 twenty one」小路幸也

21twenty one(2008/06)小路 幸也商品詳細を見る 同級生だけど、ただの同級生じゃない。僕たちは、「21」というもので繋がれた仲間。榛中学校の僕...
2008-08-24 19:57 | しんちゃんの買い物帳

21twenty one

JUGEMテーマ:読書 僕たちは特別な絆で結ばれていると信じていた仲間だった。でも、なぜ僕たちに何も告げず、彼は死を自ら選んだのか?込み上げる思いをどうすればいい……。生きる意味が心に沁みる感動作!幻冬舎HPより あら。 なんだか『モーニング Mourning』(
2008-08-12 21:47 | ぼちぼち

小路幸也『21 twenty one』

ぼくらは、21・21・21 だ。
2008-07-17 20:06 | 待ち合わせは本屋さんで

 | ホーム |