FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

神様のカルテ   ~夏川 草介~

carte.jpg

ミステリーかと思ったらそうじゃなかった。
心温まる医師と患者の話し。

栗原一止は信州の小さな病院で働く、
悲しむことが苦手な内科医である。
ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、
睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。
大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。
最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、
精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、
高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

この安曇さんの手紙が非常に感動的で、
涙が出てしまった。
こんな風に人生の最後を幸せだと感じつつ
逝けたらどんなにかいいだろう。

地方の医者が疲弊しているというのは
ニュースでもよく聞くし、目にもする。
しかし自分のことで精一杯で
あ~大変だなぁ~としか思わなかった。
ここに出てくる一止も同じように疲弊しつつ
それでも患者のために日々奮闘している。
こんな医者がたくさんいれば、医者不足に悩む
地方の町もなくなるだろうに。

現実の問題としての医療問題にも
さらりと触れているところがよい。
さすがに現役の医者である。
医者の抱える問題とその心の葛藤。
うまく描けていると思うし、
泣かせる一冊でした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/885-27d911bc

 | ホーム |