プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残される者たちへ   ~小路 幸也~

nokosarerumono.jpg

同窓会に出席した川方準一は、同窓会の幹事である押田に関する記憶が
まったくなかった。
団地の向いに住んでいて親友だった押田のことを
思い出せないのではなく、
そんな友人がいたことを記憶していなかったのだ。
しかし、押田は自分のことを覚えているし、
周りの友人たちも押しだのことを知っていた。
それは何故か?
一体準一の身に何が起こっているのか・・・。

ミステリーと紹介されてますが、
ある意味SFに近い話でした。
なんだか、異星人とか、異次元人とか
そんな話も出てきて、普通のミステリーとは一線を画してますね。
面白くないわけではないけど、
なんていうか、こう、力技でねじ伏せられた、という感じで
何だかすっきりしない読後感でした。
無理やり詰め込んだ、無理やり辻褄を合わせようとした感があって
ちょっと突っ込めば話が破綻していくような・・・
はっきりとしない、何だかむずがゆくなるような
話の結末にちょっとがっかり。

スポンサーサイト

コメント

No title

普通のミステリーとは、かなり違っていました。
これは、やっぱりSFでしょう。
予想していなかったので、
驚きが大きかったです。
2009-02-02 05:14 藍色 #- URL [ 編集 ]

>藍色さん

ですよね。
ミステリーの括りには入らない作品でした。
ちょっと現実離れしていて
予想外でした。
ちょっと期待はずれだったかな、という観も
否めません。
2009-02-02 22:55 す〜さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/702-5fb0f8a9

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。