プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーナス・トラック   ~越谷 オサム~

bonustrack.jpg

よく考えると悲惨な話だ。
ひき逃げに遭い、死んでしまった亮太。
その亮太の幽霊に纏わりつかれる草野。
シチュエーションとしては怖いくらいの話なのに
なぜかクスッとしてしまう不思議な話し。

その原因は幽霊になってしまったにもかかわらず
なんというか
とぼけた感じの亮太の存在にある。
ただ、時折見せる彼の本音が悲しい。

ひき逃げ犯を探しながら
少しずつお互いのことを分かり合う草野と亮太。
しかし別れのときはやってきて・・・

最後はホロリとさせられるお話でした。

幽霊とテレビゲームをしてしまう草野。
ありえないだろう!?と思いながら
そのほのぼのとした雰囲気になぜか笑ってしまいます。
最後はハッピーエンド(?)に違いないんだけど、
なぜか淋しいな、とも思えました。


TBさせていただいたブログ
苗坊の読書日記

スポンサーサイト

コメント

こんばんわ。TBさせていただきました。
本当は内容は暗くて酷い内容なんですよね。
でも、幽霊の亮太が純粋で素直だから、楽しく読めたんだろうなと思います。
最後は、寂しくなりますよね。
彼がいなくなってしまうのはもったいないと思いました。
2008-09-18 00:26 苗坊 #- URL編集 ]

>苗坊さん

そうなんです。
描き方によってはひどく暗い話しになりがちですが、
ここでは
その暗さを押し出すことなく
明るく描いてたところに好感です。
全て亮太の明るさと草野の大らかさのおかげかな、と。
なかなか面白い話でした。
最後しっかり犯人も捕まったしね。
2008-09-21 05:59 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/620-fb0c1ce3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。